AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する

2019年11月16日

AGAの治療にかかる費用はいくら?

この記事を書いた人

西垣 匠

大阪医科大学卒業。AGAの専門病院で治療を受けました!
AGAスキンクリニック院長の西垣匠先生と同姓同名ですv

AGA治療は効果があると聞いたけど、

「費用はどれくらいかかるの?」
「継続できる料金なの?」

と金銭面で不安に感じる方も多いと思います。

AGA治療は自由診療のため、保険が適用されません。またクリニックによって治療費が違うため、どの病院で治療をするかでも費用が大きく異なります。

この記事では

  • AGA治療の費用相場
  • ジェネリック治療薬
  • それぞれの治療にかかる総額費用

について徹底解説していきます。

AGA治療を失敗しないためにも、この記事を参考にクリニック選びをしてみてください。

※  なお、AGAの治療ならAGAヘアクリニックAGAスキンクリニックG.グリーンクリニックがおすすめです。

どこも口コミの評価が高く、多くの方に人気のクリニックのため、安心してAGAが治療できます。

無料カウンセリングなら最短1分で予約の申し込みが完了します

「自分がAGAなのか知りたい」
「どのような治療方法があるか知りたい」

という方は、気軽に無料カウンセリングに申し込んでみましょう。

【1番人気】AGAヘアクリニック
▶︎診察料が無料!予防にも最適。アプリによる遠隔診察も対応!

【2】AGAスキンクリニック
▶︎発毛実感率99.4%!月3,400円~発毛・育毛治療ができる!
AGAスキンクリニック LP2

【3】G.グリーンクリニック
▶︎コスパ重視ならおすすめ!遠隔診療ありで月々3,000円で薄毛治療が受けられる!
G.グリーンクリニック

AGA治療の費用相場は?3種類の治療法と費用を比較

電卓を指差す白衣の医者

AGA治療には大きく分けて3つの種類があります。

  • 投薬治療
  • 注入治療
  • 植毛(自毛植毛・人工植毛)

それぞれの治療法の特徴と費用相場をみていきます。

① 投薬治療

ザガーロ 、フィナステリド、プロペシアの画像
画像引用:東京スカルプクリニック

AGA治療を始める際、一般的には投薬治療から始めます。

投薬治療は2つに分類され、それぞれ働きが異なります。

  • 抜け毛を抑制する薬(内服薬)
  • 発毛を促進する薬(内服薬・外用薬)

抜け毛を抑制するプロペシアは主に飲み薬で処方されます。
脱毛ホルモンと呼ばれるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することによって抜け毛を抑える治療薬です。

発毛を促進するミノキシジルは飲み薬と塗り薬の両方があります。
成分が直接血液を流れて細胞に届くため、飲み薬の方が効果が高いと言われています。

効果代表的な薬効果が出る期間費用/月
抜け毛を抑制するプロペシア6ヶ月〜1年以上4,000円〜8,000円
発毛を促進するミノキシジル3ヶ月〜半年以上4,000〜10,000円

効果を高めるためにも、2種類併用しての服用を勧められることが多いです。

投薬治療でとくに気になるのが副作用。それぞれ発現率とあわせて確認しておきましょう。

  • プロペシア
    ⇨性欲減退 0.2%
    ⇨肝機能障害 0.2%
  • ミノキシジル
    ⇨頭痛やめまい、動悸、頭皮のかゆみやかぶれ 8.82%

出典:厚生労働省「ミノキシジルのリスク区分について」、 MSD株式会社

ミノキシジルはもともと降圧剤として使用されていたため、心臓に疾患がある方や血圧が安定していない方が服用する場合はとくに注意が必要です。

カウンセリングを受ける際に必ず医師に伝えましょう。

投薬治療がおすすめの人

・AGA治療が初めて

・抜け毛が気になりだした

・肝臓疾患がない

Designation
サラリーマンのアイコン
COLUMN

費用を抑えるならジェネリック医薬品がおすすめ!

AGAの投薬治療で効果を得るには半年以上の期間が必要だと言われています。

また、治療薬の服用をやめると効果がなくなってしまうため、継続できる費用であることが重要です。

治療費を極力抑えたいという方は、ジェネリック医薬品を取り扱うクリニックを選ぶことをおすすめします。

ジェネリックとは後発薬のことを指していて、製造コストを抑え安い価格で提供されています。

クリニックでの取り扱いが多く代表的なのは、プロペシアのジェネリック、フィナステリドです。

プロペシアの料金が28錠で平均6,000円前後なのに対し、ジェネリックのフィナステリドは4,000円前後で購入できます。

ゴリラクリニック湘南美容クリニックAGAスキンクリニックなどがフィナステリドを取り扱っています。

フィナステリドは他の治療薬に比べ副作用の発現率が少ないことが特徴ですが、以下の副作用がみられることもありますので、合わせて確認しておきましょう。

  • 性欲減退 ⇨ 1.1%
  • ED ⇨ 0.7%
  • 肝機能障害 ⇨ 0.2%
    ※もともと肝機能障害のある方は医師に要相談

出典:MSD株式会社

フィナステリド一覧

  • フィナステリド錠|ファイザー(ファイザー)
  • フィナステリド錠|クラシエ(クラシエ薬品)
  • フィナステリド錠|サワイ(沢井製薬)
  • フィナステリド錠|トーワ(東和薬品)
  • フィナステリド錠|SN(シオノケミカル)
  • フィナステリド錠|TCK(辰巳化学)
  • フィナステリド錠|武田テバ(武田テバファーマ)
  • フィナステリド錠|FCI(富士化学工業)

② 注入治療

頭皮に注射を刺される男性

注入治療は育毛メソセラピー(毛髪再生メソセラピー)・HARG(ハーグ)療法などと呼ばれる治療法のことで、有効成分を直接頭皮に注入する方法です。

投薬治療との大きな違いは「効果が出るまでの早さ」。投薬治療は効果を実感できるまでに早くても6ヶ月程度必要です。

対して注入治療は早くて3ヶ月から効果が出始め、半年〜1年程度で劇的な変化がみられます。

効果が高く、また効果が出るまでの期間が早いため、最近注目度の高い治療法です。

以下に、メソセラピーとHARG療法の特徴についてまとめました。

【メソセラピー】

  • パピュール法・ナパージュ法・フラクショナルレーザー法・ダーマニードル法の4種類がある
  • 頭皮に不足している発毛成長因子を補完し、髪の成長シグナルを正常に戻す
  • 治療は1ヶ月に1回
  • 3〜4ヶ月で効果が出ることが多い
  • めまいや頭痛・多毛症などの副作用が出る可能性も

【HARG療法】

  • 体内に含まれている発毛に有効な成長因子(グロースファクター)を抽出し、アミノ酸、ビタミンB群を混合して頭皮に直接届ける
  • 3〜4週間に1回/合計6回が1セット
  • 3〜4回で効果が出ることが多い
  • アレルギーや副作用の心配がない

メソセラピー、HARG療法にかかるおおよその目安をまとめました。

治療法費用相場/1回
メソセラピー20,000円〜90,000円
HARG療法80,000円〜120,000円

こちらは注入治療のみの金額ですが、多くの場合これに合わせてフィナステリドなど、抜け毛を抑制する投薬治療と併用しておこなうことで相乗効果を発揮するため、プラス1万円/1月 前後の費用がかかることは頭に入れておきましょう。

注入治療は投薬治療に比べて料金が高いため、即決してできる治療法とは言えませんが、以下のような方にはおすすめの治療法です。

注入治療をおすすめする人

・フィナステリドやミノキシジルによる治療では十分に効果が得られなかった

・フィナステリドやミノキシジルとの併用することでさらに発毛、増毛をしたい

③ 植毛(自毛植毛・人工植毛)

おでこの生え際のハゲが気になる男性

すぐに髪の毛を生やしたいという方には、植毛での治療がおすすめです。

AGAの専門病院の中でも、高度な技術や専用のロボットがあるクリニックは限られているため、植毛ができるクリニックは多くはありません

植毛には、自分の毛根を移植する自毛植毛と、人工毛を移植する人工毛植毛があります。それぞれの特徴と費用を比較していきます。

【自毛植毛】

自毛植毛には大きく3種類あります。それぞれの治療方法と特徴を紹介します。

① ニードル法

  • 植毛針を用いてグラフトを植え込んでいく手術法
  • 傷跡が少なくすみ、生える方向などの調整も可能
  • 広範囲に埋め込むことが難しい
  • 高度な技術を要するため病院選びが重要

② ダイレクト法

  • 直接毛包ごと吸引採取する手術法
  • 植毛後の生着率が高い
  • 機械を使用するため医師の技術差が出にくい
  • クリニックによってはバリカンで後頭部の一部を刈り取る必要がある

③ ストリップ法

  • 後頭部から皮膚ごと髪の毛を採取して、希望の箇所に移植する手術法
  • 生着率が高く、デザイン性・密度が高い
  • 採取の際頭皮にメスを入れるため、縫合後突っ張った感覚がある。

参考:アイランドタワークリニック

自毛植毛の場合は株数(グラフト数)によってかかる費用が異なります。

進行度ごとにおおよそ必要な株数をまとめました。

ノーウッドハミルトン
AGAの進行度
AGA進行レベルⅠ〜ⅡⅡ〜ⅣⅤ〜Ⅶ
必要な株数500〜1000株1500〜3000株4000株〜
費用相場550,000円〜1,650,000円〜4,400,000円〜

人工植毛

人工植毛は1本の毛穴から2〜4本の毛をつけるなど、増やし方が選べます。こちらは本数ごとの金額になることが多いですが、月額プランを導入しているサロンもあります。

費用相場販売単位
90,000円〜200,000円1500本〜

自毛植毛・人工植毛の料金を比較してみると、人工植毛の方が料金は安い傾向にあります。また増やす髪の毛に上限がないこともメリットとして挙げられます。

しかし、人工植毛は

  • 人工的な髪を植え付けるため副作用の可能性がある
  • 一度植え付けると髪が伸びないため定期的なメンテナンスが必要

といったデメリットもあるため、金銭面や希望の髪の本数をクリアできるのであれば自毛植毛をおすすめします

参考:日本皮膚科学会ガイドライン

植毛をおすすめする人

・髪の毛をすぐに増やしたい方

・投薬治療が効かなかった方

※ただし人工植毛は副作用なども多いためおすすめしない

クリニックでのAGA治療に必要な費用は?治療にかかる総額を解説

AGAクリニックのイメージ

だいたいの費用相場がわかったところで、クリニックを受診する際にかかる総額費用についてみていきます。

  • AGA診断の検査費用
  • 治療方法ごとの費用

をクリニックごとに比較していきます。

いずれも無料カウンセリングを実施しているので、気になるクリニックがあれば申し込んでみるとよいでしょう。

検査の費用はどれくらい?無料カウンセリングはほとんどのクリニックが実施!

電卓を叩く男性

AGA治療を進める上で、案外負担になるのが診察料や検査費用。クリニックによってはAGA診断にあたって血液検査を行う病院もあり、初診料とはべつに費用がかかることも

投薬治療などの治療費とは別に毎月にかかる診察料などもみていきましょう。

初診料血液検査カウンセリング再診料
銀座総合美容クリニック3,300円5,500円無料無料
湘南美容クリニック無料3,870円無料無料
ヘアメディカル5,500円5,500円無料治療費に含む
AGAスキンクリニック無料無料無料無料
G.グリーンクリニック無料無料無料

ほとんどのクリニッックが再診料・カウンセリングが無料です。

初診ではたいていのクリニックが問診や血液検査、マイクロスコープを使用した頭皮のチェックを行います。

初診にかかる費用はおおよそ5,000円前後を見ておけば良さそうですね。無料カウンセリングを行っているところが多いので、費用について懸念点がある場合はそこでしっかりと確認をしましょう。

AGAの進行予防にかかる費用を比較|月々3,000円〜

白い薬とオレンジの入れ物

AGAの進行を抑える投薬治療についてもクリニックによって差があります。

それぞれ、配合しているものが異なることやオリジナルに配合した薬を取り扱っているクリニックもあるため、開きがあります。

クリニック治療薬料金/月
再診料含む
銀座総合美容クリニック医師のカウンセリング後
処方する薬を決定
7,150円~19,250円
湘南美容クリニックオリジナル3,050円~
ヘアメディカルクリニックフィナステリド6,600円~18,700円
AGAスキンクリニックフィナステリド3,740円~5,280円
G.グリーンクリニックフィナステリド 3,000円

いずれも1月に5,000円前後で手に入るため、進行を抑える治療薬は比較的始めやすいでしょう。

発毛促進にかかる費用を比較|月々10,000円前後

白い薬の入れ物と白い丸い薬

次に発毛促進効果のある治療薬の費用について紹介します。

AGA治療は「進行を抑える薬」「発毛を促進する薬」を合わせて服用することで治療の効果が高まります。

そのため、多くのクリニックでは

  • 単剤処方(1つの薬のみ処方)
  • 進行を抑え発毛を促進する薬のセット

両方のプランが用意されています。

今回は相乗効果を得るために必要なセットプランの料金で比較していきます。

クリニック治療薬料金/月
銀座総合美容クリニック 医師のカウンセリング後処方する内服薬・外用薬を決定7,150円~19,800円
湘南美容クリニック オリジナル
(Fフィナステリド/Mミノキシジル その他サプリ)
13,030〜20,160円円
ヘアメディカルクリニック アドバンスト発毛治療
(フィナステリド・ミノキシジル)
16,500〜35,200円
AGAスキンクリニックオリジナル
(フィナステリドとミノキシジルを配合)
38,500円〜
G.グリーンクリニック 育てるプラン9,000円

単剤処方で比較するとクリニックによってそこまで大きな価格差はありませんが、組み合わせると一見同様の治療でもクリニックによって大きく差があります。

これはプランによって薬に配合されている成分が異なることや、サプリメントを合わせて処方している病院もあるからです。

料金に何が含まれているかしっかりと確認した上で自分に合ったクリニックを選びましょう。

注入治療の費用を比較|月5万円前後〜

注射器で液体をビンから抽出している

効果の高さと効果が出るまでの早さから最近注目度が高い注入治療。

ここではメソセラピーとHARG療法の料金を紹介していきます。

クリニック治療名料金/月料金/3ヶ月
湘南美容クリニックメソセラピー20,160円〜99,810円〜
AGAスキンクリニックメソセラピー55,000円165,000円
新宿AGAメディカルケアクリニックメソセラピー66,000円198,000円
四谷ローズクリニックHARG療法80,000円〜
(+カウンセリング料5,000円)
240,000円〜
(+カウンセリング料15,000円)
横浜中央クリニックHARG療法88,000円〜264,000円〜

メソセラピー、HARG療法共に3ヶ月ごろから治療効果がみられるため、1ヶ月〜3ヶ月にかかる費用を比較しました。

AGAの進行度、どの程度髪を増やしたいかによって金額はかなり変わりますが、3ヶ月で安くて10万円〜30万円ほどかかると考えておきましょう。

植毛の費用比較|100万円前後

患者に説明する医師

最後の治療法は、植毛です。植毛の費用設定は、月額設定のところもあれば、1株ごとの設定のところもあります。

自分のAGAの進行状況によって必要な本数が変わってくるので、無料カウンセリングなどで自分に合ったコースはどれか、必ず確認しましょう

クリニック治療薬料金/月
湘南美容クリニック 自毛植毛890,000円/1,000株
AGAスキンクリニック 自毛植毛1,100,000円/1,000株
KM新宿クリニック自毛植毛900,000円/1,000株
アイランドタワークリニック自毛植毛1,296,000円/1,000株
アデランス人工毛月額9,600円×12ヶ月
アートネイチャー人工毛初回10,800円/1,000本
株式会社スヴェンソン人工毛月額15,120円

植毛の費用を比較してみると、だいたい100万円前後になるものが多いようです。

自毛植毛は自分の毛を使うので、ナチュラルに仕上がる上に、他の髪と同じように成長し、長くなります。

人工毛についても、本物の髪とそれほど変わらないほどのクオリティがあり、上記で挙げたサロンはとくに口コミ評判も良いところです。

投薬治療と比較すると安くはありませんが、副作用や効果不足に悩んでいた方にはよい選択肢ではないでしょうか。

COLUMN

AGA治療に終わりはある?

AGA治療にかかる費用についてご紹介してきました。

AGA治療を開始するにあたり、

いつになったら治療は終わるの?
どこまで費用を払い続ければいいの?

と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

AGA治療は自分の毛が同年代の毛量と同じくらいになったら、治療が完了したと判断することが多いです。そこからは、その状態を維持するように治療方針を変えていきます。

生活習慣などに気をつければ維持できるケースもありますが、投薬治療は服用をやめると症状が再発するため、現状を維持するための飲み薬だけは服用を続ける必要があります。

もちろん、薬を中止してもそのまま維持できる方もいます。

服用を一度やめた場合でも抜け毛が少しでも気になったら治療を再開することができるため、ずっと治療を続けるのはいやだという方は医師に相談の上、調整してみると良いでしょう。

AGA治療の費用は医療費控除になる?病気ではないため対象外

電卓とお金と帳簿

残念ながらAGA治療にかかる費用は医療費控除の対象にはなりません。

美容整形などと同じように、薄毛治療は「美容目的の医療行為」であるとみなされているからです。

また、「薄毛自体は身体機能に悪影響を与える疾病でない」ということから、健康を維持するための医療費としては認められません。

そもそもAGA治療は自費診療のため、健康保険が適用されないことを考えると当然かもしれません。

しかし例外があります。

  • 鉄欠乏症貧血
  • 膠原病
  • 甲状腺機能低下症

抜け毛の原因が上記のいずれかの病気であると診断された場合は医療費控除の対象となります。

これは医師がこのように診断した場合に認められます。

クリニックで行うカウンセリングや経過観察では、気になることはきちんと医師に伝えておくようにしましょう。

▶︎医療費控除について詳しく知りたい方はAGAは医療費控除になる?保険は効くの?自費治療なAGA対策を安く抑える方法もご覧ください。

AGA治療は年齢に関係なく早めが吉!スタートが遅いほど費用がかさむ

電卓とノート

AGA治療は、薄毛が気になったら早めに治療をスタートすることをおすすめします。AGA治療は治療が遅くなればなるほど、費用が高額になるからです。

これまでに紹介してきたように、投薬治療であれば月1万円前後から始められます。

しかし、注入治療や植毛になると数十万円単位で費用がかかります。

また、AGAは進行性のため、ほおっておいても良くなることはありませ

AGA治療をスタートするのであれば、なるべく早いうちに開始することをおすすめします。

まずは自分がAGAなのか?自分に合った治療法はどれか?無料カウンセリングを受けて確認してみましょう。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因・メカニズム。ストレス・ホルモン・遺伝。頭皮・髪に与える影響とは?
□AGA治療に効果はあるの?【2019年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGA治療の種類は?AGAの治療方法は何がある?投薬・メソセラピー・harg療法・植毛という選択肢
□AGA治療は副作用があるの?AGA治療薬の副作用は?場合によってはEDになる危険性もあるが、副作用は稀
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2019】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄