自毛植毛とは?仕組みと手術方法・費用や増毛との違いを解説!

2020年7月2日

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

日本人男性の実に3人に1人が悩んでいるという「薄毛」。

その中でも、投薬治療やメソセラピーなどいろいろ試した結果、どれも満足な効果が得られず植毛にのぞむという人も多くいます。

植毛は外科手術になるため、

「植毛の仕組みはどうなってるの?」
「植毛と増毛や育毛の違いって何?」
「失敗するリスクがあるのでは」

といった疑問もつきません。

そこでこの記事では

  • 自毛植毛と人工植毛の仕組みや種類
  • 自毛植毛と人工植毛のメリット・デメリット
  • 植毛と増毛の違い
  • 植毛にかかる費用相場

について詳しく解説していきます。

なお、AGA治療の全体像について把握したい方は「AGA治療の全まとめ!薄毛完治までの費用や期間の【全過程2020】」に目を通しておくことをおすすめします。

植毛とは?自毛植毛と人工毛植毛がある

顔脱毛は毛穴の開き・シミにも効果あり?顔脱毛の美肌効果を徹底解説

植毛とは、髪が薄くなってしまった部分の頭皮に直接小さい穴をあけ、毛を植え込んでいく手術です。

植毛は医療行為なので、医療資格のある美容外科や専門クリニックでしか受けることはできません。

植毛には

  • 自分の毛を植え込む「自毛植毛」
  • 人工毛を植え込む「人工植毛」

の2種類があります。

植毛は、投薬の薄毛治療とは異なり、基本的に継続した治療が不要です。また自然な仕上がりになるのも大きなメリットです。

なりたいスタイルや長さに合わせて、自由にデザインできます。

自毛植毛の仕組みと手術方法

自毛植毛とは自分の健康な髪の毛を採取し、薄毛の部分に移植していく手術です。

移植元となる「ドナー」と呼ばれる毛髪は、多くの薄毛の原因であるAGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛を採取します。

移植後はAGAの影響を受けることはほとんどなく、また毛を作る組織「毛包(もうほう)」ごと移植するため、他の毛髪同様、毛周期を繰り返して半永久的に生え変わり続けます。

ドナーを採取したあと、1cm〜1.5cmほどに綺麗に整えてから移植するため、植毛後すぐにフサフサになるわけではありません。

人工植毛の仕組みと手術方法

人工植毛はポリエステルやナイロンなど、人工で作られた毛髪を薄毛部分に移植する方法です。

あらかじめ長く作られた毛髪を使用するため、手術後からすぐにフサフサにすることもできます。

ただし、人工毛は体が拒絶反応をおこす可能性もあります。

また、自毛のように伸びることがないため、年に1〜2回程度のメンテナンスが必要です。そのため現在、人工植毛をおこなうクリニックはほとんどありません。

 

「自毛植毛」「人工植毛」のメリット・デメリット

植毛の仕組みがわかったところで、メリット・デメリットについても詳しく解説していきます。

自毛植毛のメリット・デメリット

メリットデメリット

自毛植毛のメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 自然な仕上がりになる
  • 拒絶反応などが起こりにくい
  • 定着率が82.5%以上と高い
  • 基本的にメンテナンス不要
  • 植毛した髪は定着すれば永続的に生え変わる

【デメリット】

  • 費用が高い
  • ドナー採取の際や術後、痛みを感じることも
  • ショックロスが起きる可能性がある

最大のメリットは自毛を使うため、自然な仕上がりになること。また、一度自毛植毛をしてしまえば、継続的なメンテナンスなどは必要ないため、金銭面も安心です。

また、AGAの影響を受けにくい自毛を植毛するので、植毛した箇所はその性質を保ったまま生え変わり続けます。

大きなデメリットとしては、多少費用が高いことです。ただし、その後のメンテナンスがほとんど必要ないことを考えるとそれほど大きい出費ではないでしょう。

また、植毛するためのドナーを採取する際に痛みを伴う可能性があります

しかし、最近ではアイランドタワークリニックなどが導入しているメスを使わない自毛植毛や、痛みを軽減した手術法を行っているクリニックもありますので検討してみるとよいでしょう。

また術後の副作用として、赤みやかさぶたが出る可能性もあります。

手術後に一時的に髪が抜けてしまう「ショックロス」の可能性があるのも、押さえておきたいポイントです。

人工毛植毛のメリット・デメリット

フラッシュ脱毛は永久に脱毛できる?肌へのトラブル・効果・副作用を徹底解説

人工植毛のメリット・デメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 自毛植毛に比べて費用が安い

【デメリット】

  • 自毛植毛に比べて頭皮トラブルなどの副作用が起こりやすい
  • 定着率が低いため定期的なメンテナンスが必要で、その分コストがかかる
  • 人工植毛後に自毛植毛に切り替えるのが難しい

人工植毛のメリットを挙げると、自毛植毛より価格が安いことです。

しかし、人工植毛は手術後も定期的なメンテナンスが必要なため、その都度費用が掛かってくることを念頭に置いておきましょう。

人工植毛はもちろんその毛が成長することはなく、数年で抜けてしまいます。

日本皮膚学会の発表によると、人工植毛は推奨度最下位のDとされています。

引用元:日本皮膚学会ガイドライン

植毛の仕組み|頭皮に穴をあけて毛を植え込む

虫眼鏡で頭皮を確認する男性

人工植毛は現在ほとんど行われていない方法のため、ここからは自毛植毛にフォーカスして解説していきます。

実は自毛植毛にも方法がたくさんあります。

しかし、現在行われている方法は主に次の2つです。

  • FUT法
  • FUE法

1つずつ詳しく解説

FUT法

FUT法はストリップ法ともいい、3ステップで移植する方法です。

  1. 後頭部の毛髪をメスで短冊状に切り取る
  2. 移植用にグラフトを整えていく
  3. 移植部にメスで小さいな穴を作り、ドナーを植えこむ

一度に大量のドナーを採取できるため、時間が短縮できるため比較的費用も安くすむのがメリットとしてあげられます。

一方で、メスで切り取った後頭部は縫合するため、手術後に突っ張った感覚があることも多く、また麻酔を使用するとはいえ他の術式に比べ痛みが強い傾向があります。

  • グラフトとは…

グラフトとは「株」ともいい、移植する際の「毛包」の数をさします。植毛の場合このグラフトを単位として薄毛部分への植え付けを行なっていきます。

毛包とは髪の毛を作る組織のことで、1つの毛包からは1~4本の毛が生えています。

後述しますが、植毛は1グラフト〇〇円、といったようにグラフトを基準に料金を設定しています。

FUE法

FUE法はダイレクト法とも呼ばれており、3ステップからなる植毛方法です。

  1. 1mm前後のパンチを利用しグラフトを採取する
  2. 移植部に新しく毛穴を作成する
  3. ドナーを植えこむ

FUT法との最大の違いはパンチという専用の器具を使用することです。

メスを使用しないため、痛みの軽減や手術痕が残りにくいことがメリットとして挙げられます。

一方で、医師の技術によって仕上がりが左右されること、一般的には大量グラフトを植毛する場合には不向きとされています。

COLUMN

最新の植毛法「i-Direct」とは

近年、クリニックが独自の植毛方法を導入している場合も増えてきています。アイランドタワークリニックの「i-Direct」もその1つ。

メスを使用しないFUE法の一種ですが、

  • 仕上がりが自然
  • 生着率の高さ
  • 手術跡が目立たない

といったメリットがあります。

従来の方法のデメリットをカバーでき、さらに「刈らないi-Direct」というプランもあります。

術後にウィッグなどを装着する必要がなく、周りにもバレにくい方法なので日常生活を変わりなく過ごせると期待されています。

増毛と植毛の違いは?|増毛はすぐに髪のボリュームを出したい人におすすめ

ブラシを手に育毛剤と鏡の前で頭皮を気にする男性

植毛は前述の通り、薄毛になった部分の頭皮に直接髪を植え付けていく薄毛改善方法です。

一方増毛とは、自分以外の毛を用いて人工的に髪を増やす方法です。増毛には以下のような方法があります。

  • カツラ・ウィッグ(部分カツラと全頭カツラ)
  • 地毛に人工毛を結び付けてボリュームアップする結毛法
  • 髪に糸を編み込み、その土台の上にウィッグを装着する編み込み式

植毛は手術が必要ですが、長期で薄毛を改善する方法。増毛は根本を改善するわけではなく一時的な薄毛のカバー方法だと言えます。

 

COLUMN

植毛や増毛をしている芸能人は?

芸能人で植毛や薄毛治療を行っている人は、実はたくさんいます。

増毛を公言している方では、漫画家・コメンテーターのやくみつるさんが挙げられます。

やくみつるさんも施術を受けた増毛をチェックする

また、薄毛治療を行っていることを公言したのは、実は治療していました!とAGAクリニックの広告に登場したナイティナインの岡村隆史さんや、番組の企画で薄毛治療したフットボールアワーの岩尾望さんが挙げられます。

人前に多く出る芸能人はやはり髪が命なのでしょうか…
しかし皆さん現在は、治療の効果が出て薄毛が気にならないヘアスタイルになっていますね。

自毛植毛の費用相場|薄毛のタイプ別に見る

電卓を指差す白衣の医者

ここからは自毛植毛にかかる費用相場を見ていきましょう。

植毛は、植え付けるグラフト数によって金額が決定し、多く植えるほど料金は高額になっていきます。

つまり、薄毛の範囲が広く修正部分が大きいとその分高額になるということです。

まず、AGAの薄毛タイプは大きく次の3つに分かれます。

この3タイプに加えて、M字タイプとO字タイプを併発する複合型などもあります。

この薄毛のタイプ別に費用相場を見ていきます。

【浅めのM字修正】

生え際から徐々に目立ってきた状態
画像引用:親和クリニック
植毛グラフト数400~600グラフト
毛髪本数目安1,000~1,500本
施術費用560,000~1,000,000円

【やや深いM字・前頭部修正】

生え際から進行し始めた状態
画像引用:親和クリニック
植毛グラフト数800~1,200グラフト
毛髪本数目安2,000~3,000本
施術費用920,000~2,200,000円

【頭頂部・つむじの修正】

頭頂部がO型に脱毛してきた状態
画像引用:親和クリニック
植毛グラフト数500~1,000グラフト
毛髪本数目安1,250~2,500本
施術費用650,000~2,200,000円

【前頭部・頭頂部の修正】

生え際から頭頂部にかけて進行した状態
画像引用:親和クリニック
植毛グラフト数1,000~1,500グラフト
毛髪本数目安2,500~3,750本
施術費用1,100,000~2,600,000円

【全体的な修正】

全体的にかなり進行している状態
画像引用:親和クリニック
植毛グラフト数2,000~3,000グラフト
毛髪本数目安5,000~7,500本
施術費用2,000,000~6,000,000円

施術費用にかなり開きがあるのは、植毛方法やクリニックによって金額設定が大幅にことなるからです。

少しでも安く済ませたいと思うかもしれませんが、植毛をおこなうクリニックは後悔のないよう、金額だけでなく実際にカウンセリングを受け、医師とのコミュニケーションに不足がないか、信頼できるかなどよく検討するべきでしょう。

クリニック選びに困った場合はこちらの記事で選び方や実際におすすめのクリニックについて紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

植毛と増毛の費用比較!|メンテナンスを考えると植毛の方がコスパがいい

ニードル脱毛をお試し・トライアル7選。ニードル脱毛を体験して自身にあったサロン選びをしよう

それでは植毛と増毛で、費用の違いを見ていきましょう。

自毛植毛50万円程度(1,000本)
人工植毛30万円程度(1,000本)
カツラ5,000円~50万円程度(既製品~フルオーダーメイド)
結毛法10万円程度(1,000本)
メンテナンス費用:年間20~30万円程度
編み込み式増毛
(リースが多い)
年間20~40万円程度
メンテナンス費用:年間10万円程度

一見すると自毛植毛がとても高額に感じます。

しかし長い目で見て、メンテナンス費用や、リース費用を払い続けること、また自毛植毛は定着し生え変わり続けることを考えると、自毛植毛のほうが手間や後々の費用が掛からず高コスパであると言えるでしょう。

植毛に関するQ&A

Q&A

植毛とは何か、どのような仕組みか、また増毛との違いについてなどを解説してきました。

ここでは植毛に関してよくある質問をまとめました。

Q.植毛で失敗することはある?

植毛手術は「命に関わる重篤な失敗」ということであればほとんどないと言っていいでしょう。

しかし

  • 理想と違うスカスカな仕上がりになってしまった
  • 植毛した毛が生着しなかった
  • 年を取ってから移植元の後頭部・側頭部が薄くて気になる

といったことは十分に考えられます。

仕上がりや生着率についてはクリニック・医師の腕に寄るところもあるので、無料カウンセリングなどをうまく利用して比較検討してくださいね。

Q.女性でも植毛はできるの?

グッドポーズしている白衣の男性

A.女性の場合でも植毛は可能です。

近年は女性でも薄毛に悩む方が増えてきています。

女性の場合、びまん性脱毛症と呼ばれる、薄毛の境界線がなく、まばらに髪が薄くなる症状が特徴です。

そのため、男性ほど費用がかからない傾向にあると言えます。

また植毛では、髪の密度を高めることができるので、投薬治療のように時間をかけずとも、かなりの印象改善に繋がるでしょう。

Q.植毛手術に後遺症はある?

しましまの服を着て手で顔を抑える男性

A.後遺症の可能性は0ではありませんが、ほとんどないといってよいでしょう。

自毛植毛手術の場合は、自らの髪を移植するため拒絶反応などの後遺症を心配する必要はありません。

唯一、後遺症として考えられるのは、頭皮にくぼみができたり傷跡が残ってしまうことです。

後頭部から採取した株を頭皮に移植する際、通常よりも強く深く機器を押し当ててしまうことで、頭皮がくぼんでしまうケースもあったようです。

しかし、現在の日本の植毛技術のレベルを考えるとまずあり得ないでしょう。

一方で、術後の副作用の心配はあります。副作用としては、出血、かゆみ、かさぶた、赤み、痛みなどです。

しかし、長くても半年程度で収まることがほとんどのため、心配する必要はないでしょう。

またメスを使うFUT法の場合、他の施術よりも跡が残ってしまうリスクはあります。傷跡を残したくない、という方はメスを使わないFUE法やChoi法などを検討してみてください。

施術後、副作用のケアをしてくれるクリニックも多くありますので、心配なことがあれば相談できるところを探しましょう!

植毛におすすめのクリニックをお探しの方は「植毛のおすすめクリニックランキング6選!口コミ・評判で比較」をご覧ください。

Q.植毛手術は痛いの?

ほくろがあるとフラッシュ脱毛はNG?ほくろが消えるって本当?そんな悩みを徹底解説

A.植毛は痛みを伴う可能性があります。

特に痛みがあると言われているのは、麻酔をする瞬間です。

ただし、麻酔の痛みは一瞬で、その後は麻酔が効き意識が遠のいていくため、施術中の痛みに関してはそれほど心配する必要はないでしょう。

また、術後の痛みを心配する方も多いと思います。

術後、数日間は患部に多少の痛みが発生する可能性もありますが、数日すれば引くことがほとんどです。

万が一痛みが発生した場合、丁寧に対処してくれる安心なクリニックを探しておきましょう。

なお、自毛植毛ならアイランドタワークリニックがおすすめ。アイランドタワークリニックは、植毛専門のクリニックです。

症例数25,000人以上と国内トップクラスの実績があり、安心して施術が受けられます。

さらに、患者の負担をできるだけ軽くする配慮も充実しています。

全額返金保証制度や交通費や宿泊費の補助、1年間AGA治療薬無料処方など、高額な植毛を安心して受けられるサポート体制が整っています!

まとめ

医師

植毛とはどのような施術か、その仕組みや自毛植毛、人工植毛の違い、メリット・デメリットについて解説してきました。

自毛植毛はAGAの影響を受けにくい自分の毛を、薄毛部分に植毛するため定着すれば生え変わり続けます

投薬治療と比べて時間もかからないため、すぐに薄毛を改善したい方におすすめです。

植毛には様々な種類があり、自分に合ったものを探すためにはまずはクリニックの無料カウンセリングで相談してみましょう。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄