20代(大学生)のハゲは治るか?20歳から薄毛の原因とその対策・予防方法まとめ

2020年4月7日

20代のハゲは治るか?原因と対策・予防方法

この記事を書いた人

伊藤 幹彦

AGA治療だけでなく、心臓血管外科、循環器専門医として多くの患者の健康維持に貢献。

男性にとってハゲや薄毛は永遠のテーマ。

「祖父や父がハゲたから仕方ない」と諦める方もいるでしょう。

ハゲや薄毛の原因はもちろん遺伝によるケースもありますが、生活習慣やストレス、誤ったヘアケアなどが原因のケースもあります。

この記事では「20代のハゲや薄毛は治るのか?」という疑問に対し、ハゲや薄毛の主な原因について解説。ハゲや薄毛になりやすいポイントを確認し、抜け毛が増えた方におすすめの予防方法をご紹介します。

なお、薄毛治療の全体像について把握したい方は「【最前線】薄毛治療の種類や薬まとめ!抜け毛が気になるなら知りたい薄毛治療の費用と効果」に目を通しておくことをおすすめします。

  • NEWS!

7/2新着情報
新型コロナウィルスの影響を受けて、AGAヘアクリニックでは自宅にいながらでもAGA治療が始められるよう、初診からオンラインでの診察・カウンセリングの実施を決定

AGAヘアクリニック 初診オンライン

緊急事態宣言が解除された今、今後の初診は来院する必要が出てくるので、このチャンスに無料カウンセリングを受けた方が絶対お得!

しかも月々の治療費用もオンラインの方が安い。

【フィナステリド配合内服薬】
通常価格5,500円 → オンライン診療で4,800円

【ミノキシジル配合内服薬】
通常価格10,00円 → オンライン診療で9,000円

AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭頂部・つむじ
AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭部

繰り返しますが、AGAヘアクリニックの初診からオンライン診療可能は衝撃です。(通常のオンライン診療は2回目からです)

一度、初診を受ければ2回目以降もオンライン完結で薄毛を治療することができます

このチャンスを見逃すのは本当にもったいないです。

※料金の詳細は公式ページをご確認ください。

大学生になってから抜け毛が急に増えた?20代に多い薄毛の原因

20代に多い薄毛の原因

「20代なのに抜け毛が増えてきた」とお悩みの方、諦める前に薄毛の原因を確認しましょう。

20代に多い薄毛の原因は、大きく分けて4点あります。自分の生活スタイルを見直すことで、薄毛やハゲになりやすい環境を改善できます。

  • 男性ホルモンの影響
  • 不規則な食習慣
  • 過度なストレス
  • 誤ったヘアケア習慣

なぜ薄毛やハゲの原因となるか解説し、生活面での注意点をご紹介します。薄毛対策を継続して取り組むことで、乱れた毛髪サイクルを正常化することにつながりますよ。

原因①:男性ホルモンの影響

テストステロン

テストステロン(男性ホルモン)は5αリダクターゼ(還元酵素)と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。

男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が増加すると、髪の毛が生え変わる「毛周期(毛髪サイクル)」を乱れることが判明しました。

AGA(男性型脱毛症)のサイクルでは正常な発毛サイクルに比べて成長期から休止期までの期間が短くなるため、ボリュームダウンと薄毛の原因と言えるでしょう。

agaの毛周期
期間正常なヘアサイクル乱れたヘアサイクル
成長期毛が太く成長
(2年~6年)
成長期を短縮
(6カ月~1年)
退行期毛の成長がストップ
(2~3週間)
大きな変化はなし
休止期毛が抜け落ちる
(3~4カ月)
新しい毛が生えにくい
(休止期が長い)

AGAの原因について詳しく知りたい方は「AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?」でも詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

原因②:不規則な生活習慣

テーブルでランチプレートで食事する男性

「毛の主成分はタンパク質」であることを存知でしょうか。

不規則な食生活によってタンパク質が不足すると、薄毛やハゲを進行させてしまいます。20代は仕事やプライベートが忙しく、食事への配慮を忘れがち。食習慣を見直すことが大切です。

まず、髪の毛の栄養をしっかり確保するために、タンパク質作りに必要な「亜鉛」が欠かせません。その際、血行促進に役立つ「ビタミン」も忘れずに摂取しましょう。

毛髪の成長を促すホルモンは、22時~2時頃に多く分泌されています。

夜遅い時間に食事すると、消化をサポートするために血流が腹部に集中。結果的に栄養が頭皮へ行き届きかなくなり、毛髪の成長を減退。食事の時間も、無理のない範囲で気をつけましょう。

薄毛と生活習慣の関係については詳しく知りたい方はこちらの記事も参照してください。

原因③:ストレスの多い環境

落ち込んでいる男性

ストレスを抱え込まないように、定期的なストレス発散を行いましょう。

20代のメンズは仕事や恋愛など、いろいろなプレッシャーに立ち向かっています。過度なストレスは薄毛やハゲにも影響します。

過剰なストレスは自律神経やホルモンバランスを乱し、筋肉の緊張が続きます。

だんだんと血行が悪くなり、毛髪が生える頭皮環境が乱れる原因に。また、栄養が頭皮へスムーズに届かず、成長段階の毛髪が抜け落ちてしまいます。

ストレスを完全に回避することは難しいので、上手にストレスと付き合えることが大切。趣味の時間やウォーキング、友人と出かけるなど、自分のライフスタイルに合ったストレス発散方法を見つけると良いでしょう。

原因④:誤ったヘアケアの習慣

ヘアケアアイテム

頭皮を清潔にキープするためには、正しいヘアケアを行うことがポイント。

頭皮トラブルによって薄毛やハゲを進行させてしまいます。毛髪が成長しやすい環境を作るために、頭皮を健康な状態を保つことが重要。

正しいシャンプー方法を確認して、頭皮の皮脂や汚れをしっかり落としましょう。

  • お湯で髪全体を洗い流し、髪についた汚れを落とす
  • 頭皮の負担を減らすため、手でシャンプーを泡立てる
  • 爪を立てずに、指の腹で洗う
  • すすぎ忘れがないように、しっかりと洗い流す

シャンプーのすぐ後に頭皮マッサージを行うと、頭皮の血行促進につながります。

後頭部、耳の後ろ、側頭部、頭頂部、前頭部の順でマッサージします。早い人だと3カ月程度で変化に気がつくでしょう。

20代の薄毛対策|AGA治療が最も成果が出る

腕をくんでこちらに笑う男性

20代から正しい薄毛対策を行うと、AGA治療の成果が最も出やすいです。ハゲや薄毛になりやすい食生活や睡眠時間などは日々の習慣のため、早い時期での見直しが重要。

どんなに食事や睡眠を見直しても、飲酒量が多い方や喫煙習慣がある方は薄毛の改善を感じにくいでしょう。

とは言っても生活改善ですぐに効果が出るわけではないので、短くとも3カ月は継続し、さらに育毛剤で頭皮ケアをするのも効果的です。

対策①:食生活の改善

AGA予防に効果的な食材

「毎日の食事や栄養バランス」は、髪の毛の成長に不可欠なポイントです。

毛髪の成長に必要な栄養素は「タンパク質」「ミネラル」「ビタミン」。1つの栄養素に偏るのではなく、一緒に摂取するバランスが大事です。

それぞれの成分を多く含む食材をご紹介します。

髪の成長に必要な栄養素栄養素の役割栄養素を多く含む食べ物
タンパク質毛の成長肉、魚、卵、大豆、乳製品など
ミネラルタンパク質作り野菜、豚肉、レバー、納豆、ナッツ類など
ビタミン頭皮環境を整えるレバー、カキ、魚介類、緑黄色野菜など

脂質や糖分を多く摂取すると、皮脂の過剰分泌につながります。

また、塩分の過剰摂取は血行が悪くなり、頭皮の環境悪化を促進させます。無理なダイエットや外食が続くことがないよう、食事の量や栄養バランスに気をつけましょう。

対策②:十分な睡眠時間をとる

白い布団で横を向いて寝ている男性

薄毛対策の基本は質のいい睡眠を取ること。質のいい睡眠=深い睡眠と言ってもよいでしょう。

ちなみに、入眠してから2時間が最も多く成長因子を分泌します。

睡眠不足だと成長ホルモンの分泌が減少し、毛髪が育ちにくい状態になってしまいます。

睡眠不足によって自律神経が乱れ、夜間に起きている間は交感神経が優位に立ちます。身体がリラックスできず血管の流れが悪くなり、頭皮へ十分な栄養を送ることができません。

睡眠を十分にとるための、おすすめ習慣をご紹介します。

  • 睡眠時間は1日7~8時間を心がける
  • 就寝前にスマートフォンやPC画面を見ない
  • 寝る約2~3時間前から食事を控える
  • 就寝前のカフェインや飲酒を控える
  • 昼寝は15~20分に抑える

何かと20代は多忙で、睡眠サイクルが乱れがち。睡眠不足は毛髪の成長に影響するので、毎日の睡眠習慣を見直してみましょう。

対策③:お酒やタバコを控える

テーブルの上でビールとタバコを吸う男性

お酒は少量であれば健康に良いとされていますが、飲酒量は適切にコントロールしましょう。肝臓で摂取したアルコールは、ハゲや薄毛を進行させるアセトアルデヒドに分解されます。

アルコールを分解するには多くのビタミンを消費し、肝臓の働きを促進するタンパク質も必要。お酒の飲み過ぎによって、毛髪の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。

また、タバコを吸うと血管が収縮するため血流が悪化し、髪の毛へ十分な栄養が行き届きません。血行不良により頭皮環境も悪くなり、ハゲや薄毛を進行させる原因にも。いくら食生活を配慮しても、喫煙によって薄毛対策が台無しになると覚えておきましょう。

ただしお酒やタバコが好きな方が急にやめると、ストレスを溜めてしまう恐れがあります。自分一人での対処が難しい場合は禁酒外来や禁煙外来など、専門家の指導を受けるのも良いでしょう。

AGAクリニックとして有名なヘアメディカルなどでは、薄毛治療の他にもあわせて生活習慣の指導などを行ってくれるため、1つの選択肢として覚えておくと良いでしょう。

対策④:育毛剤で頭皮ケアする

育毛剤と鏡を見ながらブラシで頭皮を気にする男性

ハゲや薄毛の予防対策として、育毛剤の使用がおすすめ。

適切な頭皮ケアを行うことで、頭皮環境を整えることができます。毛髪の成長に重要なのは、頭皮を清潔に保つこと。フケや皮脂を洗い流すと、頭皮に育毛剤の成分も浸透しやすくなります。

育毛剤を選ぶ際に、商品比較で確認するポイントをご紹介します。

  • 成分量
  • 成分内容
  • 頭皮への刺激レベル
  • 3カ月の価格

AGAにアプローチする成分が含まれているか確認し、成分量もしっかり見比べると良いでしょう。

育毛剤の成分には天然由来の無添加タイプと、添加物が含まれているタイプがあります。敏感肌だと自覚している方は、頭皮への刺激レベルも考慮しましょう。

毛髪サイクルを改善するには、少なくとも3ヶ月ほど必要。最低3ヶ月分の価格を確認し、継続して使用できる育毛剤か見極めることが大切です。

対策⑤:育毛サプリで食生活をサポート

サプリ

いくら食生活に気をつけていても、栄養素のバランスを保てない場合があります。

多忙で食事を気にする余裕がなく、偏った食事になることもあるでしょう。そんな時は手軽な育毛サプリで食生活をサポートしてみてはいかがでしょうか。

そもそも育毛サプリとは、毛髪の成長に必要な栄養素を凝縮したカプセルや錠剤のこと。外食が多く、摂取する栄養に偏りがある方におすすめ。

主に2つの使用目的に分かれているので、自分に必要な栄養素を選びましょう。

使用目的 育毛サプリの役割 主な栄養素
毛髪の成長を促す 栄養不足を補給する 亜鉛、ビタミン、L-リジンなど
薄毛の進行を防ぐ血行促進と抜け毛の抑制ノコギリヤシ、イソフラボンなど

育毛サプリでもっとも重要なポイントは「継続する」こと。

飲み始めたからと、目に見える変化は急に起こりません。少なくとも3ヶ月続けた場合の1日の単価を確認し、コストパフォーマンスを比較しましょう。

対策⑥:薄毛の専門病院でAGA治療

AGAクリニック

AGAの治療目的は予防や維持ではなく、新しく発毛を促進すること。

AGA治療は皮膚科や美容皮膚科、美容形成外科などの専門病院で受けることができます。専門医のカウンセリングを受けると、現状に合わせた治療方針を提案してくれるでしょう。

AGA治療薬は

  • ミノキシジル…発毛を促進する
  • フィナステリドまたはデュタステリド…脱毛ホルモンを抑制する

の2種類の薬が主流です。

どちらか一方、もしくは2種類を併用するパターンだけではなく、病院がこれらの成分を患者にあわせて適切な濃度に調整した、オリジナルの治療薬を処方する場合もあります。

基本的には月に1回程度の通院が必要で、治療費用は平均で15,000円ほど(診察費と薬代)が目安。

また、AGA治療は投薬だけではありません。

投薬で変化を感じにくい人は、頭皮に成長因子をダイレクトに注入するメソセラピーやHARG療法という選択もあります。

AGA治療の変化を感じるには個人差がありますが、一般的には6ヶ月程度必要です。

20代の薄毛・ハゲに関するよくある質問

顔にはてなの紙をかぶせて隠している男性

20代の薄毛・ハゲについてよくある疑問についてまとめてみました。

手遅れになる薄毛・ハゲのレベルはどれくらい?

こちらに向かってバツサインをする男性医師

AGA進行度の指標であるハミルトン・ノーウッド分類をご紹介します。

ステージタイプは1から4まであり、AGAの進行度を7つのステップに分類。進行するパターンは3つの種類があります。

パターンステージ分類症状の現れ方
M字型タイプ1~タイプ7額の生え際から進行し、頭頂部へ薄毛が広がる
O字型タイプ3 Vertex頭頂部を起点に症状が進行し、薄毛が頭部全体に広がる
U字型タイプ2a~タイプ5a前頭部の前から後ろへAGAが進行する

ステージ2から3で自毛植毛などの専門治療を受けると回復が早いです。

手遅れになる薄毛の目安は、

  • 生え際と頭頂部の薄毛が進行
  • 全体的にハゲが目立つ状態

周囲から気づかれるタイミングは一般的にステージ2なので、早い時期に専門治療を受けましょう。

薄毛とオナニーは関係あるの?

悩んでいる男性

結論として薄毛とオナニーは関係があります。

オナニーを行うと睾丸から分泌したテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼ(還元酵素)が結合。DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、男性ホルモンレセプターと結合してTGF-β(脱毛因子)を増やします。

  • DHT(ジヒドロテストステロン)…毛髪を生み出す毛母細胞を委縮させる
  • TGF-β(脱毛因子)…FGF-5(脱毛因子)に伝達し、抜け毛を促進

オナニーをするとDHT(ジヒドロテストステロン)の分泌を促進するので、結果的に毛髪サイクルを乱してしまいます。

オナニーのし過ぎはAGAを進行させるため、薄毛対策の1つとしてオナニーを禁止することも試してみましょう。

薄毛と筋トレは関係あるの?

トレーニングをする男性

薄毛と筋トレの関係性はケースバイケースなので、正しい筋トレと薄毛対策を行うことがポイントです。

筋トレによって薄毛が進行するのか、主な理由を確認しましょう。

  • タンパク質(アミノ酸)の不足
  • 身体を酸化させる活性酸素が増加し、細胞にダメージを与える
  • テストステロン(男性ホルモン)の増加

筋トレ後は不足しがちな栄養素を食事で摂取すると良いでしょう。バランスの良い食事を心がけると、薄毛対策に効果を発揮します。

ハードな筋トレは活性酸素や男性ホルモンを増やすため、逆に薄毛を進行させてしまうので注意が必要です。筋トレの強度や実施する時間をコントロールすると良いでしょう。

薄毛・ハゲ対策は20代から始めよう

スマホを見る男性

仕事とプライベートで大忙しの20代は食事や睡眠が乱れやすく、過度なストレスと向き合っています。

「抜け毛が多いな」「髪のボリュームが減ったな」と気づいたら、ぜひ自分の生活習慣を見直してみましょう。

「遺伝だからハゲになるのは仕方ない」と諦めるのではなく、20代から抜け毛対策を行うことが重要。

自分だけで改善するのが難しい場合は、育毛剤や育毛サプリを活用しましょう。現状維持ではなく新しく発毛を増やしたい方や症状の進行が進んでいる方は、専門病院でAGA治療を受けることを検討してください。

20代の早い段階で薄毛対策を行うことで、30代や40代のビジュアルに影響します。症状の進行度を把握し、早い段階で専門的な治療を受けると早い回復が見込めます。

  • NEWS!

7/2新着情報
新型コロナウィルスの影響を受けて、AGAヘアクリニックでは自宅にいながらでもAGA治療が始められるよう、初診からオンラインでの診察・カウンセリングの実施を決定

AGAヘアクリニック 初診オンライン

緊急事態宣言が解除された今、今後の初診は来院する必要が出てくるので、このチャンスに無料カウンセリングを受けた方が絶対お得!

しかも月々の治療費用もオンラインの方が安い。

【フィナステリド配合内服薬】
通常価格5,500円 → オンライン診療で4,800円

【ミノキシジル配合内服薬】
通常価格10,00円 → オンライン診療で9,000円

AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭頂部・つむじ
AGAヘアクリニックでAGA治療を受けた男性の頭部

繰り返しますが、AGAヘアクリニックの初診からオンライン診療可能は衝撃です。(通常のオンライン診療は2回目からです)

一度、初診を受ければ2回目以降もオンライン完結で薄毛を治療することができます

このチャンスを見逃すのは本当にもったいないです。

※料金の詳細は公式ページをご確認ください。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄