【図解】AGAとは?原因と対策を知れば薄毛・ハゲを根本改善!治療効果・費用・副作用も解説

2020年1月1日

【図解】AGAとは?原因と対策を知れば薄毛・ハゲを根本改善!治療効果・費用・副作用も解説

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

「AGAってそもそも何?」

「AGAってどんな症状?」

最近になり、CMでよく耳にするAGAという言葉。正しい意味を知っている方は意外と少ないですよね。結論から言うと、AGAは進行性脱毛症のことで、男性が薄毛になってしまう原因の中で最も多いと言われています。

そして進行性であることから、できるだけ早期に治療をしないと抜け毛が進行してしまい、どんどん髪の毛がなくなってしまう可能性が高いです。

この記事では、

  • AGAの症状と原因
  • AGAの代表的な対処法や治療期間
  • AGAの発症年齢と進行速度

について解説していきます。

AGAとは?成人男性に起こる進行性脱毛症のこと

AGAとは男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年によると男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)の略であり、男性の薄毛になってしまう原因で最も多いと言われています。脱毛診療ガイドライン2017では日本人男性でAGAを発症している人の割合はおよそ3割という発表も。

AGAの特徴には以下のようなものがあります。

  • 毛周期が短くなり、抜け毛が多くなる
  • 20代から発症する場合もある
  • 進行性だから早期の治療が必要

髪の毛には「成長→抜ける→成長」を繰り返す、毛周期と呼ばれるサイクルがあります。正常のパターンでは2~6年の毛周期であるのと比較して、AGAを発症すると毛周期のサイクルは数カ月から1年になってしまうのが大きな特徴です。

髪の毛がしっかりと育たないうちに脱毛してしまうことで薄毛が徐々に進行。また、AGAは放置すれば治るものではなく、適切な治療をせず放置しておくと症状が進行してしまいます。

寿命が尽きた毛根からは二度と髪の毛が生えてこないことから、毛根が生きているうちに治療を開始する必要があるのです。

AGAの特徴的な症状は?代表的な3つの進行パターンを紹介

AGAの症状には大きく分けて3つのパターンがあります。

  • 頭頂部から薄毛になる
  • 額の生え際から薄毛になる
  • 前頭部から薄毛になる

さらに、上記の3つのパターンの進行具合によりさらに細かく13通りの症状に分類されています。

いずれのパターンも進行性であり、放置すれば徐々に薄毛部分が広くなっていく可能性が非常に高いです。

また、症状によって治療薬を変えるなどの治療法が異なるため医師の適切な診断のもと正しい対処をおすすめします。

 

AGAの原因は?ハゲのメカニズムは男性ホルモンの影響による抜け毛進行

AGAは男性ホルモンが大きく関わっていると言われています。男性ホルモンの一種である、テストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結びつき、より強力な男性ホルモンである ジヒドロテストロン (DHT)に変化。

ジヒドロテストロン(DHT)が髪の毛の毛乳頭に含まれるアンドロゲン受容体と結合することで、脱毛因子TGF-β1が増加します。さらに脱毛因子 TGF-β1 からヘアサイクルを休止させる命令を出し続けるFGF-5が発生することで、抜け毛が進行してしまいます。

AGAの原因の仕組み

ストレスや食事、睡眠といった生活習慣の影響も大きいと言われていますが、以下のものは遺伝との密接な関係が示唆されています。

  • 5αリダクターゼが産生される量
  • アンドロゲン受容体の活性の高さ

上記の2つは抜け毛の直接要因となるFGF-5の発生を促してしまいます。なぜなら、

  • 5αリダクターゼが産生される量が多いと、ジヒドロテストロン(DHT)が増える
  • アンドロゲン受容体の活性が高いと、脱毛因子TGF-β1が多く産生される

からです。ちなみに5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在し、以下のような特徴があります。

5αリダクターゼⅠ型 5αリダクターゼⅡ型
分布髪の毛全体前頭部と頭頂部
AGAとの関係関係は薄い深く関係する

AGAは前頭部・頭頂部の髪の毛が脱毛してしまうことから、5αリダクターゼⅡ型の影響を強く受けていると考えられています。

以上、解説したようにAGAは遺伝との密接な関係があります。しかし、遺伝的な影響が少ない方でもAGAを発症する可能性があることから生活習慣も改善していくことが重要です。

 

AGAが発症する年齢は?40代から急増するも20代から発症する可能性も十分あり

AGAの年齢別発症率

男性の薄毛の原因で最も多いAGAは、2013年に集められたデータを見てみると、40代になった時点での発症率は32%でした。

つまり40代までに男性の約3人に1人が薄毛になってしまうということです。そして40代に差しかかると急激にAGAの発症率が上昇していきます。

また、最近では20代の方でもAGAに悩むケースが増えてきているようです。これは遺伝や食生活の乱れだけでなく、社会の急激な変化によるストレスの増加も関連していると考えられています。

20代だからといって安心せずに、抜け毛が気になった時点で対処する必要があります。

早期治療は以下のメリットがあります。

  • 治療効果が早く出る
  • 治療期間が短くなる
  • 治療コストもかからない

AGAは症状が進行してしまうと薬の効果も出にくくなり、改善の可能性が低くなってしまうこともあります。早期発見・早期治療がAGAの改善には重要です。

参照:life medical USA

 

AGAの対処法は?薄毛を改善したいならAGAの専門病院がおすすめ

AGAの対処法には以下の3つがあります。

  • 育毛シャンプーを使う
  • 育毛剤を使う
  • AGAの専門病院で治療を受ける

ひとつずつ解説していきます。

育毛シャンプーを使用する

育毛シャンプーとは別名「スカルプシャンプー」と呼ばれるもので、育毛を目的としたシャンプーのことです。メーカーによって特徴は様々ですが、血行促進効果が高いものや頭皮環境を整える成分が配合されています。

しかし、髪の毛を直接生やす成分が配合されているわけではありません。あくまでも頭皮環境を改善することで抜け毛を防止することを目的としています。

▼合わせてチェックしたい!

育毛剤を使用する

育毛剤とは髪の毛を育てる成分が配合された医薬部外品のことです。主な目的は抜け毛防止であり、育毛シャンプーよりも効果は高いと言われています。

しかし育毛シャンプー同様髪の毛を生やす作用は乏しく、育毛剤のみで薄毛を改善するのは困難なケースがほとんど。なぜなら育毛剤を頭皮につけるだけでは、血液内に吸収される発毛成分の量が十分ではないからです。

もちろん発毛効果はゼロではありませんが、飲み薬などの専門的な治療と比較すると体内に入る発毛成分は少ないのが現状です。

「育毛剤で髪の毛が生えた!」という方は非常に少ないため、抜け毛防止と、今ある毛を太くコシのある毛に育てる目的で使用することをおすすめします。

▼合わせてチェックしたい!

AGAの専門病院で治療を受ける

AGAの改善を期待するなら病院での治療がおすすめです。特に一般の皮膚科ではなく、AGAの専門病院で治療を受けることによって改善の可能性はより高くなるでしょう。

一般の皮膚科とAGAの専門病院の違いは以下の通りです。

 一般の皮膚科AGAの専門病院
治療法抜け毛予防の薬しか処方されないことが多い抜け毛予防+発毛を促進する薬を処方してもらえる
プライバシーの配慮女性と同じ待合室が多いメンズ専門クリニックは待合室で女性に会わないよう配慮されているところがほとんど
費用3,000~5,000円3,000~20,000円
AGAの症例数年間約30件年間数千~1万件

*AGAの症例数は社会医療診療行為統計及びAGAスキンクリニック、Dクリニックの患者数を元に推計。

このようにAGAの専門病院ではより発毛を期待できる治療法を選択できるほか、プライバシーの配慮もしっかり行われている点が特徴です。

また、AGAの年間症例数にも大きな差があります。AGA専門病院で治療を受けたほうがメリットが大きいことがわかります。

ここまで紹介したAGAの対処についてまとめました。

AGAの専門病院 育毛剤 育毛シャンプー
抜け毛防止
発毛効果 ×
費用 月々1,800円〜 月々2,000円〜 月々1,500円〜
副作用 ・頭皮のかゆみ
・頭皮の発赤
・頭痛
・動機な
(0.1%〜約8%の確率)
・頭皮のかゆみ
・頭皮の発赤
・頭皮のかゆみ
・発赤
COLUMN

育毛・養毛・発毛の違いは??

育毛とは、今ある髪の毛を太く成長させることを言います。養毛とは髪の毛に栄養を与えて、抜け毛を防ぐことです。

そして発毛とは、再び髪の毛をは生やすことを言います。AGAを改善するには全てが必要になってきますが、特に発毛は治療上最も重要です。

先程解説した育毛シャンプーや育毛剤では育毛と養毛が期待できます。しかし、すでに薄毛である場合、育毛シャンプーや育毛剤での改善はほとんど期待できません。

一方、AGAの専門病院では専門的な治療ができることから、実際に発毛した方は非常に多いです。「絶対に生やしたい」と希望する方は、AGAの専門病院を受診することを強くおすすめします。

AGA専門病院の治療の種類と効果は?治療法の期間と費用を解説

ここからはAGAの専門病院で行われる治療法について解説していきます。最も一般的な治療法は投薬治療です。

それ以外には注入治療と自毛植毛があります。それぞれの特徴を表でまとめました。

投薬治療 注入治療 自毛植毛
特徴 ・最も一般的な方法
・1日1回抜け毛防止作用、発毛作用のある薬を服用する
頭皮に直接発毛成分を注入する 自分の健康な髪の毛を薄毛部分に移植する
治療頻度毎日服薬2週間~4週間ごと
(3~12回程度)
1回
費用 月々3,000円〜 1回80,000円〜 1回300,000円〜
発毛効果 高い かなり高い 非常に高い
抜け毛防止効果 高い かなり高い 非常に高い
治療期間 6ヶ月以上 6ヶ月以上 術後一ヶ月単位で変化あり
治療可能年齢 20歳以上 20歳以上 未成年も可能
メリット ・比較的気軽に試せる
・予算を調整できる
投薬治療よりも発毛の可能性が高い 薬で効果がない場合でも発毛の可能性がある
デメリット 発毛まで時間がかかる 費用がかかる 費用が高額になる

このように治療法によって特徴が異なります。どのような治療法が自分に合っているかは、AGAの専門病院で無料カウンセリングにて相談の上決定することも可能です。

現在では、ほとんどのAGAの専門病院で無料カウンセリングを行なっているため利用してみてはいかがでしょうか。

 

AGAの治療期間は?平均して6ヶ月〜1年程度

AGAの治療で効果を感じるのは早い方でも6ヶ月はかかります。平均で見ると6ヶ月〜1年程度かかることが多いでしょう。

ちなみにAGAの治療には「ここで終わり」というものはなく、医師と相談した上で個人の希望により終了します。また、投薬治療の場合はAGAの治療を終了すれば抜け毛が進行してしまうことがほとんどのため、発毛に満足がいったら抜け毛抑制の薬のみに変えるなどの調整をすることも多いです。

その上でいつまで治療をすれば良いのかを検討しましょう。

 

AGA治療の総額費用は?最安で総額約4万円程度

AGAの治療は保険が適用されず、全額自費で治療を受ける必要があります。治療期間が長期にわたるため、費用をある程度把握してから治療を開始するのが良いでしょう。

ここではAGAの専門病院として有名な湘南美容クリニックの治療費の一例を紹介します。

なお、薬は一ヶ月ごとの処方も可能ですが、数か月分をまとめて処方してもらった方が安いです。そのため表中の価格も数か月分まとめて処方してもらった場合で紹介しています。

 初期費用2ヶ月目以降総額(1年)
抜け毛予防を目的とした治療 (HRタブレットF)5,670円 3,050円39,220円
発毛を期待する治療(HRタブレットセット) 63,750円
(初回に6ヶ月分処方)
13,030円
(7ヶ月目以降)
141,930円

*初期費用は血液検査料+薬代の料金。

*価格の表記に関して特に記載がない場合は、税込表記となっています。

このようにAGAの治療は抜け毛予防や抜け毛抑制をメインにしても年間で約4万円程度かかります。ちなみに湘南美容クリニックでは万が一、発毛効果がなかった場合のために全額返金保証制度が導入しています。

全額返金保証を利用することでお金を無駄にしてしまうリスクを避けることができます。カウンセリング料だけでなく、初診料や再診料も無料であることから、初めてAGA治療を行う方におすすめのクリニックです。

▼湘南美容クリニックの全額返金制度についてはこちら!

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

 

あなたはAGA?AGAチェックリストで自己診断しよう

ここではAGAの自己診断チェックリストを用意しました。以下の項目に当てはまる数が多いほどAGAの可能性があります。

チェックリスト
□父または母が薄毛である
□祖父母に薄毛の方がいる
□起床時、枕元に落ちている短い抜け毛が多くなった
□以前に比べて髪の毛が細くなった
□以前に比べて髪の毛が薄くなった
□薄毛が少しずつ進行している

このチェックリストはあくまでも簡易的なものであるため、正確な診断は病院で行いましょう。

 

AGA治療の副作用は?かゆみや頭痛、性欲減退が起こることも

AGAの治療薬は大きく分けて4種類あります。いずれの薬を服用しても副作用の可能性があるため注意が必要です。

フィナステリド系内服薬 デュタステリド系内服薬 ミノキシジル系内服薬 ミノキシジル系外用薬
副作用 ・性欲減退
・勃起不全
・肝機能障害
・かゆみなど
・性欲減退
・勃起不全
・肝機能障害
・かゆみ
・頭痛など
・性欲減退
・勃起不全
・肝機能障害
・かゆみ
・頭痛
・体重増加
・多毛症
・頭皮のかゆみ
・頭皮のかぶれ
副作用の確率 0.1〜0.2% 数%
(正確な発現率)
約8% 約8%

*参照:KGGデータベース

このように薬によって副作用が多少異なりますが以下のような特徴が見られます。

  • 外用薬は頭皮に限局した副作用
  • 内服薬は全身的な副作用

内服薬は成分が血液に入り、全身に影響を与えるため副作用が頭皮以外にも出現する可能性があります。

ちなみに最近では安く手に入るという理由で、薬の個人輸入をしている方がいるようです。しかし、重大な副作用が起こる可能性があるため個人輸入は絶対にやめましょう

薬の処方は必ず病院にて、医師の診断を受ける必要があります。

 

AGAの進行速度は?5年間で30%の髪の毛がなくなってしまう可能性も

AGAを発症し適切な対処をしなかった場合、5年間30%の髪の毛が少なくなってしまうというデータがあります。

また、年齢が上がるにつれてAGAの発症率が増えることを考えると、より早い段階で治療を行う必要があるでしょう。先述した通り、一度死んでしまった毛根からは二度と髪の毛は生えないため一日でも早い対処をおすすめします。

*参照:AGA NEWS

AGAについてまとめ

AGAは男性型脱毛症の略で、男性の薄毛の中で最も多い原因だと言われています。本記事でも解説したように、AGAは1日でも早い対処が必要です。

死んだ毛根から髪の毛が生えることは二度とありません。「まだ大丈夫と」と適切な対処をせずに放置しておくと、手遅れになっている可能性もあります。「あの時治療をしておけば…」と後悔しないようにしましょう。

以下の記事では、AGAについてよくある疑問がさらに詳しく解説されています。ぜh、ご覧ください。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄