HARG療法で薄毛治療|育毛効果のあるクリニック、痛みやメリット・デメリットを徹底解説

2020年4月6日

話題のHARG療法とは?効果と副作用を徹底解説

この記事を書いた人

伊藤 幹彦

AGA治療だけでなく、心臓血管外科、循環器専門医として多くの患者の健康維持に貢献。

「HARG療法は痛いらしい…」

「高額な金額を請求されるって…」

そんな口コミから、HARG療法の治療を受けるのを迷っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、ある程度の痛みと一度にかかる出費は覚悟しておいた方がよいでしょう。

しかし、HARG療法は成長因子の働きかけにより細胞を活性化し、必要な細胞が残っていれば原因に関わらず薄毛を改善することができます。

プロペシアを代表とする投薬治療と比較してもその効果は高く、また効果の持続期間も長いです。

この記事ではHARG療法の効果や副作用、痛みなどについてMOTEOが独自調査した体験談や口コミを踏まえて徹底解説していきます。

なお、AGA治療の全体像について把握したい方は「AGA治療の全まとめ!薄毛完治までの費用や期間の【全過程2020】」に目を通しておくことをおすすめします。

※ なお、はじめてのHARG治療なら、以下の2つがおすすめ。ど

ちらも無料カウンセリングを実施しています。まずはご自身の頭皮の状態をチェックしてもらいましょう。

無料カウンセリングなら最短1分で予約の申し込みが完了します。

KM新宿クリニック
▶︎内と外、両方からアプローチ!切らない植毛もあり

FUERS植毛センター

四谷ローズクリニック
▶︎飲み薬・塗り薬で効果がなかった方に!痛くない治療!

四谷ローズクリニック

HARG療法とは?有効成分を直接頭皮に注入

HARG療法はHair Re-generative theraphy=毛髪再生治療のことで、hargカクテルという薬剤を薄毛部分の頭皮に注射し、細胞に直接働きかけて発毛を促す再生医療です。

毛髪が育つ毛根部を毛包といい、ここで毛髪が作られていきます。成長因子が取り込まれたhargカクテルを浸透させることで、毛包が再生して次第に発毛してくるようになります。

HARG療法は、毛髪を作る細胞に働きかけて発毛を促す再生医療であるため、細胞が活性化しやすい若年層のほうが比較的効果が出やすい傾向があります。

また、HARG療法はAGA(男性型脱毛症)だけではなく、円形脱毛症や女性の脱毛症にも施術が可能でストレスや生活習慣から発症する抜け毛や若ハゲにも効果的なのが特徴です。

HARG療法は何回で効果が現れる?3〜6ヶ月

時計とカレンダー

治療の効果には個人差があるため一概には言えませんが、HARG療法は3~4回目で発毛がすることが多いです。

さらに、6〜9回目の治療で十分な発毛に至ることが多いと言われています。円形脱毛症の場合は、1回の治療で発毛することもあります。

クリニックによって多少の違いはありますが、基本的な治療を受ける頻度や回数は以下の通りです。

  • 6回を1クール
  • 1回目~4回目は4週に一度
  • 5回目以降は6週に一度

そのため、期間にすると概ね3〜6ヶ月程度必要です。

AGAは男性ホルモンによって髪の毛周期(ヘアサイクル )のうち「成長期」を短くし、健康な髪に成長する前に抜けてしまう症状です。

agaの毛周期

HARG療法はこの成長因子を頭皮に浸透させて、ヘアサイクル を正常に戻すことで発毛を促します。

頭皮表面の毛穴から毛乳頭までは約3~5mmあるため、毛穴に到達するまでに約2週間かかります。

1ヶ月で平均1.05cm~1.2cm伸びるということは、「毛が生えてきたな」と感じられるのに3ヶ月程度必要ということですね。

Designation

計6回のプランに申し込みました。4回目あたりで、髪の毛が生えていなかった場所に毛が生えてきたので、効果はかなり高いと思います。

Designation

頭頂部のハゲに悩んでいてハーグ療法を受けました。本当に毛が生えてきて感動しました。

HARG療法のメリット|効果の高さと安全性の高さ

メリット

HARG療法を受けるメリットは主に3つ挙げられます。

  • 効果が高く持続しやすい
  • 治療後のリスク・副作用が少ない
  • 女性も安心して受けられる

詳しく解説していきます。

メリット①効果が高く持続しやすい

鏡を見て微笑んでいる男性

HARG療法は必要な細胞さえ残っていれば高い確率で効果が出るため、投薬治療で効果がなかったという方でも効果が見込めることがまず1つ目のメリットです。

内服薬での薄毛治療で代表的なものはプロペシアなどのAGA治療があげられます。

プロペシアはAGAの原因物質を抑制し、薄毛の進行を抑えるものですが、服用を中止してしまうとタンパク質の生成が再び始まってしまうため、再び薄毛が進行してしまうというデメリットがあります。

それに対し、HARG療法は人間のあらゆる細胞の元となる幹細胞から抽出したAAPEというタンパク質を注入する薄毛治療です。

AAPEは毛髪をつくる毛母細胞を刺激し、毛包幹細胞を活性化させます。

また、HARG療法を受けた後の毛母細胞は活性化された状態になり、1年~数年程度効果が持続します

メリット③治療後のリスク・副作用が少ない

星5つ

AGAの投薬治療で積極的に発毛させたいのであればミノキシジルが有効ですが、「ミノキシジル内服薬」については日本ではまだ認可されておらず、日本皮膚科学会でも「行うべきでない」とされています。

参照:日本皮膚科学会

一方同様に発毛効果のあるHARG療法で使用される成分は、細菌・ウイルスフリーにて製造されているもので非常に安全性が高いといえます。

また、アレルギー起因物質を含まないことも確認されており、現時点において重度な副作用の報告もありません。

施術方法にもよりますが、当日からほぼ普段通りの生活を送ることができます。

メリット③女性も安心して受けられる

髪の毛を触る女性

従来の治療は薄毛に悩む男性を対象としたものがほとんどで、女性には効果がないか、あるいは副作用があり、いずれも安心して受けられる有効な薄毛の治療法がありませんでした。

男性と女性とでは薄毛の原因は異なるもの、根本的には毛母細胞の活動の低下が毛髪の生育を妨げているとされています。

HARG療法は、幹細胞から抽出した各種の成長因子を含むタンパクを局所注入することで、細胞にダイレクトに働きかけ、毛髪の再生及び成長を促す再生医療です。

そのため性別や薄毛のタイプに関わらず、薄毛に対する治療の効果を発揮できるのです。

COLUMN

HARG療法の効果を高める方法|投薬治療との併用

AGA治療は投薬治療が一般的です。

HARG療法は髪の毛を積極的に生やす治療法、いわば「攻める治療」と言えますが、AGAは髪の毛が脱毛する症状のため、抜け毛を抑制しなければ攻める治療の効果も半減してしまいます。

AGA治療はある程度の効果が見込めるまでは、フィナステリド・デュタステリドなどの「守る治療」と併用することで高く、短期間での効果が望めるでしょう。

HARG療法で発毛効果が得られた後もこの「守る治療」を継続するかで持続効果が変わります。

フィナステリド・デュタステリドの投薬治療を継続すれば数年以上はほぼ確実長いと10年程度続くこともわかっています。

投薬治療についてはこちらの記事で詳しく解説しています。詳しく知りたい方はこちらを参照してください。

参照:はなふさ皮膚科

HARG療法のデメリット|副作用や痛み

ニードル脱毛は痛い?伝統的な効果のある脱毛方法。気になる痛みを徹底解説

前述した通り、これまでのところHARG療法による重度な副作用は報告されていません

HARG療法で使用される成分は、脂肪幹細胞を培養して抽出したタンパクを濾過し、細菌・ウイルス検査を行っているため非常に安全性の高いものといえます。

また、感染症のチェックも行われており、アレルギー起因物質も含まないことが確認されています。

しかし、軽度な副作用はいくつかあるので事前に確認しておきましょう。

  • 痛み
  • 頭部の腫れ、赤み
  • 内出血
  • 施術による感染

1つずつ解説していきます。

デメリット①痛み

頭を抱えるヒゲの生えた男性

HARG療法で多くの方が心配しているのが痛み。こちらはかなり個人差があるようです。

40代男性
Designation

施術について、麻酔はあっても頭皮への注射は正直、痛いです。ただ、スタッフや雑賀先生が色々と声掛けしてくれたので何とか頑張れました。
参照:美容医療の口コミ広場

30代男性
Designation

harg療法は、少し痛みがありますが、20分程度なので何とか我慢できます。
参照:美容医療の口コミ広場

40代男性
Designation

覚悟を決めて臨みましたが、処置が終わってみると案外思ったほど怖い処置でもなかったです。
参照:美容医療の口コミ広場

注射後の一時的な痛みは数時間~数日続くことがあります。しかし激しい痛みが発生することはなく、日常生活に支障をきたす心配はないでしょう。

また、最近では針を使わないHARG療法を導入しているクリニックもあります。名古屋中央クリニックもその1つ。

HARG療法は基本的に6回で1クールのため、毎回痛みに耐えるのはストレスにもなりますが「ノンニードルHARG浸透注入法」であれば、針を使用した注入法と比べて痛みは70%ほど軽減されるそうです。

デメリット②頭部の腫れ、赤み

青いゴム手袋のひとに頭皮を治療されている男性

HARG療法は、微細な針を使って頭皮に薬剤を注入していくため一時的な痛みや、腫れ・赤みが伴います。数時間から数日で消えるため、それほど目立たないことが多いです。

デメリット③内出血

こめかみに皺を寄せて頭皮を抑える男性

内出血してしまった場合は7~10日ほどで内出血は消えます。それほど目立たないことが多いです。

デメリット④施術による感染

テーブルで男性になにかを説明する男性医師

注射をしたところから化膿したり感染したりすることも理論上あり得るでしょうが、これはHARG療法に限ったことではなく、可能性としてはかなり低いです。

COLUMN

細胞の循環を高めるhargカクテルとは?

hargカクテルは、毛髪再生に不可欠な各種ビタミンやたんぱく質、 アミノ酸成分などを配合した育毛メソヘアーカクテルと毛母細胞を刺激し、細胞分裂を促す役割を持つ幹細胞抽出タンパクAAPEを混ぜ合わせたカクテルです。

AAPEには以下の成長因子が含まれています。

  • KGF…毛母細胞の増加を促進
  • PDGF…毛髪の成長期を維持
  • VEGF…頭皮の血管新生

タンパクAAPEは、発毛・育毛活動が休止した毛母細胞を再び活発にし、育毛・発毛を促進します

HARG療法で効果なし?その理由とは

ほくろがあるとフラッシュ脱毛はNG?ほくろが消えるって本当?そんな悩みを徹底解説

HARG療法は投薬治療に比べても効果が高いことをお伝えしてきましたが、中には効果がなかったという声も。

40代男性
Designation

HARGを1クール受けた知人がいるが
全く変化なし

50代男性
Designation

次で6回目になりますが、いまのところいまいち効果があるように感じられません。

考えられる理由は2つです。

  • 薄毛の進行が進みすぎて毛母細胞が死滅している
  • 効果が出る前に治療を断念している

効果なしの理由①薄毛の進行が進みすぎて毛母細胞が死滅している

ハゲたおでこの男性が斜め上を見ている

いくら効果が高いHARG療法でも、働きかけたい毛母細胞がなければ効果は得られません

この点については、クリニックでHARG療法が自分に適した治療法かどうか、判断をしてくれるはずです。

しかしHARG療法は比較的最新の治療法のため、治療実績があり、専門的にHARG治療を行なっている病院を選ぶようにしましょう。

医師がHARG療法では効かないと判断した場合は自毛植毛を検討するのもよいでしょう。

効果なしの理由②効果が出る前に治療を断念している

初心者必見。ワックス脱毛の痛みとは?正しい施術で痛みは軽減!

多くの方は3~4回目で効果を実感していますが、年齢や薄毛の進行度によっても効果が出る期間は異なります。

比較的年齢が若い方が細胞の活性化が高いため、その点も覚えておきましょう。

HARG療法は効果が高いという口コミや体験談が多いため、効果を期待しすぎている方もいるようです。

産毛が生えてくる箇所についてはHARG療法での改善の見込みがあるので、根気強く、1年程度は継続するとよいでしょう。

HARG療法をする際の費用相場はどれくらい?

HARG療法の方法と期間、施術時間について

HARG療法は、細胞のスイッチを入れることで発毛効果を促す、これまでにない毛髪再生医療です。

1ヶ月に1回治療した場合、6回~9回程度で十分な効果が得られることが多く、その後は再び薄毛が気になった際に半年に一回程度、治療をしていく形となります。

また、1回あたりの注入に要する時間は10~20分程度ですが、施術前の消毒や麻酔、施術後の待機時間などを含めて全体で40分~1時間程度みておきましょう。

HARG療法をする際の費用は1回10万円が相場

1回あたりの治療の費用相場はおよそ10万円前後です。決して安いとは言えない金額ですが、短期間で発毛効果が見られ、治療後も効果が続くので結果的に他の治療法よりもトータルコストを抑えることができます。

治療費が極端に安い場合は薬剤が異なるか濃度が低く、効果が得られない可能性があるので注意しましょう。

COLUMN

メソセラピーとの違いは?

HARG療法と同様に頭皮に直接注入する治療法、メソセラピーとの違いはなんでしょうか。

簡単に言うと「HARGパウダー」が入っているか・いないかの違いが挙げられます。つまり、注入する成分が異なると言うことです。

HARGパウダーは成長因子を含んでいます。この成長因子は製造コストがかかるため、治療費もHARG療法の方が高額となっています。

また、メソセラピーはミノキシジルフィナステリドなどの成分が入っていることもあるため、HARG療法と異なり女性は使用できないこともある、という違いもあります。

育毛メソセラピーの詳しい効果やメリット・デメリットはこちらの記事で詳しく解説しています。

合わせてご覧ください。

HARG療法にまつわるQ&A

Q&A

ここからは、HARG療法にまつわるよくある疑問について解説していきます。

Q. 施術時間はどのくらいかかる?

時計

注入する範囲によっても異なりますが、注入自体は約10~20分程度です。施術前後の処置を含めると、1時間前後で終わると思っていいでしょう。

Q. HARG療法はM字ハゲなどの生え際にも効果がある?

虫眼鏡で頭皮を見る男性

生え際の薄毛が進行しているM字ハゲやU字ハゲなどの薄毛は、一般的な薄毛治療法では改善しづらい箇所として知られています。

生え際は他の部分に比べて血管が少なく、血行不良に陥りやすい傾向にあるためです。

HARG療法は毛根に働きかける治療方法のため、毛根さえ生きていれば発毛効果があると考えてよいでしょう。

M字ハゲU字ハゲO字ハゲ
おでこの生え際のハゲ(M字ハゲ)が気になる男性AGA治療前の男性の写真頭頂部のO字ハゲ
生え際からM型に薄くなっていく生え際からおでこが広くなっていく頭頂部・つむじから薄くなっていく
1型の酵素を阻害する治療薬1型の酵素を阻害する治療薬2型の酵素を阻害する治療薬
デュタステリド配合治療薬が効果的デュタステリド配合治療薬が効果的フィナステリド、もしくはデュタステリド配合治療薬が効果的
ザガーロが有効ザガーロが有効プロペシアと
ザガーロが有効
1万〜5万円 / 月3万〜10万 / 月1万〜10万 / 月
M字ハゲにの原因と対策ついて詳しく見るUハゲにの原因と対策ついて詳しく見るOハゲにの原因と対策ついて詳しく見る

Q. HARG療法で失敗することはある?

◯と×の札

HARG療法以外の治療法でも言えることですが、薄毛治療はそれぞれが目指すゴール、理想の髪型などが異なるため、人によっては発毛効果が得られたとしても「失敗した」と感じることはあるでしょう。

HARG療法に限定していうと、「発毛効果が得られなかった」という意味での失敗はあまりないようです。

体験談や口コミを見た中でも、実際に「効果がなかった」と答えている人はかなり少なかったです。

Q. いつから散髪できますか?

散髪している男性

散髪は治療後から3日以上空けるようにしましょう。

また、カラーリングやパーマは治療の2週間以内までに済ませておくとその後のトラブルやリスクを避けることができるでしょう。

HARG療法は半年〜1年程度治療を続けることになるので、初回だけでなく治療期間中は常に頭にいれておきましょう。

Q. 当日のシャワーや入浴は可能?

シャワー

特に問題ありません。

しかし、治療後6時間以上空け、シャンプーは軽めに済ますようにしましょう。

Q. お酒はいつから飲めますか?

お酒で乾杯している様子

アルコールは血行を促進させるため、当日のみ飲酒は控えましょう。

HARG療法にオススメのAGAクリニック

HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会が認定する医院でのみ治療が受けれます。

AGAクリニックで治療を行う場合、基本的に月に一度の通院が必要です。そのため、以下のような費用が毎月かかります。

【投薬治療によるAGAクリニックの費用相場】

  • 費用相場:約15,000〜17,000円
  • 診察料:約3,000〜5,000円
  • 総額:約18,000〜22,000円

harg治療に特化してるからオススメ。「四谷ローズクリニック」

女性用訴求

注入治療のHARG療法に特化した「四谷ローズクリニック」。四谷ローズクリニックの院長は自ら無麻酔のHARG療法を受け、それが苦痛だったそうです。

通院が苦にならないように、痛くないHARG療法の開発を行い、エアージェットによって薬剤注入する「エアージェットHARG療法」が誕生しました。

痛みが最大70%軽減するので、治療が憂鬱になることがありません。この功績がMIT(MEDICAL INTERNATIONAL TECHNOLOGIES)社に認められ、日本で唯一のメドジェット認定指導施設に認定されています。

四谷ローズクリニックは平日21時まで受け付けているので、仕事帰りに立ち寄ることができます。最寄の四谷駅からも近いので、気軽に通院できます。また、21時以降でもフレックスに対応してくれます。

AGA治療や診断内服薬・外用薬・HARG療法・点滴
カウンセリング5,000円

※WEB予約でカウンセリング無料

診察の流れカウンセリング→診察→検査→治療
診察時間13:00~21:00(火・水・木・金曜日)

9:00~18:00(土・日曜日・祝祭日)

休診日月曜日
支払方法現金・クレカ
公式サイト四谷ローズクリニック

薄毛の総合治療にオススメ。「KM新宿クリニック」

FUERS植毛センター

KM新宿クリニックは、新宿院は新宿駅より徒歩5分、銀座院は銀座一丁目駅より徒歩5分、京橋駅より徒歩3分という好立地です。

90%以上という高発毛率を誇っている、HARG療法も受けられ、治療を受けたほとんどの人が発毛を実感。発毛した頭髪が再び抜けないよう万全な治療体制を整えています。

支払方法は、現金一括、クレジットカード一括、医療ローンの3種類から選ぶことができるので、予算に合わせた方法を選択できます。

脱毛可能部位鼻下・ほほ・顎・顎下・胸・背中・両ワキ・上腕・お腹・手の甲・手の指・肘下・すね・ふくらはぎ…etc
カウンセリング初診料:2,000円

再診料:1,000円

※公式HPには無料相談有との記載(要確認)

診察の流れ予約→カウンセリング→ジェルの塗布→レーザー本照射→アフターケア
診察時間11:00~19:00
休診日月・木・年末年始
支払方法現金・クレカ・医療ローン
公式サイトKM新宿クリニック

まとめ

注射器

記事の内容をまとめると、

  • HARG治療の頻度は、基本的に月に1回のペースで、6回~9回程度で十分な効果が得られることが多い
  • HARG治療は女性も安心して受けられる治療方法
  • HARG療法に特化した「四谷ローズクリニック」、薄毛の総合治療を行う「KM新宿クリニック」がおすすめのクリニック。

HARG療法は、従来の薄毛治療方法とはメカニズムが異なり、細胞に直接働きかけて発毛を促す再生医療です。薄毛治療は、性別や症状、原因によってベストな施術方法は異なります。

治療内容や費用をしっかりと把握して、AGA治療を検討してみてください。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2020年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2020】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼近くのおすすめクリニックを今すぐチェック!

北海道・東北地方関東地方信越・北陸地方東海地方
北海道
青森
山形
秋田
岩手
福島
宮城(仙台)
東京
埼玉(大宮)
神奈川(横浜)
千葉
茨城
栃木
群馬
富山
石川
福井
長野
新潟
山梨
静岡
愛知(名古屋)
三重
岐阜
近畿地方四国地方中国地方九州・沖縄地方
京都
兵庫(神戸)
大阪
奈良
滋賀
和歌山
徳島
香川
愛媛
高知
岡山
鳥取
島根
広島
山口
福岡
長崎
佐賀
大分
熊本
鹿児島
宮崎
沖縄