育毛メソセラピーの効果と副作用|AGA治療が自分でできる?HARGとの違いと費用相場も紹介

2020年4月6日

AGAの薬の種類とその効果?

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

クリニックからセルフ治療まで、多種多様を極めるAGAの治療法。その中でも育毛メソセラピーは、今注目の治療法です。AGAについて調べたことがあれば、一度は目にしたことがあるかもしれません。

というのも、投薬治療と比べて「よく効く」「効果が出るのが早い」などの様々な声が上がっているから。近頃では、AGAメソセラピーを実施するクリニックも右肩上がりで増えています。

ただ、本当に効果はあるのか、実は副作用や裏側があるのではないのかと、何かと気になってしまいますよね

そこで、メソセラピー治療は本当に効果的なのか、そして、注意点は無いのかをまとめました。

なお、AGA治療の全体像について把握したい方は「AGA治療の全まとめ!薄毛完治までの費用や期間の【全過程2020】」に目を通しておくことをおすすめします。

※ なお、メソセラピーならAGAスキンクリニック湘南美容クリニックがおすすめ。

いずれも全国展開しており、駅近のクリニックが多いのが魅力。

無料カウンセリングを実施しているため、まずは気軽に薄毛の悩みを相談してみましょう。

ハートのアイコン
 全国展開しているクリニックなら…

全国55院以上。都内だけでなく全国区でメソセラピーを受けられるのがAGAスキンクリニック

ミノキシジルや成長因子など、オリジナルの成分を痛みを抑えた方法で注入していきます。

ハートのアイコン
 低価格でメソセラピーを受けたいなら…
湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

できるだけ安く・でも効果のあるメソセラピーを受けたいという方には湘南美容クリニックがおすすめ。

モニターを利用するとさらに費用を抑えて治療ができますよ。

メソセラピー治療が受けられる院は限られるため、お近くのクリニックが対応しているか、まずは確認してくださいね。

AGAメソセラピーとは?頭皮に薬を注入する治療

AGAメソセラピーとは、頭皮の薄毛が気になる部分に、発毛・育毛に有効な成分を直接注入する治療法です。

元々は投薬治療の効果が現れるのが遅いという欠点をカバーするために、補助のような役割で使われるようになった治療法。開始されてからもまだ10年ほどと、言うなれば最先端の治療法です。

そして一言にAGAメソセラピーと言っても、クリニックごとに違いは様々。使用される成分も違えば、その効果も違います。

使用される成分は、成長因子・ミノキシジル・ビタミン・フィナステリドなど。治療薬と同じ成分のものもあれば、再生医療のようなもの、そして髪にとっての栄養素となるものを注入します。

メソセラピーのイラスト

そのため、AGAメソセラピーでは髪の毛を生やす・薄毛の進行を遅らせるという両面からの対策が可能です。

ですがこのAGAメソセラピーは、効果が期待できる治療法ではあるものの、まだ施術例が少ないという不安要素があります

メソセラピーの歴史は?1987年にフランス国立医学アカデミーが認証

古い本

でも安心してください。メソセラピーは、実は世界的に認められている実績のある治療法なのです。

元々は1952年にフランスで開発された治療法で、患部に直接治療薬を注入することをメソセラピーと定義しています。当初はリウマチや感染症、血管系疾患など治療に使われていました。

その後、メソセラピーはAGAやセルライト除去などにも効果があると立証されたのです。

メソセラピーの有効性が様々な疾患で示された結果、1987年にはフランス国立医学アカデミーに認められるほどになりました。

2000年代前半にはアメリカにも導入され、評判になったことでアジア・日本と広まってきたのです。

現在、日本ではAGA以外にも美容分野で広く使われているなど、信頼できる治療法として知られています。

メソセラピーの知名度は?ヨーロッパやアメリカ、アジアなどで40,000人の医師が実践していて注目されている

更に海外では現在、40,000人もの医師がメソセラピーを実践していて注目を集めています。

AGAに効果があったと話す方も多く、

  • イギリスのジャーナリストのアンドリュー・ピアスさん
  • インドの映画女優であるアーナ・クムラさん

などの証言が有名です。

AGAメソセラピーと投薬治療の違いは効果の早さ

ED治療薬

では、従来の投薬治療とAGAメソセラピーでは、一体どこがどう異なるのでしょうか。

まず大きな特徴は、効果が出るまでの早さです。投薬治療のみでは、効果が出るまでに早くて半年程度、大抵の場合は1年程度といった長い目で見る必要がありました。

ですがAGAメソセラピーであれば、早ければ3ヶ月、そして半年もすれば明らかに効果が出るようになります。

そして、成長因子や栄養素を注入するAGAメソセラピーの場合は、投薬治療と比べて副作用の心配が少ないです。

しかし、クリニックによって含まれている成分が異なるため、副作用についても成分によっては投薬治療と同等の副作用が出ることは覚えておきましょう。

副作用については、後ほど詳しく解説しています。

更に、成長因子の場合は、従来の治療薬では効かなかった薄毛にも対応できる可能性が高いです。

メソセラピーって実際どうなの?治療を受けた方のリアルな体験談

上記はあくまで海外での実験結果です。日本の身近なクリニックで治療を受けた人はどのように感じているのでしょうか。

30代・男性
Designation

毛髪再生メソセラピー体験!全然痛くなかったぞ!

50代・男性
Designation

メソセラピー1回目。まだ受けたばかりだから効果はわからないが、痛みはなくマッサージ感覚で行けたのでよかった。効果が出るのが楽しみです。

30代・男性
Designation

髪の毛の気になる部分やハリとコシは改善され、自信がつきました。

ロングヘアーの女の人のアイコン素材
20代・女性
Designation

2ヶ月経たない程度で抜け毛が減り、髪の毛を下ろしている状態でもつむじが気にならなくなりました。

40代・男性
Designation

生えていなかったところに、発毛を確認。今では欲が出てしまって、もっともっと生えてほしいとの思いでいっぱいです。金額はかかりますが、それ以上の満足度です。

実際の体験談からもメソセラピーの効果を実感できることが分かります

AGAメソセラピーのメリット3選

上記でAGAメソセラピーと服薬治療の違いを説明しました。では、AGAメソセラピーのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

やはり見逃すことのできないメリットは、効果が出るまでの早さです。これは大きなメリットでしょう。

また、副作用の心配が少ないことも嬉しいポイント。治療に向けてのハードルが低いことは重要です。

そして、AGAメソセラピーは服薬治療と併用することでパワーが増します。先述の通り、服薬治療の補助的な役割がスタートだからこそ、相互に効果を高め合ってくれます。

メリット①|効果が発現するのが早い

AGAメソセラピーは、効果が出るまでの期間がとにかく早いです。

服薬治療のみでは、効果が出るまでに早くて1年はかかり、満足できるほどの十分な発毛になるまでには5年かかります

ですがAGAメソセラピーは、3回から4回ほど治療すれば、明らかに効果が出てくるようになります。1か月に一度の通院スパンだとすると、早ければ3か月、遅くても半年です。

このスピードを実現している理由は2つ。成長因子によって発毛の細胞に直接アプローチできること、そして頭皮に直接アプローチすることで、働きかけるまでのスピードが早いことの2つです。

様々な場所に直接アプローチするからこそ、このスピードを実現しています。

メリット②|副作用の心配が少ない

AGAメソセラピーの中でも、成長因子や栄養素を使用した治療法であれば、副作用の心配は少ないものです。

成長因子とは、幹細胞から抽出されたタンパク質のことです。最先端の治療である再生医療に、似た性格の治療法です。発毛のもとになる細胞に働きかけることで、効果を発揮します。この成長因子は、基本的にアレルギーの原因にはなりません。

また、栄養素を注入する場合も同様です。この場合の栄養素とは、髪を育てるためのビタミンやミネラルです。発毛自体に作用はしませんが、脱毛抑制剤や発毛剤、そして成長因子のサポートをしています。髪に栄養が行き渡ることで、これらの効果は高まります。

ただし、発毛剤(フィナステリド、ミノキシジル)や脱毛抑剤を注入する場合は、副作用の心配はなくなりません

メリット③|投薬治療との併用でさらなる効果が

AGAメソセラピーは、服薬治療と併用することでパワーアップします。

服薬治療は、効果が出るまでに時間がかかり、かつ副作用の心配や効き目の心配があります。ですが、効かないというわけではありません。しっかりと効いてくれます。

こういった服薬治療の欠点をカバーし、補うための治療法として始まったのがAGAメソセラピーです。現在でも服薬治療と同時並行で行うことが多いです。

同時並行で行うことで、ひとつの薬剤の効果を高めることも可能ですし、様々なアプローチで発毛を促すことも可能です。

AGA治療を専門とするクリニックが公表したデータでは、服薬治療と服薬+AGAメソセラピー治療では、効果のスピードに数倍の差が発生しています。

AGAメソセラピーのデメリット3選

ここまで聞くと万能で抜け目のない治療法のように思えてきますが、AGAメソセラピーにも当然、欠点はあります。

気になる費用ですが、かなり高額に設定されています。場合によっては植毛治療並みになることも。コストがかかる治療法であることは事実です。

そしてリスクもあります。頭皮に直接アプローチする治療法なので、頭皮が弱い人には当然リスクが発生します。

さらに何よりもデメリットなのが、症例が少ないことです。効果に疑問符がつくのには、こうした事情があります。

デメリット①|従来と比べると治療費がかなり高額に

従来の服薬治療のみと比べると、AGAメソセラピー治療はかなり高額になります。

各クリニックの治療費を一般的な相場とした場合、1回の施術あたりで安くても2万円、高ければ10万円します。施術回数は6回~12回くらいが大半なので、総額としては12万~80万ほどします。80万ともなると、植毛治療の費用と大差ありません。

従来の服薬治療のみの場合、短期間で治療費が数十万にも膨れ上がることはあまりありません。

ここまで価格差が出てしまうのは、AGAメソセラピーが保険適用外の自由診療であるからのみならず、服薬治療との併用パターンも多いからです。

また、使用する成分によっても価格は大きく変わります。AGAメソセラピーは、懐に余裕がなければ始められない治療になっています。

デメリット②|新しい治療法なので実績が少ない

AGAメソセラピーは、本格的に治療が開始されてからまだ10年ほどと、比較的新しくまだまだ若い治療法です。

発毛剤や脱毛抑制剤を使用する場合は、アプローチの方法が変わるだけで効果に差はありませんが、成長因子の使用においては実績が少ないです。

日本皮膚科学会ガイドライン『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)』には、『成長因子導入・細胞移植療法は今後が期待される治療法ではあるものの,「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」などの法規に則って施術する必要のあるものも多く,現時点では広く一般に実施できるとは言い難い』と記されています。

つまり、期待できる治療法ではあるものの、施術例が少なくまだまだ道半ばという現状があります。

デメリット③|それでも副作用の心配は残る

副作用の心配が少ないことがAGAメソセラピーのメリットではありますが、それでも副作用の心配は残ります。

ニードルや注射器を使用したAGAメソセラピーの場合は、頭皮の炎症や化膿のリスクがどうしてもつきまといます。頭皮が弱い人であればなおのこと憂慮しなければならない点と言えます。

また、AGAメソセラピーにはプラセンタの注入を行う場合があります。この場合、副作用の心配はありませんが、献血ができなくなってしまうので注意しましょう。

そして、フィナステリドやミノキシジルといった発毛剤成分を使用する場合は、従来の服薬治療と同じく副作用のリスクがあります。

フィナステリド等が薬液に含まれている場合、1%前後という低い確率ですが男性機能に影響が出る可能性があります。また、フィナステリドは女性に使用できないことが広く認知されています。

AGAメソセラピーといっても方法は多種多様

ひとえにAGAメソセラピーと言っても、その方法は多種多様です。使用する成分によって施術方法が変わってくるので、痛いものから痛くないものまで存在します。そして、その方法次第で治療費も大きく変化します。

注入方法は、大きく2つに分類できます。1つは、針を使用する治療法です。注射器やニードルを使用していくので、痛みが伴います。時には麻酔が必要になることも。

もう1つは、電気やレーザーを使用する方法です。痛みこそありませんが、高度ゆえに財布が痛い方法ではあります。

注射器やニードルを使用する方法は痛みが

注射器やニードルを使用する方法は主に3つあります。

まずは、注射器を使用して頭皮に成分を注入するパヒュール法です。最もオーソドックスで、かつ安価です。ですが、かなりの痛みを伴う方法で、麻酔が必要になる場合さえあります。

そしてもう1つが、パヒュール法よりも浅く刺すナパージュ法です。こちらであればパヒュール法よりも痛みは少ないですが、成分が必要箇所に浸透しづらいです。したがって、効果が出るまでそれなりの期間を要します。

最後に紹介するのが、針のついたローラーを使用することで成分を注入する、ダーマローラー法です。こちらはチクチクとした痛みを伴います。広範囲にわたって、成分を注入させることができます。

電気やレーザーを使用する方法なら痛くない

AGAメソセラピーには、電気やレーザーといった方法で注入していくものもあります。

まずは、微弱な電流で毛穴を開かせて成分を浸透させていく、ノンニードル法です。痛みはありませんが、施術に時間がかかるのが難点です。

このノンニードル法を強化したものが、高電圧パルスを使用して毛穴を開かせるエレクトロポーション法です。ノンニードルのイオン導入では、浸透させられる成分に限界がありました。ですがこちらの方法であれば、より確実に注入することが可能です。

そしてレーザーを使用する治療法もあります。ニキビ治療や毛穴治療で使うフラクショナルレーザーを、毛根を刺激するために使用します。

主な成分は成長因子のケラチン細胞増殖因子です。健康的な毛髪を育てるのに欠かせない、ケラチンの生成を助ける働きをしてくれます。

早く発毛をさせたいという人にはおすすめできる治療法です。ただしこれらの治療法は、高度な技術であるが故に高価です。

湘南美容クリニックでは、スマートメソを3回99,810円、6回195,550円、12回387,030円コースから選んで治療することができます。およそ半額で治療を受けられる限定モニター価格もあるので、気になる方はウェブサイトから問い合わせて下さい。

HARG療法との違いは?薬液に違いが

AGAメソセラピーに似た治療法として、HARG療法というものが存在します。どちらの治療法も、頭皮の皮下に発毛を促進する成分を直接注入します。

では、どこに相違点があるのでしょうか?

HARG療法というのは、日本医療毛髪再生研究会によって注入する成分が指定されている療法です。そして、この研究会によって認可されたクリニックにおいてのみ、施術をすることができます。そして価格も一定です。

それに対してAGAメソセラピーは、各クリニックによって使用成分も異なれば値段もさまざまです。

価格と成分が一定なことがHARG療法のポイントだとすれば、クリニックごとに効果に差があるのがAGAメソセラピーです。

HARG療法について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

自宅でAGAメソセラピーすることもできる!

最先端の治療法であるAGAメソセラピーですが、クリニックで施術するとなるとかなりの高価になってしまいます。よほど懐に余裕がないと、継続できないことも…

そんなAGAメソセラピーの、特に最先端分野である成長因子による治療法を自宅で行うことができる、そんな商品がじわじわと話題になっています。

メリケアプラスから発売された「メソセラポス スカルプリキッド」は、成長因子を疑似的に再構築したものを配合。最先端の治療法を、日々のセルフケアに落とし込むことに成功した頭皮塗布用リキッドです。

疑似的と聞くと疑わしくなりますが、構造が異なるだけで効能に変わりはないとのこと。セルフケア向きに作られたものですので、成長因子が活力を失わずに長持ちするようです。

しかし、早めに高い効果を実感するには、初めからクリニックでの治療を選びましょう。

AGAメソセラピーを施術しているクリニック

AGAメソセラピーを施術しているクリニックは、現在右肩上がりで増えています。今では、大手AGAクリニックのほとんどが施術しているので、自分のニーズに合わせて安心して選ぶことができます。

AGAスキンクリニックでは、1回80,000円~で施術しています。内服薬での治療と併用した治療だと、1回85,000円からとなっています。33万人の外来実績を持っており、22時まで診療を受け付けているため忙しいビジネスパーソンでも通院できるのが嬉しいクリニックです。

銀座総合美容クリニックは、19,440円でノーニードルでのAGAメソセラピーを実施。こちらも内服薬との併用が重要だとのことです。

湘南美容クリニックでは、3回で98,000円のスマートメソ、1回79,800円のジェットメソ、1回19,800円のクイックメソの3シリーズを用意。自分に合ったスタイルで治療を受けることができます。全額返金制度があるのが初心者にも嬉しいところ。AGA治療薬の効果が、万が一なかった場合は返金してくれる仕組みです。モニター価格や初回限定価格といったお得なプランも用意されているので要チェックです。

まとめ:まだまだ高価であるが魅力的で期待できる治療法

AGAメソセラピーについて徹底調査したところ、このような情報が揃いました。

AGAメソセラピーは、最先端の治療法であることは間違いありません。

そして効果の面においても、高品質かつ好評であるAGAクリニックが行うだけあって問題はなさそうです。

とはいえ、高価な治療法です。驚かざるをえないような数字が、治療費として提示されているのが現状です。AGA治療が一般化し続けるこの時代なので、より安価になっていくことは期待できるでしょう。

そして、まだまだ施術例が少なく、発展途上であることは否めません。しかしいずれは、服薬治療のように一般化していく治療法です。

結論としては、AGAメソセラピーは効果が期待できる治療法と言えます。

※ なお、メソセラピーならAGAスキンクリニック湘南美容クリニックがおすすめ。

いずれも全国展開しており、駅近のクリニックが多いのが魅力。

無料カウンセリングを実施しているため、まずは気軽に薄毛の悩みを相談してみましょう。

ハートのアイコン
 全国展開しているクリニックなら…

全国55院以上。都内だけでなく全国区でメソセラピーを受けられるのがAGAスキンクリニック

ミノキシジルや成長因子など、オリジナルの成分を痛みを抑えた方法で注入していきます。

ハートのアイコン
 低価格でメソセラピーを受けたいなら…
湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

できるだけ安く・でも効果のあるメソセラピーを受けたいという方には湘南美容クリニックがおすすめ。

モニターを利用するとさらに費用を抑えて治療ができますよ。

メソセラピー治療が受けられる院は限られるため、お近くのクリニックが対応しているか、まずは確認してくださいね。

合わせてチェックしたい!

合わせてチェックしたい!

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄