女性の薄毛を改善する方法|生活習慣やシャンプーなどおすすめの対策を解説

2021年10月15日

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

近年、薄毛でお悩みの女性は増加傾向にあります。

女性の薄毛は40代以上の方に多く見られますが、最近は生活習慣やストレスの影響で20〜30代で薄毛になる方が急増しています。セルフケアでは思うように改善せず、お困りの女性もいるでしょう。

「抜け毛が増えて髪にボリュームが出ない」
「女性の薄毛改善に有効な方法が知りたい」

このようなお悩みやご希望にお答えするため、この記事では女性の薄毛を改善する方法を紹介します!

苅部先生
 ご監修いただいた先生

麴町皮ふ科・形成外科クリニック
苅部 淳(かりべ じゅん)

専門:形成外科専門医、抗加齢学会専門医、日本医師会認定産業医

資格:アラガン社ボツリヌス注射VST認定医、アラガン社ヒアルロン酸VST認定医、スリランカ政府認定アーユルヴェーダ認定医

所属学会:日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本顔面神経外科学会、マイクロサージャリー学会、日本抗加齢学会、アロマセラピー学会、マインドフルネス学会

  • 順天堂大学医学部卒業
  • 東京大学附属病院形成外科 入局
  • 埼玉医大総合医療センター 形成外科・美容外科 助教
  • 福島県立医大付属病院 形成外科
  • 寿泉堂総合病院 形成外科
  • 山梨大学附属病院形成外科 助教・医局長
  • 麹町皮ふ科・形成外科クリニック 院長

東京で活動する日本形成外科学会認定専門医・日本抗加齢学会専門医・日本医師会認定産業医。

大手美容外科クリニックで長年にわたり研鑽を積み、現在は麴町皮ふ科・形成外科クリニックの院長を務める。美容外科手術、レーザー、ボトックス、ヒアルロン酸など、質の高い最新医療を提供し、永田町、市ヶ谷、麹町、半蔵門エリアで働くビジネスパーソンの健康を支えている。

麴町皮ふ科・形成外科クリニック公式サイトはこちら

女性の薄毛は治せます|セルフケアや治療で改善できる

ほくろがあるとフラッシュ脱毛はNG?ほくろが消えるって本当?そんな悩みを徹底解説

薄毛=一生治らないというイメージがありますが、適切に対処すれば毛量や髪質はきちんと回復します。薄毛が悪化したからといって諦める必要はないのでご安心ください。

薄毛を改善するために、まずは抜け毛の特徴から原因を特定し、症状にあったケアを行ないましょう。

薄毛改善は原因に合った対策が必要

積み上がった本

女性の薄毛は次の5つの原因が考えられます。

  • ホルモンバランス
  • 過度なダイエット
  • 生活習慣
  • ヘアケア・ヘアスタイル
  • ストレス

40代以降で薄毛になりやすい原因には、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が大きく関係します。

エストロゲンは、毛髪や皮膚、女性らしい身体つきを保つのに欠かせないホルモンです。分泌量のピークは30代前半で、40代以降は減少の一途をたどります。

毛髪の健康はエストロゲンのはたらきによって保たれているので、ホルモン分泌量の減少=抜け毛の本数が増える可能性の上昇となるのです。

ホルモン以外の原因には、無理な食事制限による栄養不足が挙げられます。食事量や食事回数を減らせば髪に十分な栄養が行き渡らなくなるので、ダイエット中の方は注意が必要です。

また、喫煙やストレス、誤ったヘアケアも薄毛を招く原因の一つと考えられています。20〜30代の薄毛はホルモンよりも生活習慣が起因するケースが多いです。

女性の薄毛は早めの対策が重要

タブレットを指で操作する医師

抜け毛が増えた、あるいはスタイリングが決まりにくくなった時は薄毛が悪化しているサインです。

女性の薄毛は早い段階で対処すると、比較的早く症状が改善します。一方、何も対策しなければ今より重症化する可能性が非常に高いです。

今より薄毛を悪化させたくなければ、できるだけ早く薄毛対策をはじめましょう。何をすべきかわからない方のため、次の章からは今すぐできる予防法もご紹介します。

薄毛や抜け毛予防に効果的な6つの方法

髪の毛を触る女性

女性の薄毛改善に有効な方法は主に6つあります。

1.栄養バランスのいい食事
2.質のいい睡眠
3.頭皮マッサージ
4.育毛シャンプーや育毛剤を使った頭皮ケア
5.ストレス対策
6.薄毛治療(FAGA・FPHL治療)

ここからは具体的な対策を詳しく解説していきます。

方法①栄養バランスのいい食事

テーブルの上にたくさん並んでいる野菜やフルーツ

毛髪は食事から摂取した栄養をもとに成長するので、亜鉛やタンパク質が含まれる食材は積極的に取り入れましょう。

外食やコンビニを利用する機会の多い方は、不足しがちな栄養素をサプリメントから摂取するのがおすすめです。最近は女性向け育毛サプリの種類も豊富なので、成分やコスパをチェックして続けやすいものを選ぶといいです。

栄養面で避けるべきポイントとしては、

  • 高脂質・高カロリーな食事
  • 刺激物の過剰摂取
  • 過度な飲酒

などが挙げられます。

脂っぽい食べ物や刺激物を食べすぎると、皮脂の分泌量が増えて毛穴がつまりやすくなります。毛穴のつまりは頭皮のベタつきやフケの原因となり、最悪の場合毛穴が炎症を起こしてしまうことも。

これらの頭皮トラブルは抜け毛の増加に直結するので、辛いものや高カロリーな食事の食べ過ぎには十分ご注意ください。

また、過度な飲酒はアルコールの分解に多量の栄養素が消費されるため、その分毛髪へ割り当てられる栄養が少なくなります。アルコールで育毛が阻害されないよう、お酒好きな方は1日の飲酒量や休肝日を決めることが大切です

方法②質のいい睡眠

ベッドから起きた女性

毛髪の健康を維持するには、睡眠中に分泌される成長ホルモンのはたらきが欠かせません。

成長ホルモンは骨や筋肉、代謝など人体のあらゆる組織の発達に関わるものです。1日の中では入眠後〜3時間の間にもっとも多く分泌され、その後数時間かけて全身を巡ります。

成長ホルモンをより多く分泌させるには、質のいい睡眠が必要不可欠です。毎日まとまった睡眠時間が確保できれば、成長ホルモンの分泌がスムーズに進みます。

一方、睡眠時間が極端に短い方や夜中に何度も目が覚めてしまう方は、成長ホルモンの分泌量が少なくなりやすいです。寝不足で体調不良や肌荒れが起こるように、毛髪の成長にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

睡眠の質を高めるには、

  • 毎日決まった時間に就寝する
  • 6時間以上の睡眠時間を確保する
  • 就寝前に入浴する(入眠の2時間前まで)

などの方法が有効です。

方法③頭皮マッサージ

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは頭皮の血行を改善し、発毛を促進するのに効果的です。

頭皮マッサージの効果は、育毛シャンプーで有名なアンファー株式会社と日本医科大学形成外科の共同研究によって明らかにされています。具体的な研究内容は、頭皮に振動刺激圧を加えると発毛効果を高める可能性があるというものです。


ミノキシジルは発毛促進につながるトリガーとして毛乳頭細胞のカリウムイオンチャネル開口を起こすが、振動圧刺激によっても同様に開口が起こる。ミノキシジル投与と振動圧刺激を同時に行うと相乗的に発毛効果を高める可能性が高いことが見出せた。

引用元:アンファー株式会社

頭皮マッサージは入浴中など、体があたたまっている時にするのがおすすめです。指の腹を使い、気持ちいいと感じる程度の力加減で頭皮をもみほぐしてあげましょう。

方法④育毛シャンプーや育毛剤を使った頭皮ケア

シャンプーボトル

髪が育ちやすい頭皮環境を整えるという意味では、シャンプーを変えたり育毛剤を取り入れたりするのもいいでしょう。

育毛シャンプーには、市販品よりも刺激の少ない洗浄成分が配合されています。シャンプーでフケやかゆみが出やすい方は、頭皮への負担を軽減できるアミノ酸系の育毛シャンプーがおすすめです。

洗髪後は、女性向け育毛剤で頭皮にうるおい成分を浸透させることも大切です。

育毛剤には発毛効果はありませんが、頭皮環境を整える育毛成分のはたらきによって髪の成長をサポートします。毎日続けることで髪にハリやコシが出るのを実感できるので、気長にじっくりとお手入れを続けていきましょう。

方法⑤ストレス対策

ジョギングをする女性

薄毛だけでなく肉体面・精神面に悪影響を及ぼすストレスは、翌日に持ち越さずその日のうちに解消するのが理想です。

とはいっても、ストレスの原因が仕事や人間関係にある方は長期でストレスと向き合っていかなければなりません。すぐに解消できない悩みや不安は、深く考えすぎず楽観的な気持ちで乗り越えていくことが大切です。

体に良いものを食べたり体を動かして汗をかいたりするなどして、自分なりのストレス解消法を模索していきたいものです。

方法⑥薄毛治療(FAGA・FPHL治療)

カウンセリングする医師

生活習慣やセルフケアで改善できない薄毛は、クリニックで本格的な薄毛治療を受けることをおすすめします。

女性の薄毛治療は、FAGA治療あるいはFPHL治療と呼ばれます。おもな治療法は飲み薬や塗り薬で、早い方だと3ヶ月頃から毛髪に変化が見られるのが大きな特徴です。

治療薬にはさまざまな種類があり、薄毛の進行を予防することはもちろん、薄毛部位の発毛も可能です。

女性の薄毛が深刻化しつつある近年は、幅広い年齢の女性が薄毛治療をはじめています。最初は抵抗を感じますが、毛量が増えるにつれ「治療を受けてよかった」と前向きな気持ちに変化します。

最近はさらに幹細胞培養上精液の注入療法という再生医療など新しい治療法が出てきています。世界的に研究が行われる大注目の治療法なので、気になる方はチェックしてみてください。

セルフケアで思うような効果が実感できない方は、ぜひ一度専門のクリニックに相談してみるといいでしょう。

COLUMN

薄毛対策はどれくらいで効果が実感できる?

食事や睡眠など生活習慣の改善を続けても、その効果を実感できるまでには数ヶ月〜半年ほどかかります。薄毛が進行してしまうと、毛髪に変化が見られるのに1年ほどかかることもあるでしょう。

育毛サプリや頭皮マッサージをはじめたからといって、数日ですぐに髪質が変化するわけではありません。

より早い効果を期待するなら、セルフケアと医療機関での薄毛治療を並行するのがベストです。投薬治療は確実かつ最短で薄毛を改善する唯一の方法なので、すぐに薄毛を治したい方はクリニックに相談することをおすすめします。

女性の薄毛改善にまつわるよくある質問

初心者必見。ワックス脱毛の痛みとは?正しい施術で痛みは軽減!

最後は、薄毛対策の効果について女性から多く寄せられるご質問にお答えしていきます。

Q.育毛サプリはどんな成分がおすすめ?

サプリ

育毛サプリを活用する際は、以下の成分が配合された商品を選ぶのがいいでしょう。

栄養素効果・効能
亜鉛髪の主成分ケラチンを合成。食事から摂取したタンパク質を毛髪に変化させる。
L-リジンケラチンを合成する必須アミノ酸の一種。育毛促進や髪質改善に有効。
コラーゲンペプチド毛乳頭細胞の増殖を促進し、毛髪の成長をサポートする。
ケラチン加水分解物毛髪の生成をサポートする。
ビタミン類毛細血管の生成や新陳代謝を促進する。
シスチンケラチンを合成する必須アミノ酸の一種。育毛促進や髪質改善に有効。
カプサイシン発汗作用により頭皮の血行を促進する。
高麗人参エキス血行促進効果。
イソフラボンエストロゲンに似た作用で薄毛ホルモンを抑制する。

Q.女性の薄毛は漢方で改善できる?

漢方

漢方で冷え性や血行不良が改善できれば、薄毛対策にもいい効果が期待できます。

東洋医学では、髪の毛のことを血余(ちあまり・けつよ)と表現します。髪の源=血液という考え方があるため、質のいい血液がいい循環をすれば育毛にいい影響を与えると考えられているのです。

以上の理由から、東洋医学で薄毛対策をする場合は血液を育てる効果のある漢方が処方されます。

ただし、漢方による薄毛予防の効果はあくまで間接的なものです。薄毛予防や発毛に直接的な効果をもたらすものではないのでご注意ください。

女性の薄毛は改善できます|適切な対策で理想のヘアスタイルを手に入れましょう

髪をふく女性

女性の薄毛が深刻化している現代において、女性が育毛剤を使ったり薄毛治療したりすることは決して珍しいことではありません。

薄毛を自覚した時点ですぐに対処すれば、症状を悪化させずに済むでしょう。薄毛対策の開始時期は早ければ早いほどいいので、毛量に変化が見られたらできるだけ早くセルフケアをはじめてください。

生活習慣やヘアケアの見直しで改善できなければ、クリニックで治療するのも一つの方法です。処方薬は薄毛改善の一番の近道ですから、コンプレックス解消のため前向きに検討することをおすすめします。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2021年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2021】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼本サイトについて

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄