植毛後に毛が抜ける?2週間…2ヶ月、経過から効果や費用・植毛の寿命があるのか徹底調査

2020年3月2日

植毛で生えた毛は抜けてしまう?

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

「植毛しても毛が抜けてしまっては意味がないのでは…?」

「効果がどのくらい続くのか知りたい」

こんな疑問を抱えていませんか?

植毛後に毛が抜けるのは失敗や効果が持続しないからではなく、手術から生え揃うまでの過程のなかで起こる現象です。とは言っても、原因が分からなければ不安になるのも無理はないでしょう。

そこで今回は植毛後に毛が抜ける原因を解明しつつ、本当に効果は持続するのかを知ってもらうために植毛後の経過も紹介します。

とくに持続性を心配する方は是非チェックしてみてください。

自毛植毛治療の後に毛が抜ける原因は3つ

手で3

自毛植毛後に毛が抜けて、落ち込んでしまうケースは少なくありません。ついつい不安になりがちですが、そこで失敗したと決めつけるのはまだ早いです。

毛が抜ける原因は主に3つあります。なかには、植毛治療から生えそろうまでの過程で起こる好転反応の可能性も。事前に把握しておけば焦ることもないので、しっかり確認しておきたい項目です。

①一時的な脱落|手術後1~3ヶ月

植毛治療とは?

自毛植毛した髪の毛は手術後1~3ヶ月で自然に抜け落ちる人がほとんどです。原因としては毛周期が大きく関係しています。

毛周期とは毛の成長過程をいい、成長期(毛が伸びる時期)→退行期(毛の成長が停止する時期)→休止期(毛が抜け落ち、次に生えるまでの準備をする時期)→「成長期」…と繰り返しながら成長するサイクルです。

植毛手術で移植された毛もまた、毛周期を経て成長するため、一旦は抜け落ちるものの成長期を迎えると新たな髪の毛が生えてきます。

一時的な脱落は植毛治療の経過のなかで一般的に起こる現象の1つです。不安になるかもしれませんが、心配するほどのことではありません。

②ショックロスによる脱毛|手術後1~2ヶ月

頭をかいている男性

植毛手術後に、もともと生えている毛が抜け落ちる場合があります。これをショックロスといい、自毛植毛を受けた方の1~2割程度の方に見られる症状です。

明確な原因は解明されていませんが、術後の炎症反応や麻酔による副作用、人為的なミス、移植したことで髪全体に栄養が行き届かなくなったなど、さまざまな諸説があります。

基本的にショックロスは一時的なものであり、早ければ3ヶ月、遅くとも1年ほどで元の状態に戻るケースがほとんどです。

一時的な脱落とは違い必ず起こるわけではありませんが、まずは信頼できるクリニックで植毛手術を受けることがショックロスを防ぐ1つのポイントとなります。

③髪の毛が生着せず脱毛|手術後1〜4ヶ月

生え際を鏡で見る男性

植毛した毛根はすべて生着するわけではありません。そのため、手術後1~4ヶ月で植毛手術を受けた部分から毛が抜け落ちてしまう…といったケースは十分起こりえるのです。

生着しない理由としては、移植する髪の毛の死滅または炎症が考えられます。髪の毛の採取・移植に時間がかかったり、頭皮に無駄な傷がついたりすると生着率が下がってしまうのです。

実際、日本皮膚科学会が発表した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」によると自毛植毛の生着率は82.5%以上と記されています。

高い水準を保っていることに変わりありませんが、100%生着しない限り多少抜けてしまうのも無理はありません。

一時的な脱落と症状が似ているため判断に迷いますが、自毛植毛後24時間ほどで抜けてしまう場合は生着しなかったと判断できます。

参照元:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

自毛植毛の効果は半永久的?薄毛の進行で毛は抜けないのか

パソコンを見て悩んでいる男性

自毛植毛で移植した髪は半永久的に生え変わります。そのため、一度自毛植毛してしまえば、基本的には二度目の植毛や特別なメンテナンスを受ける必要はありません。

そもそも自毛植毛は、脱毛因子であるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けにくく、ハゲにくいことが証明されている後頭部や側頭部から採取された毛を移植毛として使用します。

移植した後もこの性質は引き継がれるため、AGAやFAGAが進行しても影響を受けにく、生え揃った状態を保つことができるのです。

自毛植毛の効果自体は半永久的に持続しますが、生活習慣の乱れやストレスによって毛根に負担がかかると、再び薄毛になる可能性があります。抜け毛の予防や対策の見直しもまた、同時に必要となるでしょう。

毛が伸びるまでの期間|約6~8ヶ月程度は様子見を

リラックスしている男性

自毛植毛後、すぐに効果を実感できるわけではありません。

髪の毛がフサフサとした状態になるには約3~4㎝ほどの長さが必要です。一般的に髪の毛は1ヶ月に約1㎝ほど伸びるので、単純に考えると自毛植毛から毛が生え揃うのに3ヶ月かかる計算となります。

しかし実際の移植後3ヶ月頃は一時的な脱落やショックロスなどにより、毛が抜けやすい時期です。自毛植毛の計画を立てる際は、毛が生える3ヶ月だけでなく毛が抜けるまでの1ヶ月、そして休止期の2~3ヶ月をプラスして組むようにしましょう。

つまり、自毛植毛後は毛が抜ける(1ヶ月)→休止期(2~3ヶ月)→髪が伸びる(3~4ヶ月)と経てから効果を実感するので、最低でも約6~8ヶ月は必要です。焦らずに様子を見ることが重要となります。

自毛植毛のリスクや副作用

カウンセリングをする医師

自毛植毛は安全で生着率の高い治療ですが、まったく副作用がないわけではありません。発症率や程度は個人差があり、年齢や体質、移植した範囲の広さなどによって異なります。

自毛植毛後のリスク・副作用には、以下の症状があります。

  • 痛み
  • 出血
  • まぶたの腫れ
  • かゆみ
  • 感染症
  • しびれ

症状はどれも一時的なものであり、なかには発症しないケースもあります。しかし、自毛植毛を受ける以上は覚えておきたいことなので、しっかり把握しておきましょう。

①術後すぐに起こる症状|痛みや出血

HARG療法は効果あり?治療が受けられるおすすめクリニックも紹介

術後1~2日ほどはドナー部に軽いつっぱり感や痛みを感じやすい時期です。しかし移植株を採取した部分が治っていくときに感じる痛みなので良い兆候といえます。処方される鎮痛剤で治まる程度なので、痛みに弱い方でもとくに心配するほどではありません。

また、まれににじむ程度の出血が起こることがあります。

問題が起きているわけではなく、血流が良い証拠です。血流が良いと傷の治りが早くなり、感染予防にもつながります。ティッシュや清潔なタオルで出血部分を軽く圧迫してあげると止まるので、焦らずに対処しましょう。

②術後、数日後に起こる症状|まぶたの腫れやかゆみ

鏡を見ている男性

手術で使用する麻酔の影響により、まぶたが腫れる場合があります。術後3~4日ほど腫れはじめ、4~5日でピークを迎え1週間ほどで自然と治ることがほとんどです。

まぶた以外にも額や顔全体が腫れるケースもあり、長時間下を向き続けると起こりやすくなります。術後数日間は安静に過ごすようにしましょう。

また術後10~14日ほど経つと傷が治りはじめ、カサブタができて痒みを伴うようになります。痒くて気になるのは仕方がないことですが、ガリガリ掻いてしまうと頭皮にダメージが加わり、出血や細菌感染を引き起こす恐れも…。

乾燥しないよう保湿クリームや痒み止めで対処するようにしましょう。

③術後、数週間から数ヵ月後に起こる症状|感染症やしびれ

Man covering his face with his hand as he tilts back his head in a conceptual image of despair, sorrow, forgetfulness or hopelessness on white

頭皮表面に赤い吹き出ものができるなど感染症を引き起こす場合があります。クリニックで処方される抗菌クリームや内服薬で改善できますし、半年ほどで落ち着く症状です。

また、メスを使用する植毛手術ではドナー縫合部の周囲にしびれや違和感を覚えることがあります。頭皮の上下を引っ張った状態で縫合するため、発症率は高いです。

数ヶ月ほど続く場合もありますが、少しずつ治まるので心配するほどではありません。

自毛植毛の副作用やデメリットについては「AGA自毛植毛治療の副作用10選!メリットデメリット、費用を踏まえたうえで植毛手術は選択しよう」でも詳しく解説していますので、合わせて目を通しておくことをおすすめします。

自毛植毛の仕組み|3つの手法のメリット・デメリット

メリットデメリット

自毛植毛には幾つかの手法があります。どの手法を選ぶかによって得られるメリットとデメリットが異なるので、自分に合った自毛植毛法を見つけなければいけません。

今回は日本でも一般的に行われているニードル法(Choi式)、ストリップ法(FUT)、ダイレクト法(FUE)の3つの手法について紹介します。それぞれの特徴や仕組みを抑え、後悔しない選択をしましょう。

ニードル法(Choi式)

1992年に韓国で誕生した植毛法です。

ニードル法は穴開けと植え込みを同時に行うことができるので、工程が少なく効率のいい治療といえます。また、移植毛は細い一本毛が対象となり、生え際など目立ちやすい部分も自然な仕上がりになります。

しかしニードル法は1本1本の植毛となるので、FUTやFUEよりも時間がかかる植毛法です。

植毛の定着率は、株分けとグラフトの移植をいかに早くできるかが鍵となります。そのため広範囲への移植は難しいうえに、医師やスタッフの負担は増えるので他の植毛法よりも高額になりやすいです。

メリットデメリット
・工程が少ない
・移植の跡が目立ちにくい
・自然な仕上がりになる
・他の施術よりも高額
・ショックロスが起こる可能性が高い
・生着に時間がかかる

ストリップ法(FUT)

ドナー採取からスリット作成、そして移植の3ステップの工程を要する植毛法です。

はじめに後頭部の毛髪部分をメスで短冊状にまとめて切り取り、ドナー採取を行います。切り取った箇所は皮膚を上下に引っ張り、糸やホッチキスなどで縫合します。

この時にできる縫合部分には、一生毛が生えてきません。髪の毛で隠すこともできますが、一文字の傷跡が一生残る覚悟は必要です。

そして採取したドナーを1本毛、2本毛、3~4本毛とマイクログラフト単位まで切り分け、メスで作った小さなスリットにピンセットで埋め込みます。

FUTで採取するドナーにはさまざまな種類の毛髪があるため、より良い状態のものを選ぶことが可能です。そのため生着率は比較的高く、多くのクリニックで採用されています。

メリットデメリット
・手術時間短い
・生着率が高い
・他の施術よりもリーズナブル
・縫合部分には毛が生えてこない
・術後、強い痛みを感じやすい

ダイレクト法(FUE)

ドナーを採取し、作成した毛穴に移植する植毛法です。

大まかな流れはFUTと似ていますが、FUEは特殊な用具を使うことで切らない自毛植毛ができます。

1mm前後の口径のチューブ型のパンチを利用しマイクログラフトを医師によって採取します。移植毛は毛包から採取するので株分けする必要がありません。また、メスを使わないので縫合の手間も省けます。

移植したい箇所に医療機器で小さな穴を開けて、空気圧を利用しながら採取したドナーを植えつければ完了です。FUEは株分けや縫合の必要はありませんが、毛包を1つずつ採取し移植するため、FUTよりも手術時間は長くなります。

メリットデメリット
・手術跡が目立たない
・仕上がりがキレイ
・術後の痛みが少ない
・手術時間が長い
・大量植毛に向いていない
(クリニックによっては可能)
COLUMN

植毛後の経過|1年でどこまで変わる?

前述で、自毛植毛から毛が伸びるまで約6~8ヶ月かかると説明しました。では、1年でどこまで変わることができるのか気になりますよね。

また、移植した毛は途中で脱落してしまうので、具体的な経過も把握しておきたいところです。多少個人差はあるものの、だいたいの流れを把握しておけば自毛植毛のスケジュール立てにも役立ちます。

植毛後の期間経過・効果ポイント
1~2週間移植部・採取部の傷跡がほぼ回復サウナ・運動・飲酒などが可能となり規制が緩くなる
1ヶ月移植した大半の毛が脱落するとくに心配する必要はない
3ヶ月抜け落ちた箇所から産毛のような細い毛が発毛し始める3ヶ月頃までに移植毛の約90%は抜け落ちる
6ヶ月2~3㎝ほどの毛が生え揃う成長するにつれ、太くてしっかりとした毛になる
9ヶ月ほとんどの移植毛が太く長く成長し、見た目も大きく変わるこれから成長期に入る毛もあるので、まだまだ途中経過にすぎない
12ヶ月一般的に密度・太さ・長さに満足する人が多く、完成形といえるAGAの影響は受けにくいが、ストレスや生活習慣が乱れると再び薄毛になる可能性は十分にある

自毛植毛にかかる費用相場は?人気クリニックで比較

お金・金貨を天秤にかける

今回は高い技術と信頼をもつアイランドタワークリニックと親和クリニックの自毛植毛の料金を比較してみました。どちらも症例数が多く、安心して任せられるクリニックです。

全国展開はしていませんが、交通費・宿泊費補助制度や割引プランなどうまく活用するとリーズナブルに抑えられます。また、自毛植毛にかかる相場も把握できるので、クリニック選びの参考にもなります。

アイランドタワークリニック親和クリニック
ストリップ法(FUT)の料金基本料金 200,000円

1グラフトあたり1,200円
基本料金 200,000円

1グラフトあたり900円
ダイレクト法(FUE)の料金基本料金 200,000円

1グラフトあたり2,000円
基本料金 300,000円

1グラフトあたり2,000円
交通費・宿泊費補助制度
株数に関わらず補助

1000株以上で一部補助
2000株以上で全額補助
割引プラン薄毛治療サポート制度適用で最大300,000円引き症例部位の写真・体験談掲載で最大50%OFF

自毛植毛についてよくある疑問

クエスチョンマーク

疑問や不安を抱えたままでは、自毛植毛に踏み切る勇気がでなかったり、痛みを強く感じたりすることもあります。少しでも不安を取り除くために、自毛植毛に関するよくある質問についてまとめました。

また、誤った情報で認識していないかを確認するためにも、しっかりおさえておきたいところです。

Q.自毛植毛は生え際や頭頂部にも効果があるの?

緑のボトルを頭皮にふりかけようとしている髪の薄い男性

ズバリ、生え際・頭頂部にも効果があります。

AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の毛を移植することで、生え際や頭頂部の薄毛を改善することができます。そのため自毛植毛は、生え際や頭頂部にこそ適している治療とも言えるのです。

しかし生え際の植毛は少し高度な技術が必要なうえ、一度に多くの株数を移植しなければいけません。そのため、頭頂部よりも難易度が高いとされています。

Q.植毛と増毛の違いは?

男の人が比較している

植毛は頭皮に直接移植毛を植え込むのに対し、増毛は髪の毛に人工毛を結び付けたり人工毛が植えつけられている特殊なシートを地肌に張り付けます。

毛を増やす目的は同じですが、治療法や効果はまったくの別ものです。

明確な違いとしては、植毛は一度施術すると基本的にはメンテナンス無しで、他の毛とともに生え変わりを繰り返すので半永久的に効果は続きます。

しかし増毛は即効性はあるものの、薄毛を改善しているわけではないので定期的なメンテナンスが必要です。また自毛とは違うので、ヘアスタイルも制限されます。

Q.植毛はどのくらい痛いの?

【2020最新】メンズ脱毛おすすめ人気ランキング21選!「安い・効果あり」の医療レーザー、サロン脱毛を徹底比較

個人差はありますが、我慢できないほど強い痛みを感じるわけではありません。

手術中は麻酔を使用するため、ほとんど痛みを感じずに済みます。また術後1~2日目は鈍い痛みを伴う場合はありますが、処方される鎮痛剤で十分対応できます。

【まとめ】持続性を求めるなら自毛植毛が1番おすすめ!

ほくろがあるとフラッシュ脱毛はNG?ほくろが消えるって本当?そんな悩みを徹底解説

自毛植毛後に毛が抜け落ちるのは失敗したわけではなく、むしろ成功したからこそ現れる症状の可能性が高いです。

毛が抜けてしまうと不安になりますが、正しい情報を得ていれば植毛後から毛が生えそろうまでの過程の1つであることだと認識することができます。短くても植毛後6~8ヶ月は焦らずに様子を見るようにしましょう。

また、手術後は副作用が起こる可能性があります。ほとんどの場合は自然に治まることがほとんどですが、まれに症状が続いたり悪化したりするかもしれません。不安なことがあればすぐ医師に相談できる環境を整えておきましょう。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄