AGA検査キットとは?毛髪ホルモン量測定キットの口コミ・評判|実際にキットを使ってみた!

2022年11月6日

AGAの診断キットとは?

この記事を書いた人

MOTEO 編集部
MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

「うちの家系はハゲが多いけど、俺大丈夫かなぁ…」
「最近髪が薄くなってきた気がするけど気のせいかな…」

そんな悩みを抱えていても、「AGAクリニックに行くのはまだ早いかも」「高額なプランに入らせるために煽られそう」など、クリニックに行くことに抵抗がある方も多いはず。

そこでおすすめなのが、AGA検査キットです。AGA検査キットは自宅で簡単にAGAのリスクがあるかどうかをチェックすることができます。

近年まではAGAクリニックのオプションとして血液検査でのAGA検査ができるのがオーソドックスでしたが、2021年、毛髪数本で検査できる「毛髪ホルモン量測定キット」なるものが発売されました。

MOTEOではMakuakeで販売期間にいち早くゲット。編集部数名で試してみたので、その結果もお伝えしつつ、AGA検査キットについても分かりやすく紹介していきます。

AGA検査キットとは|病院に行かなくてもAGAの診断はできるのか?

毛髪ホルモン量測定キット(AGA検査キット)

ずばり、AGA検査キットはAGAリスクを判定するものであり、「診断」はできません。

※AGAを検査できるキットは世の中にいくつかありますが、この記事では2021年から新定番となりそうな「毛髪ホルモン量測定キット」を主語として説明していきます。

AGAだけには限らず、本来「診断」は医師が行うもの。検査キットは自身で専門機関に毛髪を送付し、結果を受け取るものです。

そのため、いわゆるAGAクリニックなどで「あなたはAGAです」と言われるものとはまた別のものと考えておきましょう。

となると、「検査キットを使っても意味ないじゃん」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、そこで検査キットを使わないという選択をするのはまだ早いのです。

 AGA検査キットでわかること

毛髪ホルモン量測定キット(AGA検査キット)の中身

「毛髪ホルモン量測定キット」でわかることは次のとおりです。

  • DHT(ジヒドロテストステロン)の値
  • AGAリスク(4段階)
  • 自分にあった対策

この検査キットの注目すべき点は「DHT値」がわかるという点です。

自宅でAGAリスクがわかる、というのは言わずもがななので、なぜ「DHT値」がわかることがメリットになるのか、この後詳しく説明していきます。

そもそもDHTとは?AGA発症の根源となるホルモン

AGAが発症する原因を、ステップ形式で説明します。

AGAの原因の仕組み
  • 男性ホルモン中に存在するテストステロンが5αリダクターゼと結びつく
  • 5αリダクターゼがテストステロンをDHT(ジヒドロテストロン)に変換
  • DHTが髪の毛の毛乳頭細胞にある男性ホルモンレセプターと結合
  • その結果、脱毛因子である「TGF-β」を生み出してします薄毛が多い

つまり、AGAを予防する・進行を抑えるには「DHT」をいかに増やさないかがポイントとなります。

AGAの原因については下記の記事で詳しく解説しているので、さらに知りたい方は読んでみてください。

DHT値がわかることのメリットは2つ

鏡越しに髪を機にする男性

毛髪ホルモン量測定キットはこのDHTの値がわかるとお伝えしましたが、DHT値がわかることで得られるメリットを具体的に説明します。

  1. 定期的に測定することで、AGAリスクが上がっていないかがわかる
  2. 実際にAGA治療を開始したあと、DHT値が下がっているか確認ができる

定期的に測定することで、リスクが上がっていないかがわかる

毛髪ホルモン量測定キットは根本から3cmをカットして送ります。

髪の毛はご存知の通り、毛先にいくほど過去の古い毛髪になりますよね。

つまり、毛根の近くは最近の髪の毛ということになります。平均して1ヶ月に1cm程度のびますから、根元から3cm=直近3ヶ月ほどの毛髪のデータを測定していることになります。

年齢を重ねるにつれてAGAリスクは高くなりますから、例えば今はAGAリスクが低いとわかったとしても、将来ずっとハゲないということにはなりません。

そのため、半年・1年に1回など、定期的にキットを利用することで、変化に気づくことができます。

実際にAGA治療を開始したあと、DHT値が下がっているか確認ができる

MOTEO編集部がとくに良いなと感じたのがこの点です。

私自身、実際にAGA治療薬を服用しているのですが、服用中はDHTの値が低くでました。もちろん、AGAリスクも低くでます。

DHT阻害薬(フィナステリドやデュタステリド)を服用することでDHT値が下がっているということが、数値で確認できたのです。

例えば、DHTを抑えるAGA治療を行っているのにDHT値が下がっていなければ、

  • 治療薬の種類があっていない
  • そもそも薄毛の原因がAGAではない

といったことを知れるきっかけになるかもしれないのです。

AGA治療をする場合、しない場合でも、非常に使えるキットだなと思いました。

毛髪ホルモン量測定キットの使い方

検査キット購入から結果受け取りまでの流れを説明します。

  • WEBで申し込み
  • 検査キットお届け
  • 毛髪採取・ポスト投函
  • 検査結果のメール通知

毛髪は5本〜10本、根本からカットして台紙に貼り付けます。

意外と自分でカットするのが難しかったので、誰かに切ってもらう方がおすすめです。

(ただでさえ大事な髪の毛を、必要以上にカットしてしまうのは結構ショック…)

結果は2週間ほどでメールで届きます。

料金5,980円(税込)+送料
入手方法ネット
検査対象男性
※男性用のため、女性の使用は勧められていないようです
COLUMN

生活習慣の改善で治るのか|結論、難しい

AGAの治療に踏み込めない中年男性が増えてきています。その中には「自力でなんとかする!」とさまざまな方法を試している人がいます。例えば、生活習慣の改善です。

毎日ジャンクフード、脂っこい食事、偏った食生活を改善すれば頭皮の環境もよくなるのでは?と思ってませんか?

たしかに、健康的な頭皮環境を作るためには、食事内容を変更するのは大切です。しかし、AGAの症状を抑えることができるのか、というとそれは違います。

AGAは男性ホルモンが影響していますが、食事内容を変えただけで変わることはないと思った方がよいでしょう。

寝不足やストレス、喫煙などの習慣も、直接的な改善には繋がらないのです。生活習慣の改善は、AGA治療と同時に行うのがおすすめです。土台を整えることで、髪が生えてきやすい環境を整えるようにしましょう。

AGAの予防や改善のために見直したい生活習慣!

AGA治療の方法|基本は投薬治療

AGA治療には大きく3つの方法があります。

  • 投薬治療
  • 注入治療
  • 植毛

投薬治療で改善|AGAのタイプから薬を選択

AGAの原因はDHTが関わっているとお話ししました。

AGA治療はDHTの生成を抑える飲み薬の服用がメインとなります。

主に処方される薬は下記のいずれかです。

  • フィナステリド
  • デュタステリド

2つの違いについては、長くなるので下記の記事をご覧ください。

AGAの治療薬の種類|薄毛に効果があるのは塗り薬?飲み薬?プロペシア・ミノキシジルなどそれぞれの効果と副作用を徹底解説

あわせて、飲む育毛剤とも言われる、発毛を促す治療薬「ミノキシジル」を治療に取り入れることもあります。

注射や毛根移植で徹底的に治す|HARG療法など

AGAといえば、飲み薬や塗り薬での治療が一般的でした。しかし、最近では【HARG療法】という何やらかっこいい名前の治療法が登場しているそうです!

HARG療法は、頭皮に栄養を直接注入することで、細胞の働きを活性化させるというものです。

注入方法は、クリニックやサロンによって変わってきます。注射を用いて注入するものから、レーザーを使って注入する方法まであります。

1ヶ月に1回程度の注入を半年以上続けていく必要があります。薬との併用することで、より発毛を促進することができるようです。

これでもどうしても改善が見られない場合、最終手段としておすすめなのが毛根移植です。これはAGAの影響を受けにくい後頭部の毛根を、薄毛が気になる部分に移植する方法です。手術をすることになりますが、日帰り可能です。効果は出やすいですがお値段が高い治療法でもあります。

関連記事:育毛メソセラピーの効果と副作用|AGA治療が自分でできる?HARGとの違いと費用相場も紹介
HARG療法で薄毛治療|育毛効果のあるクリニック、痛みやメリット・デメリットを徹底解説

植毛

植毛とは、AGAの影響を受けない部分から毛根を採取し、薄毛の部位に移植する方法です。

自分の毛根を使用するため、定着後は自分の毛髪として生え替わりを続けます。

金銭的な負担はかかりますが、治療薬だけでは効果が乏しいという方には劇的な変化が得られるため、近年人気のある治療方法です。

ただし、AGAの進行自体を抑えるわけではないので、あわせて投薬治療を続けていくのがオーソドックスです。

関連記事:自毛植毛とは?仕組みと手術方法・費用や増毛との違いを解説!

AGA検査キット、一度は使ってみるべし

笑顔で髪を触る男性

薄毛が気になりだしたら、まずはAGA検査キットを使うのがおすすめです。

いきなりクリニックに行くのに抵抗があるという方も、すでにAGA治療を進めているという方も、ぜひ使ってみてください。

  • 大人気のオンライン診療限定でAGAスマクリに「初回1ヶ月無料おためしコース」が登場!

AGAスマクリ 30秒で簡単予約 毎月4,980円のAGA治療

「コロナ下でクリニックに行くのはためらいがある…」
「AGA治療は費用が高くてなかなか始められない」

そんなあなたにAGAスマクリから朗報です!

通常、5,980円(初診料1,000円、治療薬4,980円)かかるところ、おためしコースなら初月は0円でAGA治療がスタートできます。

2ヶ月目以降も毎月4,980円(税込)でAGA治療ができます。

【初回】

初診料0円
治療費0円
送料0円

【2回目以降】

再診料0円
男性プラン
(フィナステリド1.3mg+ミノキシジル5mg)
4,980円(税込)
女性プラン
(ミノキシジル2.5mg)
3,000円(税込)
送料0円

\”おまとめ便” ならさらにお得!/

期間料金割引率
2ヶ月9,630円(税込)3%
3ヶ月13,894円(税込)7%
6ヶ月26,294円(税込)12%

送料も無料!1ヶ月無料で受診するには、専用フォームからの申し込みが必要です。

まずは無料のオンライン相談からご予約ください。

AGA検査に関するよくある質問

AGA検査質問

ここではAGA検査にまつわるよくある質問を集めました。ぜひ、参考にしてください。

AGA遺伝子検査の信憑性はどうなの?

A.AGA遺伝子検査はあくまでAGAになりやすい傾向を示している検査です。

AGAには遺伝要因と環境要因があるので、遺伝要因のみでAGAが発症するかを判断することはできません。

遺伝子検査はあくまで発症しやすいかの傾向をみる検査です。

AGA遺伝子検査の費用はどのくらい?

A.AGA検査の費用の相場は10,000~20,000円です。

遺伝子検査の費用はサポートの有無などによって変動します。自分に一番合うAGA検査を見つけましょう。

AGA遺伝子検査だけ受けることはできるの?

A.WEB申し込みで検査キットを手に入れることができます。

将来AGAになるのではないかという方は、まずは遺伝子検査キットを申し込むことから始めてはいかがでしょうか。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2022年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2022】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼本サイトについて

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄
AGA遺伝子検査の信憑性はどうなの?

A.AGA遺伝子検査はあくまでAGAになりやすい傾向を示している検査です。
AGAには遺伝要因と環境要因があるので、遺伝要因のみでAGAが発症するかを判断することはできません。
遺伝子検査はあくまで発症しやすいかの傾向をみる検査です。

AGA遺伝子検査の費用はどのくらい?

A.AGA検査の費用の相場は10,000~20,000円です。
遺伝子検査の費用はサポートの有無などによって変動します。自分に一番合うAGA検査を見つけましょう。

AGA遺伝子検査だけ受けることはできるの?

A.WEB申し込みで検査キットを手に入れることができます。
将来AGAになるのではないかという方は、まずは遺伝子検査キットを申し込むことから始めてはいかがでしょうか。