AGAを保険適用で安くしたい?クリニックを比較して最適なプランで料金を抑える

2021年6月11日

AGAを保険適用で安くしたい?

この記事を書いた人

今井

20代から薄毛に悩んでいて、AGAやクリニックについて猛リサーチ。同じ悩みを持つメンズのみなさんの力になりたい!

AGA(男性型脱毛症)は治療することができる。病院で診てもらえる。といったことが広く知られるようになるにつれ、自分も治療を受けてみたいと思った方は多いでしょう。
私もその中の一人。しかし、いざ少し調べてみたら病院で治療するはずなのに、費用がなぜか高い。と感じたのではないでしょうか。

 

今回はその理由や、AGA治療は保険が適用されるのかどうか、また効果や費用といった側面からおすすめの治療法を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧になって、AGA治療についての理解を深めてみてください。

  ※なお、AGAの治療ならAGAスキンクリニック、ウィルAGAクリニック、髪のクリニックSeedがおすすめです。 どこも口コミの評価が高く、多くの方に人気のクリニックです。あなたも安心してAGAを治療できますよ。

  「自分がAGAであるか知りたい」「どのような治療方法があるか知りたい」という方でも、無料でカウンセリングを受けることができます。 無料カウンセリングなら最短27秒で予約の申し込みが完了します。まずはリンクをタップして、公式サイトから申し込んでみてください。

  【1番オススメ!】AGAスキンクリニック・・・全額返金制度あり!月々3,400円~。豊富なプランの用意あり。

  【2】ウィルAGAクリニック・・・独自のメソセラピーが驚異の発毛効果を発揮!安心できる全額保証制度もあり

  【3】髪のクリニックSeed・・・医師とマンツーマンの薄毛治療。わかりやすいプランと明朗な会計が特徴的 

※価格の表記に関して特に記載がない場合は、税込表記となっています。

AGA治療は保険適用されるのか|医療行為ではない

AGA治療を考えているのであれば、治療費はいくらくらいかかるのか、保険適用はされるのかなどの費用の面も気になるところだと思います。

しかし、結論から言うとAGA治療は保険の適用はされません

なぜかと言うと、AGAは病気ではなく加齢などが原因となって症状が進行するので、AGA治療は容姿を整えるための美容を目的とした行為とされているためです。

中にはAGAの検査や治療に対して保険が適用されるケースもありますが、色々と条件があり非常に稀なケースと言えるでしょう。

保険が適用されるのは「医療行為」

そもそも保険が適用されるということはどういうことなのかを押さえておきましょう。

健康保険は、健康保険法という法律によって定められている制度で、国民の「健康」を目的としています。日常生活に支障をきたす症状や、生死に関わる症状を治療する医療行為を受けた際に適用されるものとなっています。

身近な例で言えば、風邪をひいた、どこか怪我をしたというのは、その人の健康を損なって生活に支障が出るので、医療費の一部をまかなう健康保険が適用されます。これを「保険診療」と言います。

あなたも病院で診療を受けたことがあると思いますが、普段の生活の中で病気や怪我をした時に受ける診療はほぼこの保険診療となっています。

治療費について詳しくご覧になりたい方はこちらもご確認ください

治療費について詳しくご覧になりたい方はこちらもご確認ください

AGA治療は保険対象外|「美容目的」とされている

病気や怪我の治療はそのほとんどが保険診療であることが一般的ですが、一方で、AGA治療は保険の適用外となっています。

その理由として、AGAは男性型脱毛症と言われ、治療することができる病気と認知されてはいますが、AGAになったからといって風邪や怪我と違い、健康を損なっているわけではありません

AGAになったからといって、歩けない、動けないなど日常生活に支障をきたすことはほぼないでしょう。

そのため、AGA治療は容姿を整えるためといった美容目的の医療行為と位置付けられています。

美容整形やインプラントなどと同じ「自由診療」の範囲内とみなされ、保険の適用外の全額自己負担の治療となっています

こういった理由によって、AGA治療はある程度費用の掛かる治療行為と言われています。

COLUMN

AGAと保険適用

一年間の中で支払った医療費が一定額以上になった場合に、その年の所得から医療費の金額が差し引かれる制度が「医療費控除」で、結果的に納税金額が減額されるというメリットがあります。

AGA治療の場合、平均して1ヶ月に1万円ほど掛かると言われおり、1年間通して治療すると12万円と、かなり大きな金額です。医療費控除がされれば大助かりとなりますが、残念ながらAGA治療はこの対象にはなっていません。

AGA治療は、保険が適用されない自由診療ですが、医療費控除の対象になる医療費というものは、保険が適用されるような医療で発生した費用を指しています。

医療費控除の対象となっていないので、確定申告においても同様になんの恩恵を受けることはできません。

しかし、医療費控除の対象となるケースのAGA治療もあるので、AGA治療を始める際には、自分の場合はどうなのか確認をしておくことは非常に大切です。

AGA治療で保険適応される時|病気がきっかけの場合

基本的には保険の適用外とされるAGA治療ですが、保険が適用されるケースもあります

それは、別の病気が元となって薄毛や脱毛症が発症した、またはその病気の治療の一環として薄毛・脱毛治療が含まれると医師が認めた場合です。

適用されるかどうかは医師の判断によるので、治療する前に相談してみても良いかもしれません。

では、具体的にどのような場合にAGA治療は保険適用となるのか見ていきたいと思います。

全身の疾患の治療として|育毛などの施術

AGA治療が、治療の一環として認められる症例として

  • 鉄欠乏症貧血
  • 膠原病
  • 甲状腺機能低下症

などが挙げられます。

鉄欠乏症貧血は、血液の中の鉄分が不足することによって起こる貧血症です。これは分かりやすく言えば、全身に酸素や栄養が届かなくなるというものです。

当然、頭皮にも酸素や栄養が届かないので、抜け毛や薄毛の原因となります。

膠原病は、間接リウマチやシェーグレン症候群などの自己免疫系疾患の総称です。

中でも、全身性エリテマトーデスの症状の一つに脱毛症状が挙げられています。他にも強皮症でも脱毛症状が発生すると言われています。

甲状腺機能低下症の場合は、全身の新陳代謝が落ちることによって、毛髪の成長に悪影響が出た結果、薄毛や脱毛という状態になります。

このように、元の病気があって、その病気の症状や影響で脱毛症状が出た場合には、保険適用のAGA治療が受けられます

精神的な疾患の治療として|病名が付いた場合

ハゲが原因で鬱病になった。と聞いて「まさか」と思う人は多いかもしれませんが、意外と笑っていられないかもしれません。

10代や20代といった若いうちにAGAが発症して若ハゲになると、見た目が悪くなる、同世代よりも老けて見える、からかわれる、などと思い落ち込むのは当然だと思います。

それが心の負担となり、思い悩んでストレスが溜まると、鬱病や自立神経失調症を引き起こしてしまうことがあります。

AGA発症による鬱病や自律神経失調症と診断された場合には、鬱病の治療としてのAGA治療となるので、保険が適用されるようになります

心の病は重症化すると取り返しのつかない事態になることもあるので、まずは医師に相談してみることが大切です。

COLUMN

AGAの原因が他の病気かどうか調べよう

AGAは男性型脱毛症と言われ、頭頂部とおでこの生え際から始まります。原因としては男性ホルモンが関わって起きると言われています。

円形脱毛症や自分で毛を抜いてしまう抜毛症などは症状としてはAGAと同じ薄毛やハゲですが、別物となります。

医師がAGAを診断する際のポイントは3つ

  • 既往症の除外
  • 好発部位の確認
  • 軟毛化のチェック

と言われています。

既往症の除外とは、他の病気による脱毛かどうか、他に飲んでいる薬があれば、その薬剤の影響かどうかを調べることなので、この時点でもしも他の病気が原因だった場合は判明すると言えます。

他の病気が元となって起きたAGAは保険適用となりますが、他に病気があることは、決して良いことではありません

正直、甲状腺の機能低下、鉄欠乏症といった病気は自分では判断できないものなので、気になることがあれば、まずは医師に相談することが前提と言えるでしょう。

AGA治療にかかる費用|完治はしないのか

AGA治療の方法は大きく分けて

  • 投薬治療(飲み薬を服用)
  • 注入治療(頭皮に薬液を注入)
  • 自毛植毛(脱も個所に別の個所の毛根を移植)

などがあり、症状の進行具合や治療目的によって変わるので、費用も異なってきます

投薬治療の場合は、効果が表れるまで少なくとも半年~一年間は服用することになります。

また、AGA治療にとって治るというのはどういうことなのかもまちまちです。AGA治療をすれば若い頃のようにふさふさになると思っている方もいるかもしれません。

ここではAGA治療にかかる費用や時間について紹介していきます。

AGA治療で一般的な投薬治療の費用相場

AGA治療における投薬治療というのは、薄毛を改善するために有効な成分が入った薬を飲むという治療法です。

治療薬には

  • 抜け毛を防ぐ(フィナステリド、デュタステリド)
  • 抜け毛を防ぐ(フィナステリド、デュタステリド)

という2タイプの働きをするものがあります。

AGAの投薬治療をするということは、この2タイプの薬を処方されるということです。

投薬治療の1ヶ月あたりの費用相場はおよそ10,000円前後と言われており、目安として6ヶ月の継続治療が必要とされています

つまり最短6ヶ月の治療で60,000円以上の費用がかかるというのは見積もっておいた方が良いでしょう。

また、自由診療なので、自分が望む効果、予算によって処方される薬を医師と相談できます。その場合には費用はさらに前後することになります。

AGAは完治しない|進行を遅らせることが目的

AGAの完治が、昔のように髪が元通りになること。と考えるならば、残念ながらAGAは完治しない病気ということになります。

AGA治療とは、今の状態を改善する、薄毛・脱毛といった症状を軽減することを指しており、つまり「AGAの進行を遅らせることが目的」と言い換えることができます。

抜けやすくなった髪の毛を抜けにくくする。生えにくくなった髪の毛を生えやすくなるように促すといったことがAGA治療です。

その結果、以前よりも髪の毛が黒く太くなったり、髪の毛が増えたりすることがAGA治療における治るという意味になります。

完治しない=治らないということではないので、早い段階で前向きに取り組むことが大事になってきます。

一生続けなければならない|植毛という手段も

AGAは加齢や男性ホルモンによって進行する脱毛症です。AGA治療したことによって症状が改善されて、前よりも髪の毛が増えることもあるかもしれません。

しかし、AGA治療をやめることで、再びAGAが進行してハゲていく可能性もあります。出来る限り状態を維持したいのであれば、AGA治療は一生続けなければならないと言えるでしょう。

年齢や周囲の状況的に、ハゲても気にならなくなった時などは、治療をやめても大丈夫ですが、やはりそういった状況になるまで長期間の治療が必要と言えるかもしれません。

ですが、それ以外に道はないわけでなく、長期間の治療は無理なら植毛という治療方法もあります

金額は数十万円~と、投薬治療に比べてはるかに高額になりますが、一回の治療で効果を得ることができて、継続して治療する必要はありません。

自分の望む効果や予算などと相談して、自分にとってどんな治療があっているのか考えてみてください。

COLUMN

一生続く治療|少しでも安くするには

一生続く治療、それに伴って毎月掛かる治療費用。先のことを現実的に考えると気が重くなるかもしれません。

治療費の負担が重くなれば、せっかく前向きに治療したくてもため息がこぼれてしまいます。

そうならないためにも、一生続くならせめて治療費は少しでも安くしたいところです。

まずは、どんなクリニックがあるかを調べ上げることが大切です。AGA治療は保険適用外、自由診療なので、クリニック側が自由に価格を設定できます。

そのため、費用にかなりバラつきがあります。治療に使われる薬の成分は同じなので、分量さえ同じなら効果に違いはありません。このことを念頭に置いて、できるだけ安く済むクリニックを調べてみるのがおすすめです。

さらに、クリニックではジェネリック医薬品を選ぶようにすることも大切です。

他には一般病院の皮膚科で治療するという方法もあります。脱毛抑制薬のみの処方で、発毛促進薬は処方されませんが、それでも良いと思う方は、この方法も治療費を安くする手段としては有効です。

AGA治療でおすすめクリニック3選|保証も充実!

薄毛は治療できる。AGAは病気です。といったフレーズがTVCMや広告で世間に認知されるようになり、薄毛は病院で治すことができるという認識が広まりました。

AGAクリニックを検索したことがある方は感じたことがあるかもしれませんが、現在では数多くのクリニックがあり、選択肢が増えた分、どのクリニックが良いのか分かりにくくなっています。

そこで、ここではAGA治療でおすすめのクリニックを3つ紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

「AGAスキンクリニック」

AGAスキンクリニックはGacktさんがイメージキャラクターを務める評判がいいクリニック。その最大の特徴は、なんといっても全額返金保証制度があることです。
AGA治療をする際に一番避けたいのは、せっかくお金を払って治療をしたのに、まったく効果がでなかった。ということですよね?
AGAスキンクリニックではそうした不安を解消するため、6か月後の治療経過でクリニックとあなたが共に効果ないと判断した場合は、その間に支払った費用を全て返金してくれるのです。
また、内服薬の費用も全体的に抑えめで、カウセリングや血液検査料も無料となっています。

カウンセリング 0円
初診料・血液検査料 ともに0円
診察料 0円
AGA予防治療 初診3,740円/月 再診5,280円/月
発毛治療 38,500円/月 12か月コース

もちろん、全額保証制度は「お互いに効果がないと認めること」が必要なので、事前にどれくらいの場合は効果が無いとみなすかを確認しておくことが必要でしょう。
私も、カウンセリング時にはチェックをしておきました。それさえ確認できれば安心して始められますから、まずはその確認のために、無料カウンセリングを受けてみましょう。

お試しもできる「ウィルAGAクリニック」

ウィルAGAクリニック
画像引用:ウィルAGAクリニックHP

表参道、銀座、立川と、東京都内に3院ある頭髪治療専門クリニックがウィルAGAクリニックです。

初回のみ原則として通院を勧めていますが、2回目以降はLINE電話を利用した遠隔診療で自宅にいても治療が受けられることでも評判となっています。

また、豊富な治療ラインナップがあることでも人気のクリニックで、毛髪再生メソセラピーのお試しができることも話題です。

カウンセリング 0円
診察料 0円
医師によるAGA・薄毛診断 0円
血液検査 対象の治療プランに限り0円
WILLオリジナル発毛薬 内服薬:5,400円~/1ヶ月分 外用薬:5.100円~/1ヶ月分 セット:7.400円~/1ヶ月
HARG治療/PFC療法 各96,000円/1回
毛髪再生メソセラピー 84.000円~/1回 ※お試し体験:3.980円

さらに、6ヶ月間の全額返金保証が用意されていて、効果があるのか不安な人でも安心して治療が受けられる制度も、大変な魅力と言えるでしょう。

気軽に治療を受けられる「髪のクリニックSeed」

東京でAGA治療。MOTEOおすすめのクリニックランキング(口コミ・評判付き)
画像引用:髪のクリニックseedHP

2017年に開設したとても新しい薄毛治療クリニックが髪のクリニックSeedです。

このクリニックの大きな特徴と言えば、遠隔診療で治療薬を処方してもらえる気軽さです。

薄毛治療クリニックに行くことに抵抗がある人でもスマホやPCでオンライン診療を受けることができるので、プライバシーが守りながら安心して治療を始めることができます。

カウンセリング 無料カウンセリングあり
診察料 3.000円
オンライン診察 6.000円
血液検査 5.000円
基本発毛治療 19.800円/1ヶ月 56.400円/3ヶ月

初期費用はいくらか掛かりますが、業界で最安価格での治療を掲げていて、全体的な費用を抑えることができるのが魅力となっています。

また、気になることがあれば無料でチャット相談ができるなど、ケアも行き届いていることも人気の理由に挙げられます。

まとめ:AGA治療は適切なクリニック選びで費用を抑えよう!

AGA治療は基本的には「保険適用外」の自由診療での治療となります。

しかし、稀ながら保険が適用されるケースもあるので、AGAがどんな原因で発症したのか、他の病気が原因ではないかなど、治療する前に知っておくべきことが多くあります

そういったことも踏まえて、まずは医師に相談して自分の状態をきちんと正確に把握することが大切です。

また、AGA治療と一口に言っても、投薬治療、注入治療、自毛植毛といった治療方法があり、自由診療なので、費用もピンからキリまで幅が広くなっています。

どんな治療方法が自分の求めているものなのか、症状や予算、時間的な要因などと相談して決めることも必要です。

とにかく、AGAかもしれない、AGA治療しようかなと思ったら、できるだけ早く医師に相談するのが一番大切と言えるでしょう。

 
  ※なお、AGAの治療ならAGAスキンクリニック、ウィルAGAクリニック、髪のクリニックSeedがおすすめです。 どこも口コミの評価が高く、多くの方に人気のクリニックです。あなたも安心してAGAを治療できますよ。

 
  「自分がAGAであるか知りたい」「どのような治療方法があるか知りたい」という方でも、無料でカウンセリングを受けることができます。 無料カウンセリングなら最短27秒で予約の申し込みが完了します。まずはリンクをタップして、公式サイトから申し込んでみてください。

 
なお、カウンセリングに申し込む際は最低でも「2件」以上に申し込みましょう。それぞれの比較ができて、自分にあったクリニックがより見つかりやすくなります。

 
  【1番オススメ!】AGAスキンクリニック・・・全額返金制度あり!月々3,400円~。豊富なプランの用意あり。

 
  【2】ウィルAGAクリニック・・・独自のメソセラピーが驚異の発毛効果を発揮!安心できる全額保証制度もあり

 
  【3】髪のクリニックSeed・・・医師とマンツーマンの薄毛治療。わかりやすいプランと明朗な会計が特徴的

 

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□AGAの原因って?AGAの原因と対策|若ハゲのメカニズムは遺伝とホルモンバランスが要因って本当?
□AGA治療に効果はあるの?【2021年最新】AGA治療は効果あり?完治までの費用や期間を【全過程】解説
□AGAの治療にかかる費用はいくら?AGA治療の1ヶ月の費用相場は?ジェネリック治療薬で手頃に薄毛治療する
□AGA治療の副作用は?AGA薬の副作用は?薄毛治療の効果とEDなど男性機能への影響を紹介
□AGA治療薬の種類は?AGAの治療薬の種類は?プロペシア・ザガーロ・ミノキシジル。自分にあった治療セットで薄毛改善
□全クリニックからおすすめを知りたい!【2021】AGAクリニックおすすめランキング全国版!口コミ・評判・体験談から薄毛治療の病院BEST19を決定

▼関連リンク

▼本サイトについて