M-034エキスの育毛効果とは?

2019年12月28日

M-034とは?

M-034は、植物学的には「ミツイシコンブ」と呼びます。

別名では「日高昆布」と呼ばれ、抽出された「海藻エキス」とされています。粘り気のある部分にエキスの成分があるのでしょう。

日高昆布の成分は、料理の出汁に多く使用されています。「軟らかくて煮やすい」昆布であることからも、抽出しやすい成分といえます。

M-034|作用と効果?

M-034は、人気がある育毛剤に配合している成分でもあります。

【主な成分】

  • 抜け毛予防
  • 発毛促進
  • 薄毛
  • 整肌調整

*各メーカーにより作用させる用途も違います。

M-034は、その他にも同じ昆布類から抽出した成分を混合して、効能を上げる特別成分としている育毛剤メーカーもあります。

M-034には、他の有効成分も多く含まれています。

  • 血行促進作用がある成分
  • 植物由来の成分
  • 他の毛髪成長成分を独自に配合している成分

もあり、M-034の成分が中心に働いているとは限らないといえます。

M-034|効能?

M-034は、ミノキシジルと同様の作用がある?として注目されています。

しかし、そのデータが事実であれば「厚生労働省の治療薬として認可」されるはずです。

現在は「医薬部外品」の認可ですから「薬効成分が有効」となります。

育毛剤を販売するには薬効成分を含む「認可」が必要ですが、「薬効成分が有効と認められると」どの育毛剤でも認可は取れるので、特別なことではありません。 

その他に該当する場合は「化粧品」となるだけです。

昆布類などから抽出される「フコイダン」という成分も、M-034と同じ昆布類から抽出される海洋エキスです。

どちらも育毛剤に配合されている成分です。

しかし、M-034の基本情報が乏しいため、次の機関でフコイダンを調べると、次の内容がわかりました。

国立健康・栄養研究所:フコイダンの有効性

・育毛作用の有効性について書かれていない
・他の抑制作用でもある「免疫・がん・肝機能」他の抑制作用も安全性・有効性は文献からの情報には認められないとしています。

M-034は、同等の成分でも育毛に関する詳細が見当たらないのは、M-034の効能として捉えるためには「割合%が表記された成分」の育毛データが必要だといえるでしょう。

取り扱う育毛剤メーカーだけの説明に偏りがあるため、正確に説明できる成分ではないといえます。

M-034|薄毛との関係?

M-034の育毛効能も「薄毛を回復する」画像が数多く掲載されています。

毛髪の回復に期待しているほど変化がない人がいるのは、次の点にあります。

  • 成分の過剰説明が広がっている
  • 誰もが効能を出せる成分ではない
  • 他の症状が原因で変化がない

上記の点が、育毛剤には多くあります。

薄毛や抜け毛の症状は、一時的に起こる症状だけとは限りません。

ホルモン異常から起こる場合もあれば、AGAや脱毛症の症状もあります。

育毛剤は、どのような成分であっても、国は治療ができる成分では認めていませんから、期待を持ちすぎないように注意しましょう。

まとめ

M-034は、根拠となる基本データや公式データが乏しい成分だといえます。

育毛剤メーカー独自のエビデンスでは、国が認める範囲の臨床試験ではないため、発毛を確認できるデータとはいえません。

つまり、国の認定は育毛剤の「薬効成分」が認められているだけです。

育毛剤サイトに「厚生労働省に認可された」と書かれてあるのは、「薬効成分」を認めただけで「発毛させる効果で認可しているわけではない」といえます。

M-034の作用は、発毛効果をだす発毛成分ではなく「毛髪や保湿に働きがある」成分だといえるのです。