AGAは医療費控除になる?保険は効くの?自費治療なAGA対策を安く抑える方法

2020年9月10日

AGAは医療費控除のなるの?

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

「医療費控除はAGAで受けれるの?」

「AGAの治療費用って高いんでしょ?」

など気になっていませんか?

どんな病気でも、治療が長くなれば医療費は大きな負担になりますが、AGAもそれは同じ。治療をやめれば進行するなんていわれたら、これからずっと費用がかかるわけで、不安が大きくなりますよね。

ということで、今回は、AGAの費用は医療費控除になるのかについて徹底調査!クリニックの治療法、それぞれの相場や費用を抑える方法についてもご紹介していきます。

伊藤メディカルクリニック 伊藤先生

 ご監修いただいた医師

伊藤メディカルクリニック院長
伊藤 幹彦(いとう みきひこ)

認定医日本医師会認定産業医

専門医日本外科学会認定外科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医 

所属学会日本外科学会日本胸部外科学会心臓血管外科学会血管外科学会臨床外科学会日本循環器学会

  • 東京医科大学卒業
  • 東京医科大学第2外科(心臓血管外科)入局
  • 東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科
  • 東京警察病院外科医長
  • 伊藤メディカルクリニックの院長(現職)

AGA治療だけでなく、心臓血管外科、循環器専門医として多くの患者の健康維持に貢献。

正しい知識と丁寧なカウンセリングに多くの患者が支持。

伊藤メディカルクリニック公式サイトはこちら

  • NEWS!初診からオンライン診療が可能に!

9/11新着情報
新型コロナウィルスの影響を受けて、AGAヘアクリニックでは自宅にいながらでもAGA治療が始められるよう、初診からオンラインでの診察・カウンセリングの実施を決定

緊急事態宣言が解除された今、今後の初診は来院する必要が出てくるので、このチャンスに無料カウンセリングを受けた方が絶対お得!

しかも月々の治療費用もオンラインの方が安い。

【フィナステリド配合内服薬】
通常価格5,500円 → オンライン診療で4,800円

【ミノキシジル配合内服薬】
通常価格10,00円 → オンライン診療で9,000円

AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭頂部・つむじ
AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭部

繰り返しますが、AGAヘアクリニックの初診からオンライン診療可能は衝撃です。(通常のオンライン診療は2回目からです)

一度、初診を受ければ2回目以降もオンライン完結で薄毛を治療することができます

このチャンスを見逃すのは本当にもったいないです。

※料金の詳細は公式ページをご確認ください。

※価格の表記に関して特に記載がない場合は、税込表記となっています。

AGA治療は医療費控除が原則効かない|控除の仕組み

AGAの治療で残念なことといえば、健康保険が適用できない点ですよね。

クリニックを受診して支払う医療費なのに、すべてを自分で支払うわけですからとても大きな負担となります。しかも、継続治療が必要なAGAですから、より医療費は膨れ上がります。

そこで、どうにか負担を軽くできないかと考えた時、医療費控除を使いたいと思いますよね。でも、残念なことにAGAの費用は対象外となっているんです。

どうして病院の医療費が違う扱いになるのか、詳しく説明していきます。

医療費控除ってそもそも何?納税の際の控除

疑問を抱えている男性

医療費控除とは、1年間にかかった医療費が一定の金額以上を超えた場合に、サポートしてくれる国の制度です。一定の金額とは、基本的には10万円。医療費がこれを超えれば税金が控除されますよというものなんです。

医療費として対象となるのは、内科や歯科など医師が診察、治療したものや、ドラッグストアなどで治療目的で購入した医薬品など多岐に渡ります。

ただ、美容整形とか予防のための薬や治療などは対象にならないなど、細かい規定もあるので申告の際に注意が必要です。

それから、医療費控除は、生計が一緒なら全員分の医療費を合計できます。1年分の医療にかかった費用が対象ですから、全員分の領収書やレシートを失くさないようにしてくださいね。

AGAは基本的に医療費控除の対象外|美容目的のため

電卓と豚の貯金箱

AGAの治療にかかる費用は、残念ながら医療費控除の対象になりません。それは、薄毛が健康を害する疾病ではないからです。

美容整形や美容歯科などと同じで、目が細くても、歯並びが悪くても生きる機能には影響しません。つまり、AGAになっても生きるのに問題はないと判断されているんです。

AGAは、クリニックに行けば、医師が診察し治療したり薬が処方されます。一般の病気も一緒ですよね。それでも、その行為は美容目的となり健康保険も適用されないのです。

ただ、健康保険が適用されないものすべてが医療費控除の対象外ではありません。対象となるかならないかは、税務署の判断になるため、最初から諦めないでくださいね。

ポイント

美容目的と判断されると医療費控除にはならない

COLUMN

医療費控除の勘違い?安くなるわけではない

医療費控除は多くの方が知っている制度です。しかし、意外に控除されるということだけを覚えていて、その制度を勘違いしている方も多いんですよね。

それが、医療費控除は、かかった医療費が減額されるというもの。10,000円かかった医療費が7,000になるようなイメージを持っているんです。

しかし、医療費控除は、その部分が返金されているのではありません。

私たちは、それぞれの所得に応じた税金を支払い生活しています。その1年間の生活の中でかかった医療費の超過分、つまり、定められた金額よりも総額が超えた場合に、支払いすぎた税金が戻ってくるだけなんです。

ですから、いくら医療費が高額になっても、そもそも税金を免除されていたりすれば、控除される分がないので戻りません。医療費控除の申告をする際は確認しておきましょう。

AGA治療で医療費控除される場合|医療目的ならOK           

AGAは医療費控除の対象外といいましたが、控除される場合もあるんです。それは、治療が医療目的であると判断されること。

例えば、ケガや病気で薄毛が発症したとか、脱毛症になったとかいう原因があって治療していると証明されればOKとなるんです。

これは、治療費が負担となっている方にとってありがたいですね。でも、AGAと診断されて治療するのは一緒なのに、何が違うのでしょう?ということで、OKとなる場合を詳しく見ていきましょう。

病気に育毛治療が必要な場合|治療の一環として

カウンセリングをする医師

AGAの費用が医療費控除の対象となるのは、病気やケガなどで育毛治療が必要と判断された場合です。

つまり、治すために生じた医療費であることが重要!クリニックで医師から診断を受け、この症状は治療が必要だと認められれば条件はクリアできます。

ただ、AGAになる原因はさまざまですし、治療の中には予防を目的としているものもあります。なので、合算できるかできないか、とても難しい面があるんですね。

といっても、治療が明確な目的であれば医療費控除は受けられますから、確定申告の時に慌てないために、事前に税務署に確認することは大切です。

また、証明書などがあればもっとスムーズに控除される可能性が高くなるので、医師に相談してみましょう。

ポイント

病気・ケガで育毛治療が必要と判断された場合は医療費控除の対象に

薄毛に医師が病名を付けた場合|そもそも治療に変わる

ほくろがあるとフラッシュ脱毛はNG?ほくろが消えるって本当?そんな悩みを徹底解説

AGAの治療にかかる費用で、確実に医療費控除の対象となるのが、医師が病名を付けた場合です

私たちは、病院に行った際、医師から病名を告げられ、それを治すために薬が処方されたりさまざまな処置が行われますよね。つまり、薄毛でも、医師から病名が付けられれば、それはもう完全な病気となります。

治療が不可欠な状態となりますから、医療費控除の判断材料である「治療」をクリアできるのです。

脱毛とか薄毛になってしまう病気で代表的なものは、鉄欠乏性貧血や自己免疫系の病気、甲状腺機能低下症などが挙げられます。

これらの病気を発症したために薄毛の治療が必要となれば、すべて医療費控除の対象となります。

クリニックで診察を受けた際は、薄毛がなぜ起こっているのか、医師にしっかり検査してもらってくださいね。

COLUMN

植毛でも医療費控除は無し

AGA治療で、今かなり高い人気なのが植毛です。特に、自分の髪の毛を植毛する自毛植毛は、95%の確率で生着し元から生えていた髪の毛のように成長していくため施術する方が多くなっています。

手術とはなるものの通院の必要もなく、一度で薄毛が解消できるのですから、これほど嬉しい方法はないですよね。

難点といえば、手術であり高い技術が必要な植毛は、医療費がとても高額となるところ。これこそ、医療費控除の対象となれば助かるのですが、残念ながら対象外です。

ただ、明らかに病気やケガなどで髪の毛がなくなり治療が必要と認められたら、医療費控除OKになることも!

可能性は低いですがゼロではないので、該当する場合は、税務署に問い合わせてみるといいですよ。

AGA治療の費用はどれくらいかかるの?費用相場

医療費控除についてご紹介してきましたが、そもそもAGA治療にはさまざまな種類があり、費用もまったく違ってきます。

でも、AGAはそもそも健康保険が使えないから、医療費が高くなると思い込んでいる方も多いのではないでしょうか?

ここからは、以下の3つの治療法それぞれの、医療費の相場を見ていきます。

AGAの3つの治療法と医療費

1・ 投薬治療でかかる医療費

2・ 注入治療でかかる医療費

3・植毛でかかる医療費

それぞれ、どんな治療法なのかとともに、いくらの医療費が必要なのかをご紹介していきますよ。

投薬治療の費用相場|AGA治療で最も一般的

ED治療薬

AGAの治療で最も一般的なのが、投薬治療です。その治療にかかる費用は?

約7,000円~20,000円

かなり差がありますね。

AGAの薬は2種のタイプがあり、一つは、5α-リダクターゼという酵素をブロックする働きをするもの、もう一つは、血行不良を改善するものです。

治療には、どちらか1つの方もいれば併用している方もいますが、これは、どういう治療を希望するかとか、医師の判断などによって決まってきます。

また、AGAの薬は、自由に価格を設定できます。そのため、薬そのものの価格の違いや、1種だけか併用するかなどで金額に差が出てしまうのです。

といっても、もっと低い費用で薬を処方しているクリニックも多数あります。気になるクリニックのHPで、医療費チェックを忘れずに!

AGA治療薬の種類や効果・副作用について見てみる

注入治療の費用相場|クリニックごとに様々

注射器

AGAの治療で、投薬よりも早い効果、または投薬と併用して行うとより高い効果が得られるといわれるのが、注入治療です。こちらの相場がいくらかというと?

約50,000~150,000円

平均にもかかわらず、かなりの価格差がありますね。

注入治療には、「HARG療法」と「メソセラピー」があって、HARGのほうが髪を発毛、育毛する効果のあるHARGパウダーという成分が配合されています。

メソセラピーの成分も有効ではありますが、このパウダーが配合されているかいないかで価格差が生じるのです。

また、この成分は、クリニックではカクテルと呼ばれ、独自の配合となっています。そのため、クリニックごとに費用がさまざまで、相場にも差が出てしまうのです。

注入治療に興味がある方は、カクテルに何が含まれているか、総額ではいくらくらいの医療費がかかるのかをしっかり聞いてくださいね。

メソセラピーの効果と副作用、費用相場について詳しく見てみる
HARG療法の効果と副作用、費用相場について詳しく見てみる

植毛の費用相場|最も高額だが最も効果が高い

女性医師に頭皮の状態を見てもらう男性患者

AGA治療の中で費用も効果もダブルで高いのが、自毛植毛です。その費用相場がいくらかというと?

約800,000~1,000,000円

医療費といっていいか分からないほど高いですね。

自毛植毛は、自分の髪の中でも良い状態のものを1本ずつ抜いて植毛していく方法です。高い技術力が必要ですし、治療は手術となりますから医療費もとても高額になってしまいます。

ただ、自分の髪なので拒絶反応などもなく、安心して薄毛を解消していけるため、高額だけれども効果も最高といえる治療法です。

とはいえ、植毛は美容目的と捉えられる要素が高いので、医療費が高くても医療費控除の対象とはなりにくいです。

ただ、植毛する部分が少なければ、手術する部分も少ないので医療費が高くなるとは限りません。クリニックで相談してみるといいですね。

植毛治療の効果や相場費用、メリットデメリットについて見てみる

ポイント

投薬・注入治療と植毛治療では医療費に天地ほどの差がある

COLUMN

費用を安く抑えるには?ジェネリックを活用

AGAの治療にかかる費用は、どの方法を選ぶかで変わってきますが、最も費用を抑える方法は投薬しかありません。

ただ、この投薬でも費用が違って、選ぶ薬で差が出ます。特に、継続していくものですから、1カ月にかかる費用が少しでも抑えられれば、トータルすれば大きな節約になります。

そこで、活用したいのがジェネリック。AGAの治療薬にもジェネリックが存在し、多くの方たちが費用を安く抑えながら治療をしているのです。

ただ、クリニックによっては、オリジナルの治療薬しか用意されていなかったり、ジェネリックを取り扱っていないところもあります。

せっかくあるジェネリックですから、費用削減のためにも医師に相談してみてくださいね。

ジェネリック治療薬はどのくらい安くなる?料金を詳しくチェック!

おすすめのクリニック3選!少しでも安くしたい方に

AGAの治療費用が、医療費控除の対象にならないと聞いて残念に思っている方も多いですよね。

ただ、一般的に医療費控除は、1年間の医療費が10万円以上にならなくてはなりません。生計を一緒にしている家族が多い人であれば、余裕で超える額かもしれませんが、意外に超えない人も多いのが現状です。

なので、費用を心配するのは分かりますが、無理やり医療費控除を考える必要はなし!医療費が安く済むところで治療すればいいんです。ということで、費用をバッチリ抑えられる、おすすめのクリニックを3つご紹介していきます。

安くするための制度多数!「ウィルAGAクリニック」

ウィルAGAクリニック
店舗表参道院、銀座院、立川院
営業時間11:00~20:00
休診日不定休
電話番号0120-218-540
料金1,480円~
支払い方法・現金
・クレジットカード
※ VISA、Mastercard、JCB、American Express、ダイナースクラブカード、Discover Card
・ メディカルローン

ウィルAGAクリニックは、表参道を本院として銀座院、立川院の3院を展開しているAGAクリニックです。

費用や身体の負担などを心配せず、安心・安全に治療することを使命としていて、1万人以上の実績があります。

費用削減の治療、発毛が優先など、一人一人の要望に合った最適な治療プランを提案してくれるので、無理なく治療を始められると高い人気があります。

特に、費用の軽減には力を入れていて、全額返金保証や、最大40%オフの特別価格で治療できるモニター制度もあります。

また、医療費控除のサポートもやっていて、確定申告の際の相談にも対応してくれます。

注入治療が体験価格でできたり、クリニックオリジナルの育毛ホームケア製品が特別価格で試せるなどのキャンペーンもあるので、カウンセリングを受けてみるといいですよ。

スマホで相談できる「髪のクリニックSeed」

東京でAGA治療。MOTEOおすすめのクリニックランキング(口コミ・評判付き)
画像引用:髪のクリニックseedHP
住所東京都渋谷区渋谷2-8-2 荻津ビル5階
最寄駅渋谷駅(12番出口)
営業時間月~日 10:00~19:00
休診日不定休・祝日
電話番号03-6427-1608
料金5,500円〜
支払い方法・現金一括
・クレジットカード
※VISA / MasterCard / JCB / American Express / Diners

髪のクリニックSeedは、渋谷にあるAGAクリニックです。ここの特徴は、診察や治療などがスマホですべて完了できるところです。

一般的に、AGA治療は経過をしっかり観察するのが大切なので、通院します。その頻度は1ヶ月に1回程度。

でも、予定が入ってしまって行けないこともありますし、交通費も意外に負担となりますよね。また、治療中は何かと心配や不安がでてくるものですが、いちいち来院するのも…と諦めてしまいがちです。

でも、髪のクリニックSeedなら、スマホがあれば、いつでも無料で医師とマンツーマンで相談が可能。どんな小さな悩みでも、オンラインで状態を確認しながら診察してもらえます。

業界最低水準の医療費でありながら丁寧な診察を受けられますから、クリニック選びの際は候補に入れておくのがおすすめです。

月3,000円の遠隔治療「ふくろうアイクリニック(旧:G.グリーンクリニック)」

G.グリーンクリニック
住所千葉県千葉市中央区富士見1-2-11 勝山ビル5階
最寄駅JR線 千葉駅から徒歩3分
営業時間12:00〜18:30
受付は18:00まで
休診日木曜日
電話番号0120-973-751
※電話での予約は来院診察のみ
料金3,000円〜
支払い方法・現金一括
・クレジットカード
(VISA、MasterCard、AmericanExpress、DinersClub、JCB)
・コンビニ決済(LAWSON、Family Mart、ミニストップ、Seicomart)
・銀行振込決済
・後払い決済(NP後払い)※利用上限55,000円(税込)

ふくろうアイクリニック(旧:G.グリーンクリニック)は、千葉県にあるAGAクリニックです。埼玉となると通える方が限定されてしまうと思われがちですが、全国どこからでも診療できるにように、オンライン診察を実施しています。

また、新しいスタイルの治療法で、かかる医療費も、1カ月3,000円、9,000円のプランだけ。追加費用も一切かからないので、安心して治療を続けることができます。

ただ、初診だけは対面して診察するのが原則となっています。そのため、遠方の方は治療が受けられない可能性もありますが、症状によって変わりますから問い合わせてみるのがいいでしょう。

また、シンプルな治療スタイルが特徴ではありますが、患者が興味のある治療法や、気になっている薬などに関してもしっかり対応してもらえます。遠いから…と諦めず、相談してみるのがおすすめです。

まとめ

AGAの費用が医療費控除の対象になるか、少ない費用で治療できるクリニックなどをご紹介してきました。

一番残念だったのは、基本的に、AGAの費用は医療費控除にならない点でしょう。

AGAが発症してしまった方からすれば、薄毛はとてもツラい症状でもあり、クリニックで医師に診察してもらっているのに範囲に入らないのは、納得がいかないのも当然です。

しかし、治療目的であることが明確であれば適用できることも分かりました。また、ご紹介したように、費用を抑えているところもいっぱいです。

医療費控除にこだわらず、クリニックの選び方次第ではもっと医療費を抑えることができるんです。

AGA治療は、自分にピッタリの方法で負担にならずに進めていくことが理想です。まずは、気になるクリニックを見つけてカウンセリングを受けるところから始めて、もっとお得な情報を見つけちゃいましょう!

  • NEWS!初診からオンライン診療が可能に!

9/11新着情報
新型コロナウィルスの影響を受けて、AGAヘアクリニックでは自宅にいながらでもAGA治療が始められるよう、初診からオンラインでの診察・カウンセリングの実施を決定

緊急事態宣言が解除された今、今後の初診は来院する必要が出てくるので、このチャンスに無料カウンセリングを受けた方が絶対お得!

しかも月々の治療費用もオンラインの方が安い。

【フィナステリド配合内服薬】
通常価格5,500円 → オンライン診療で4,800円

【ミノキシジル配合内服薬】
通常価格10,00円 → オンライン診療で9,000円

AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭頂部・つむじ
AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭部

繰り返しますが、AGAヘアクリニックの初診からオンライン診療可能は衝撃です。(通常のオンライン診療は2回目からです)

一度、初診を受ければ2回目以降もオンライン完結で薄毛を治療することができます

このチャンスを見逃すのは本当にもったいないです。

※料金の詳細は公式ページをご確認ください。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄