ハゲの原因のウソ本当!男性ホルモンが薄毛の関係にあり?テストステロンと増減と薄毛

2020年7月7日

ハゲの原因のウソ本当!男性ホルモンが薄毛の関係にあり?

この記事を書いた人

伊藤 幹彦

AGA治療だけでなく、心臓血管外科、循環器専門医として多くの患者の健康維持に貢献。

薄毛は、日本人男性の3人に1人は悩んでいると言われるほどの身近な悩みとなっています。

その薄毛の原因は大半はAGA(男性方脱毛症)によるものだと言われています。

最近では、CMやWeb広告でも目にすることが増えたAGAですが、どういうものなのか分かっていない方も中にはいます。

そこで今回は、薄毛、AGAの原因や対策、大勢の方が疑問に思っていることなどについて詳しく解説したいと思います。それでは、見ていきましょう。

男性ホルモンが原因でハゲるは本当!ただし、男性ホルモンにも種類あり

しましまの服で目を見開いてこちらを見ている男性

男性ホルモンが多いとハゲる、薄毛になりやすいなどと、誰でもどこかで一度は聞いたことあると思います。

疑いなく信じている方も中にはいらっしゃるようです。

しかし、冷静に事実関係を整理してみると、男性ホルモンが多いとハゲるなど、この単純公式が成り立つなら、男性ホルモンが大量分泌される若い男性はみんな薄毛に悩んでいることになります。

ですが、実際の若い男性の頭を見てみると、ほとんどの方がフサフサですので、男性ホルモンが多いとハゲると言い切るのは極端であることがわかります。

そこで今回は、ハゲる本当の原因について説明したいと思います。

テストステロンとDHTジヒドロテストステロン

医師

テストステロン(HT)は、数種類ある男性ホルモンの中でもとくに名前を聞く機会が多いのではないでしょうか。

男性ホルモンの一種で、95%が精巣、5%が副腎で作られる男性ホルモンの一種です。

テストステロン(HT)は、筋肉や骨格を男性らしく発達位させることや、二次性徴を促したり、性欲を促進させる働きがあります。

そしてジヒドロテストステロン(DHT)も男性ホルモンの一種で、テストステロン(HT)が酵素の作用を受けることにより作られます。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、性欲を撃退させる作用や、薄毛を促進させる作用があります。 男性ホルモンは、ヒゲを生やす、声を低くする、がっちりとした体格にするなどの男性らしさの形成に関与しています。

ジヒドロテストステロン(DHT)の男性ホルモンとしての作用はテストステロン(HT)よりも強いとされています。

DHTが多くなるとAGAのリスクが高まる

頭をかいている男性

男性ホルモンの一種のジヒドロテストステロン(DHT)の増加がAGAの1番の原因となります。

DHTとは、同じく男性ホルモンの一種テストステロンと、5α-リダクターゼという酵素が結びつき生成されます。この5α-リダクターゼは全身に存在しているのではなく、毛乳頭細胞や前立腺などにしか存在していません。

男性らしい身体を作る上で必要なものではありますが、DHTが増えすぎるとAGA発症の原因になってきます。

DHTは、男性ホルモン受容体と結びつくと、TGF-βという脱毛指令の伝達約となる因子を大量に増やします。TGF-βが増えると細胞分裂して、髪の毛を作る指令を出す細胞の働きを低下させるため、今ある髪の毛が早く抜け落ちてしまいます。

その結果ヘアサイクルが短縮し、AGAの発症に大きく影響しています。髪の毛が健やかに育つ成長期が短くなってしまい、毛髪1本1本の生涯が極端に短くなってしまいます。

このように、本来ですと2〜6年あるとされる髪の毛の成長がわずか数ヶ月になってしまいますので、毛髪がしっかりと成長できずに軟毛や抜け毛の量が増えてしまいます。

だからといって、早めに抜け落ちた髪の毛を補うことはありませんので、じわじわと薄毛が進行していくのです。

M字ハゲとO字ハゲでも原因が異なる

虫眼鏡で頭皮を見る男性

あなたがM字ハゲかO字ハゲかによって原因が異なります。

額から生え上がって進むM字ハゲの薄毛の原因は、AGAによるものが多いですが、髪の毛を伸ばして縛っている場合など、間にもけた頭皮に対して同じ方向に力をかけ続けることによる機械性脱毛も考えられます。

頭頂部にあるつむじ部分が薄くなるO字ハゲの場合、遺伝が関連していることが多いです。

その他にも、加齢やホルモンバランスの乱れ、精神的なストレス、生活習慣の乱れの他に臓器や組織の異変が原因となることがあります。

AGAは頭皮付近に分布している5α-リダクターゼという酵素によって男性ホルモンの一種であるテストステロン(HT)がジヒドロテストステロン(DHT)という別の男性ホルモンに異変することで起こります。

つまり、O字ハゲは頭頂部付近に5α-リダクターゼが多く分布されていることが原因と言えるでしょう。

5α-リダクターゼはヒゲやワキにも多く分布されていますが、頭皮にある間葉系細胞と顔やワキにある上皮系細胞の違いから、分泌される物質も異なります。

そのため、同じ5α-リダクターゼが分泌されていても「ヒゲや脇毛は濃いのに髪は薄くなる」といった現象が起こるのです。

 

DHTを増加させてしまう原因!影響が強いのは遺伝

オレンジの帽子で頭を押さえながら口を開けている男性

ジヒドロテストステロン(DHT)が増加すると、身体上の異変やトラブルが置きやすくなります。

AGAはもちろん、前立腺肥大症やニキビの原因になります。それらの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が増える原因はいくつかあります。

食事や睡眠などの生活習慣によるもの、仕事や対人関係などのストレスによるもの、運動不足や頭皮の環境、遺伝など様々な原因が考えられます。

そこで今回は、なぜジヒドロテストステロン(DHT)が増えるのか原因を詳しく解説いていきたいと思います。

食事・睡眠等の生活習慣

寝ている男性

AGAの原因は食事や睡眠といった生活習慣の乱れも大きく影響を与える可能性があります。5α-リダクターゼの活性を抑える働きを持った栄養が存在します。

そのため、過度なダイエットをしたり、偏った食事を続けると、5α-リダクターゼの活性が抑えられずにジヒドロテストステロン(DHT)を増やす原因となってしまいます。

その結果、髪の毛を作るのに必要な栄養素が不足してしまうのです。

また、飲酒や喫煙といった習慣によって血流の悪化を招き、髪の毛に必要な栄養が届きにくくなります。

更に、睡眠サイクルの乱れや睡眠不足、過度なストレスが自律神経やホルモンバランスを乱し、正常なヘアサイクルの妨げになり、AGAを発症したり、症状が悪化する恐れがあります。

仕事や対人関係などのストレス

怒りの表情の男性

仕事や対人関係などのストレスによって男性ホルモンは増加します。

なぜ増加するかというと、自律神経の働きと関係があります。自立神経には交感神経と副交感神経があります。

緊張しているときには交感神経が優位に働き、リラックスしているときには副交感神経が優位に働きます。

この交感神経には、男性ホルモンの分泌を促す作用があり、ストレスがfy得るほど、交感神経が優位に働き、それと比例して男性ホルモンが増えることによってジヒドロテストステロン(DHT)も生成されやすくなり、その結果、ストレスが溜まっている方はAGAになる可能性があります。

ですので、ストレスのない生活を送るように心がけることでAGAの予防につながるといえるでしょう。

また、ストレスによって活性酸素が増えると言われており、活性酸素を分解する場合、亜鉛が消費されます。

この亜鉛は、5α-リダクターゼが結びつきやすくなり、ジヒドロテストステロン(DHT)を抑制する働きがあります。その結果、亜鉛が消費されてしまうことでジヒドロテストステロン(DHT)が増える原因となってしまいます。

運動不足

準備運動をしている男性

運動は血行を促進するためにかかせませんが、血行は髪の毛の成長と深く関わっています。

運動によって汗をかくときに、ジヒドロテストステロン(DHT)を排出します。そのため、運動不足もジヒドロテストステロン(DHT)を増やしてしまう要因です。

体内で生成されたジヒドロテストステロン(DHT)は、発汗や排尿などによって排出できます。

ところが運動不足になりますと汗をかきにくく、発汗によってジヒドロテストステロン(DHT)を排出する効果が得られないのです。

排尿によるジヒドロテストステロン(DHT)の排出効果も高いのですが、排出を促すには、運動して汗をかくとともに排出する対策も重要ですが、過度なハードトレーニングは良くないので注意してください。

頭皮の環境

髪を書き上げる男性

毎日の洗髪を丁寧に行わないと、落としきれなかった皮脂が過酸化脂質になったり、皮膚常在菌の以上繁殖を引き起こしたりします。

その結果、炎症やフケが生じてしまい、皮膚のバリア機能を低下させ、毛根にダメージを与えます。

また、ご自身の頭皮に合わないシャンプーを使用していたり、頭皮ケアを怠ってしまうと徐々に頭皮が固くなっていき、髪の毛が育ちにくい環境になったり、抜け毛につながってしまいます。

高脂質、高カロリー、高糖質なものを食べ続けると、血行が悪くなるため頭皮環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

また、喫煙も血管を萎縮させるので、頭皮の血行が悪くなり、髪の毛が生えにくい環境になりますので避けた方がいいでしょう。

遺伝

カウンセリングをする女性医師

直接対策を行うことができないのが遺伝です。

遺伝によって生まれつき5α-リダクターゼの活性が高い人がいます。

そのため、男性ホルモンの増加とともに薄毛になる確率は一段と上がります。5α-リダクターゼや男性ホルモン受容体の活動が活発的であれば、生活習慣が少し乱れただけでもAGAになりやすくなるので注意しましょう。

5α-リダクターゼは両親から、男性ホルモン受容体は母方の祖父から遺伝すると言われていますので、両親や祖父母などの親族にハゲている人がいる場合は遺伝子を受け継いでいる可能性が高いです。

ただ、遺伝したからといって必ずハゲるわけではなく、AGAになりやすい体質が遺伝するだけですので、しっかり対策をすることで立ち向かうことができます。

DHTを抑制する方法|フィナステリドやデュタステリドといった酵素の阻害薬が有効

ザガーロ 、フィナステリド、プロペシアの画像
画像引用:東京スカルプクリニック

AGAの治療薬には様々な種類があります。

その中でも多く処方されているのが、テストステロン(HT)を悪玉ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変換しない、フィナステリドやデュタステリドという薬です。

この薬は、男性ホルモンを高めながらもリスクを回避することが可能になっています。

承認が下りているAGAの治療に使用される5α-リダクターゼの阻害薬であるフィナステリドやデュタステリドについて説明したいと思います。

フィナステリドの効果

ED治療薬

フィナステリドは、Ⅱ型5α-還元酵素阻害薬に分類されます。

5α-リダクターゼを阻害しAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生産を抑制します。

ヘアサイクルを整え、成長期をある程度元に戻すことで細くなった髪の毛にこしがでたり、休止期の髪の毛も成長期になり、薄毛になったところから産毛が生えてくるようになり薄毛やAGAを改善します。

98%の人がフィナステリドを服用することにより発毛効果が見られています。

フィナステリドを継続的に服用すつことで、現状維持から軽度改善の効果が期待できます。効果がしっかりデてくるまでに、早い人で3〜4ヶ月ほど、一般的には6ヶ月程度で効果を実感できます。

フィナステリドは成分名ですが、同時にプロペシアのジェネリックとしての名前でもあります。特徴を簡単にまとめました。

治療薬の種類・プロペシア
・フィナステリド錠(ジェネリック)
阻害する酵素Ⅱ型5α-還元酵素
血清半減期6〜8時間
副作用性欲減退・ED・肝機能障害
※DHTの合成を完全に阻止するわけではないため、性的機能に影響を与える可能性はほとんどなし

デュタステリドの効果

薬

デュタステリドは比較的新しい薬です。

フィナステリドと同様に5α-リダクターゼの働きを抑えることで、ジヒドロテストステロン(DHT)の生産を抑制します。

しかしデュタステリドは新しい薬ということもあり、AGA治療に対する効果が高いと言われています。

なぜかというと、フィナステリドよりも阻害する5α-リダクターゼの種類が多いからです。実は5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型のⅡ種類あります。

フィナステリドはⅡ型の5α-リダクターゼを阻害するのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方の5α-リダクターゼを阻害します

その結果、阻害する5α-リダクターゼの種類が多いデュタステリドの方が、より治療効果の幅が広いのです。

ただし、その分フィナステリドより副作用の発現率が上がる可能性も否めません。飲み忘れ時の服用方法など、必ず医師の言いつけを守り、安全な服用を心がけましょう。

治療薬の種類ザガーロ
阻害する酵素・Ⅰ型5α-還元酵素
・Ⅱ型5α-還元酵素
血清半減期3〜5週間
副作用性欲減退・ED・肝機能障害
※DHTの合成をほぼ完全に阻害するため、性的機能に影響を与える可能性あり

おすすめの薄毛治療クリニック|AGA専門の病院

クリニック選びの際、薄毛がきちんと治るかどうかが最も重視するポイントです。

AGAにきちんと対処するためには、自分に合い信頼できるクリニックを選ぶ必要があります。

しかし、AGAの治療を考えてクリニックを探してもたくさんあってどこに行けばいいのか、どこが効果があるのかわからず迷ってしまうと思う人も多いと思います。

そこで今回はヘアメディカル、AGAヘアクリニック、AGAスキンケアクリニックの3つに絞り、特徴を紹介したいと思います。

ヘアメディカル:高い技術力

ヘアメディカルクリニックは、皮膚科医、形成外科医、メンタルヘルス(精神神経科)など、様々な専門医が連携して治療に取り組んでいるので技術力がかなり高いです。

ヘアメディカルグループには、190万件もの治療実績があり、改善事例もたくさんあります。

主に、単剤処方治療、アドバンスト発毛治療、治療薬があります。 単剤処方治療では、主に抜け毛の予防をしたい人におすすめの治療法です。

検査の結果にお浮いて、その人に合った治療薬が処方されます。

アドバンスト発毛治療は、より積極的に発毛を促進したい人におすすめです。内服薬と外用薬を症状に王いて処方し、生活習慣や食習慣に対するアドバイスが受けられます。

治療薬は、フィンペシアとデュタステリドを用いて薄毛治療を行っています。

店舗東京・愛知・大阪・福岡
営業時間店舗によって異なる
休診日不定休
電話番号店舗によって異なる
料金月10,000円〜
支払い方法医療ローンの取り扱いなし。来院ごとの都度払い。

AGAヘアクリニック:テレビ電話によるオンライン診察

AGAヘアクリニックの1番の特徴といえば、テレビ電話によるオンライン診察です。

専用のアプリをインストールすれば、クリニックへ行かずに自室などで専門医の診察受けられます。

一般的にAGAのヘアクリニックはどうしても都心に集中してしまうので、地方在住の人は通院面で大変ですが、テレビ電話によるオンライン診察であれば、無料で遠隔治療が受けられるので安心して治療を受けることができます。

もうひとつの特徴として、初診、再診、医療相談料、テレビ電話新脱量が無料と、金額がリーズナブルなことです。

もちろん診察や相談は何度でも可能なので、納得がいくまで質問することが出来ます。

最後に、人によって特定の成分にアレルギーを起こしてしまう場合があるので、そういった副作用が起きる可能性がないか血液検査を必ず行います。

予約方法専用アプリ
ネット予約
電話番号0120-8219-55(受付時間:11:00~21:00)
支払い方法・来院の場合:VISA/Master/AMERICAN EXPRESS/JCB/Diners Club/DISCOVER
・テレビ電話の場合:VISA/Master/AMERICAN EXPRESS
店舗秋葉原本院、大宮院
営業時間11:00~21:00
休診日休診日 12/29~1/3のみ

AGAスキンクリニック:オリジナルAGA治療メニュー

AGAスキンクリニックには、ここでしか受けられないオリジナルAGA治療メニューがあります。

オリジナル治療メニューといっても、世界的に認められているので心配いりません。

オリジナルAGA治療メニューの一つに、オリジナル内服薬+外用薬「Rebirth」があります。

このRebirthには、AGAの原因となる男性ホルモンの生成を阻害する作用、頭皮の血行を促進し発毛を促す作用、ビタミンやアミノ酸などを髪の毛に栄養を与える作用、有効成分を体に吸収しやすくなる作用があり、これらの働きをまとめると、抜け毛の進行を抑制しつつ発毛を促す効果が期待できます。

オリジナル内服薬+外用薬「Rebirth」には種類があり、それぞれ効果が異なります。

タブレットAは血管を拡張し血行を促進する効果、タブレットBorDは抜け毛を抑制し薄毛の進行を抑える効果、タブレットCは髪の毛の栄養となる成分配合のサプリメント、また外用薬はタブレットAと同じ成分を含み血行促進効果があります。

内服薬、外用薬は組み合わせて使用することもできるので専門医と相談して自分に合う組み合わせを見つけてください。

店舗東京・神奈川・千葉・埼玉・札幌・宮城・青森・秋田・愛知・静岡・富山・長野・大阪・京都・兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・高知・福岡・宮崎・佐賀・長崎・沖縄
営業時間10:00~22:00
店舗によって異なる
休診日年中無休
電話番号0120-545-538
料金月2,020円〜
支払い方法・現金
・クレジットカード払い(1回・2回・ボーナス一括)
※AMEX、VISA、Master Card、American Express、Diners Club、Union Pay、J-Debit
・メディカルクレジット(医療ローン)

ハゲと男性ホルモンに関するよくある質問

初心者必見。ワックス脱毛の痛みとは?正しい施術で痛みは軽減!

ハゲと男性ホルモンに関する質問や疑問などの噂をよく耳にすると思います。

その中でもよく耳にするのが、筋トレするとハゲる、オナニーするとハゲるという噂です。よく耳にするだけあって信じている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、本当にハゲるはどうか理由も含めて説明したいと思います。

また、男性ホルモンを抑えると女性みたいになるのかについても詳しく説明したいと思います。それでは一緒に見ていきましょう。

筋トレするとハゲるって本当?

ダンベルで筋トレする男性

筋トレをするとジヒドロテストステロン(DHT)が増えるなどと言われることもありますが、実際には増えません。

筋トレをすると男性ホルモンのテストステロン(HT)が多く分泌されます。ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロン(HT)が変換されることで生成されますが、必ず変換されるわけではありません。

テストステロン(HT)が減ったときに、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換し、テストステロン(HT)の作用を補う役割とされています。

ですので、筋トレによってテストステロン(HT)が分泌されますが、ジヒドロテストステロン(DHT)を増やさないための行動になるため、筋トレするとハゲるということはありません。

オナニーするとハゲるって本当?

クエスチョンマーク

結論から述べれば、オナニーによって男性ホルモンのテストステロン(HT)は増えません。

つまり、今までみなさんがオナニーをすれば男性ホルモンが増えてしまうと認識されていたことは誤りがあり、実際関係のないことが分かりました。

射精によりテストステロン(HT)濃度が変化することはなく、禁欲することでテストステロン(HT)濃度が増加すると述べられていますので、オナニーによってテストステロン(HT)が増加することはありません。

逆に禁欲することでテストステロン(HT)濃度が増加しているので、直接的な関係があるかわかりませんがこれがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されればハゲは進行してしまうのでオナニーよりも禁欲することの方が注意が必要です。

接的な関係があるかわかりませんがこれがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されればハゲは進行してしまうのでオナニーよりも禁欲することの方が注意が必要です。

男性ホルモンを抑えると女性みたいになるの?

嫌な顔をする女性

体がバランスを取ろうとするので、男性ホルモンを抑えると女性ホルモンが優位になります。その結果、女性みたいになることがあります。

特徴としては、筋肉が少なく細い体型で、ヒゲや体毛も薄いです。

更に、顎が細い童顔タイプである場合が多いです。

そして、温厚で落ち着きのある優しい性格で協調性があるので、自己中心的な行動はあまりしないでしょう。性欲が少なく、ボディタッチやキスなどのライトなスキンシップで満足する場合で多く、セックスレスに陥ってしまう可能性もあります。

また、仕事に対するやる気をあまり感じられないため、定年まで平社員なんてことも考えられます。

他にも、食事の対してかなり気を使う人が多く、最初に野菜から摂る、オーガニック野菜中心の食事を取るようにしているなど、こだわりを持つ人もいます。

まとめ

笑顔の外人男性

これまでハゲの原因のウソ本当について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

テストステロン(HT)とジヒドロテストステロン(DHT)はどちらも男性ホルモンの一種ですが、AGAと関係があるのはジヒドロテストステロン(DHT)だけだということが分かったと思います。

つまり、男性ホルモンと一括しているのは間違いで、ジヒドロテストステロン(DHT)がAGAと大きく関係しているのです。

もしあなたがAGAで悩んでいるのであれば、今回の記事を参考に、AGAの対策や予防を始めてみてください。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄