Makuakeにて『毛髪ホルモン量測定キット』の先行販売が開始|あすか製薬

2021年7月5日

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

毛髪5本でAGAのリスクがわかる!?

あすか製薬より髪の毛を5本送ればDHTの量を測定できる、「毛髪ホルモン量測定キット」がMakuakeで先行販売されています。

毛髪ホルモン量測定キットは、自宅で簡単にAGAリスクがわかる検査キットです。

わずか5本の髪の毛を採取して返送用封筒にて検査機関へ送付することで、毛髪中のDHT量を測定でき、将来的にAGAによる薄毛を発症する可能性が把握できます。

※3cm以上の毛髪を5本以上。長さが足りない場合は10本以上採取してください

あわせて検査結果レポートを送付しますので、AGAリスクだけでなく、あなたに合った今すぐできるAGA対策を知ることができます。

引用元:Makuaek|薄毛が気になる方に朗報!毛髪でAGAリスクがわかる「毛髪ホルモン量測定キット」

薄毛男子を全力で応援しているMOTEOも、もちろん応援購入させていただきました!

MOTEO先生が運営するオープンチャット「薄毛の保健室 – みんなのハゲの悩み相談室」でもかなり話題になっています…!

以下、あすか製薬さんのプレスリリース全文です。

『毛髪ホルモン量測定キット-ジヒドロテストステロン』
クラウドファンディングサイトMakuakeにて先行予約販売開始のお知らせ

当社の子会社であるあすか製薬株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:山口 隆、以下「当社」)は、この度、男性型脱毛症(AGA)の原因のひとつと言われているジヒドロテストステロン(DHT)量を測定可能な『毛髪ホルモン量測定キット-ジヒドロテストステロン』(以下「本製品」)を、クラウドファンディングサイト「Makuake」において先行予約販売することをお知らせいたします。

本製品は、当社が長年にわたり培ってきたホルモン検査技術を応用したものであり、採取した数本の毛髪中の DHT 量を測定することで AGA 発症のリスクを予測する事が出来ます。

また測定結果により、リスクレベルに応じた対策もご提案いたします。

尚、本製品の発売は 7 月 12 日(月)を予定しております(発売の詳細は改めてお知らせいたします)。

<男性型脱毛症(AGA)について>

AGA は成人男性の頭頂部や生え際の髪が薄くなる状態であり、男性の約 30%は AGA を発症すると言われています※。

AGA は主に男性ホルモンに起因して発症する疾患ですが、男性ホルモン以外にも遺伝や生活習慣など様々な要因が関わっていると考えられています。

一般的に額の生え際や頭頂部のつむじ周辺から抜け毛が起こるとされる AGA は進行性であるため、時間をかけて少しずつ薄毛が進んでいく特徴があります。

※参照:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

<Makuake について>

クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、7 月 5 日(月)まで本製品の先行予約販売を受付しております。詳細については https://www.makuake.com/project/aska-pharma/をご覧ください。