医療レーザー脱毛で効果を実感するまでにかかる期間と費用を徹底解説

2019年9月17日

より効果を実感!医療脱毛とは?

この記事を書いた人

金城

沖縄出身の金城です。沖縄なので毛深いです。脱毛歴3年。いくつかのクリニックとエステサロンを経験しているのでMOTEOで体験を活かしたコンテンツを発信していきます。AGAもちょっとあります。つむじが気になります。

フラッシュ脱毛と同じくらい人気がある脱毛方法に、医療レーザー脱毛があります。

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛は、大きく異なる点も多々ありますが、脱毛についてあまり詳しくない方にとっては似ている脱毛方法と感じられるでしょう。

かくいう私も、脱毛方法なんてどれも同じと思っていました。

私は最初に医療レーザー脱毛から始めたのですが、その時フラッシュ脱毛の存在は知りませんでした。

医療レーザー脱毛に通ってしばらく経った後にフラッシュ脱毛の存在を知り、費用が医療レーザー脱毛に比べ安かったため、その時は損をした気分になってしまいました。

しかし、調べてみると医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりもたくさんのメリットがあることが分かりました。

今回は、フラッシュ脱毛と同じくらい人気である医療レーザー脱毛に関して、効果・費用感・メリットデメリットを、正しい脱毛方法の選択が出来るよう解説していきたいと思います。

医療レーザー脱毛とは?フラッシュ脱毛よりワンランク上の脱毛方法!

医療レーザー脱毛とは、レーザーを脱毛部位の毛乳頭(毛を作り出し、毛に栄養を送り出す組織)に照射し、壊すことによって施術を行う脱毛方法のことです。

医療レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛よりも脱毛効果が高いため、確実に早く脱毛を終わらせたい方に向いている脱毛方法と言えます。

また、より高い効果が見込める分、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べ費用が高くなります。効果の面、費用の面それぞれの観点から、フラッシュ脱毛よりもワンランク上の脱毛方法が、医療レーザー脱毛になっています。

医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛との違いは?レーザー脱毛を扱えるのは医療機関のみ!

医療レーザー脱毛は、医療機関のみが施術することが出来る、医療行為(美容医療)扱いの脱毛方法になります。下記の表は医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の比較を項目ごとに行い、まとめたものになります。

脱毛方法 施術方法施術出来る機関照射の強さ脱毛完了の目安期間費用
医療レーザー脱毛メラニンに反応する医療機器を使いレーザーを毛乳頭に与え壊していく病院・クリニックフラッシュ脱毛に比べ出力が高い1~2年高い
フラッシュ・光脱毛メラニンに反応する脱毛器を使い光を毛乳頭に与え壊していくエステサロン医療レーザー脱毛に比べ出力は低い2~3年安い

施術方法は非常に類似していますが、施術できる機関と照射の強さが変わるため、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛とで、脱毛完了の目安期間に1年の差があります。

医師免許を持っている人にしか医療レーザー脱毛が施術できない理由は、医療レーザー脱毛で使用する脱毛機器の照射のパワーが、それほどまでに大きいからです。

その分、医療レーザー脱毛で使用する脱毛機器のレーザーは毛乳頭を壊すエネルギーも高いため、脱毛効果が期待出来ます。

結果として、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも1年程度早く、永久脱毛を終えることが出来ます。

医療レーザー脱毛はどんな人に向いてるの?脱毛効果を早く実感したい人必見!

医療レーザー脱毛は5~10回、約1年~2年間通うことで永久脱毛できると言われています。

対して、フラッシュ脱毛は施術回数が10回を過ぎたところで青髭が無くなってきたと効果を実感でき、20回を過ぎたところでツルツルになってくると言われています。

脱毛施術を受ける頻度は、1~2ヶ月に1回が通常ですので、ここでは2ヶ月に1回のペースを仮定して表に期間の計算をいれています。

脱毛方法青髭解消までにかかる施術回数ツルツルになるまでにかかる施術回数
医療レーザー脱毛5回程度(10ヶ月)10回程度(1年8ヶ月)
フラッシュ脱毛15回程度(2年6カ月)20回程度(3年4か月)

上記表をみると、明らかに医療レーザー脱毛の方が早くツルツルになれることが分かります。そのため、早く脱毛効果を実感したい方には断然医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛の費用感は?フラッシュ脱毛・ニードル脱毛の間!

脱毛の費用感は、一般的に「フラッシュ脱毛<医療レーザー脱毛<ニードル脱毛」の順番で高くなっていくと言われており、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛とニードル脱毛の間の費用感で価格設定がされています。

以下は、それぞれの大手脱毛サロンのメニューの料金をもとにして、各脱毛方法別に費用比較表を作成したものです。

脱毛方法鼻下のみのヒゲ脱毛した場合の金額(例)
フラッシュ脱毛4,200円(税込・リンクス
医療レーザー脱毛6,070円(税込・湘南美容クリニック
ニードル脱毛143円/本(税込・メンズTBC

 鼻下のヒゲ本数をこちらの記事を参考に4157本で計算…594,451円

こちらの比較表でも、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛とニードル脱毛の中間の料金価格となっています。

そして下記は、医療レーザー脱毛の大手クリニックを5つピックアップし、ヒゲ3部位の脱毛費用を比較したものです。

クリニック名ヒゲ脱毛3部位にかかる費用
メンズリゼクリニック5回コース 74,800円(税込)
Dr.コバ5回コース 59,000円(税抜)
ゴリラクリニック6回コース 68,800円(税込)
湘南美容クリニック6回コース 29,800円(税込)

医療レーザー脱毛の場合、およそ脱毛施術5~6回目にはヒゲの悩みが解消されるような変化に気づくと言われており、各脱毛クリニックも5回コース、6回コースをメニューに用意していることが多いです。

上記4つのクリニックの中では、湘南美容クリニックが断トツでお安くなっております。

医療レーザー脱毛の効果と期間は?1年~2年で青髭が若々しくツルツルに!

医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも強い力で照射出来るため、フラッシュ脱毛よりも、高い脱毛効果が期待できます。

ヒゲのフラッシュ脱毛の場合、青髭・埋没毛・埋もれ毛を解消するために10回程度の施術回数がかかります。

一方、ヒゲの医療レーザー脱毛の場合は5回程度の施術で青髭・埋没毛・埋もれ毛の脱毛効果を感じ始めることが出来ます。およそ2倍、施術回数が変わってきます。

青髭や埋没毛・埋もれ毛は他の、毛穴をきちんと通り抜けて外に出られている毛に比べて、より皮膚の奥に毛乳頭(毛を作り出している組織)が潜んでいる状態なので、脱毛機器の照射が難しくなります。

フラッシュ脱毛も医療レーザー脱毛も、照射によって毛乳頭を壊し脱毛するため、毛乳頭が皮膚の奥に潜んでいる青髭・埋没毛・埋もれ毛は、脱毛のアプローチが他の毛に比べ難しくなります。

とはいえ、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛に比べ照射のエネルギー値が高いため、フラッシュ脱毛よりも、青髭、埋没毛・埋もれ毛の毛乳頭にレーザーが届きやすく、毛乳頭を壊しやすいため、高い脱毛効果が期待できます。

今、青髭やヒゲの埋没毛に悩まされている方でも、1年(施術回数6回)~2年(施術回数24回)脱毛クリニックに通うと、青髭のことを考えることはすっかりなくなってしまうでしょう。

医療レーザー脱毛のメリットは?医療機関ならではの安心ポイント4選

医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の違いを中心に上記で解説してきましたが、より医療レーザー脱毛の理解を深めるため、この章では医療レーザー脱毛のメリットを解説していきたいと思います。

フラッシュ脱毛に比べ効果が早めに実感できる!

上記で述べてきましたように、フラッシュ脱毛よりも医療レーザー脱毛の方が、早く脱毛効果を実感することが出来ます。効果が早く実感出来ると、施術を受けるモチベーションにもなります。

大金を払って脱毛施術を受けているため、中々効果が出ない状態ですと、施術を受けるモチベーションも落ち、遂には通わなくなってしまう、なんてこともあります。脱毛効果が早く実感できるということは、大きなメリットです。

増毛化・硬毛化・肌トラブルに強い!

脱毛施術をしていると、ごく稀に、増毛化・硬毛化することがあります。

増毛化・硬毛化とは、施術を受けていた脱毛部位の毛が逆に濃くなったり、本数が多くなったりすることです。

発生確率は日本のサロンでは0.3%、スペインの医療脱毛機関では10%と報告されており、未だ正確な発生条件や確率は分かっていません。

増毛化・硬毛化する原因も科学的には明らかとなっていませんが、産毛や細い毛、薄い毛などに脱毛機器を照射することによって、逆に毛の細胞が活性化し、育毛効果を与えてしまっているのではないか、と言われています。

フラッシュ脱毛も医療レーザー脱毛もメラニンに反応し照射するため、メラニンが薄い産毛部位などでは照射する脱毛機器のエネルギー値が低まり、毛乳頭を壊すどころか活性化させるのではないか?という理論です。

一般的に、増毛化・硬毛化したら主に

  • 照射の出力を上げ、より確実に毛乳頭を壊す試みをする
  • 照射の出力を下げ、増毛化・硬毛化のリスクを下げる
  • 脱毛機器の種類を変える
  • 放置し、次の毛の生え変わりを待つ、様子を見る

という、4つの対処をエステサロンやクリニックはしてくれます。

しかし、エステサロンの場合は法律の関係上、出力を上げたくても上げられないので、増毛化・硬毛化した場合の対処の幅がクリニックよりも狭いです。

また、脱毛クリニックは医療機関であるため、やけどや毛嚢炎などの肌トラブルがあった場合にも、スピーディーに診察をし、適切なお薬を処方してくれます。

増毛化・硬毛化、肌トラブルに強いというメリットが、医療レーザー脱毛にはあります。

医師のフィードバックが受けられるので安心・安全!

脱毛クリニックには、脱毛エステサロンと違い、医師が常駐しています。

そのため、肌の状態などについて、医学に基づいたフィードバック・処置を受けることが出来ます。

肌が弱い方やアトピー性皮膚炎をお持ちで脱毛をするのが怖い方でも、安心して施術を受けられるのは、医師が常駐している医療レーザー脱毛ならではです。

クーリングオフもばっちり効く!

2017年11月まで、医療脱毛のクーリングオフは認められていませんでしたが、2017年12月から医療レーザー脱毛もクーリングオフの対象となりました。

医療レーザー脱毛もクーリングオフが出来るようになり、契約日から8日以内であれば、返品・返金をすることが出来るようになりました。

もちろん返品ありきで契約するということはおすすめしませんが、万が一強引な勧誘にのせられて契約してしまったとしても、返品・返金することが可能です。

脱毛は身近な存在にはなりましたが、それでもお高い買い物ですのでクーリングオフが出来るということは大きなメリットになります。

産毛や色の薄い毛にも効果が期待できる!

医療レーザー脱毛の中でも、脱毛機器「メディオスターNeXT PRO」を利用した施術は毛質を選ばず脱毛が出来るという点で人気が高い脱毛方法になっています。

従来の医療レーザー脱毛は、毛のメラニンに反応し、熱を吸収・毛乳頭を破壊していました。

対して、メディオスターNeXTPROは、毛乳頭を破壊するのではなく、「バルジ」と言われる発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。

メラニンに反応する必要なく脱毛が出来るため、細い毛であろうが産毛であろうが脱毛できるのです。

メディオスターは、ヒゲが元々薄い方や、一度脱毛し、ある程度ツルツルになったけれどもっと綺麗なツルツル肌になりたい、という方に向いている脱毛機器です。

フラッシュ脱毛の場合は、メディオスターのようなメラニンに反応せずに脱毛出来る機器が現状で出ていないため、産毛や薄い毛・細い毛の脱毛は難しくなっています。

医療レーザー脱毛のデメリットは?通う前に知っておくべきポイント3選

つづいて、医療レーザー脱毛のデメリットも解説していきたいと思います。メリットだけではなく、医療レーザー脱毛にもデメリットがあります。

契約する前に知っておきたい、医療レーザー脱毛のデメリットを今回3つに絞りました。

レーザーの出力が高いので痛い!

医療レーザー脱毛は、フラッシュ脱毛に比べ、照射の出力が高いため、その分痛みが強く走ります。

これは、照射した際に発生する熱の痛みなので、避けられません。

クリニックでは麻酔も塗ることが出来ますので、どうしても耐えられないという方は麻酔を合わせて受けたほうが良いでしょう。

ちなみに、私の体験談ですと、最初の3回の医療レーザー脱毛の施術は、泣くほど痛かったです…。

剛毛の方ほど痛みを感じやすく、毛が薄い方ほど痛みは感じづらいです。

痛いということは施術に成功しているということですので、毛が薄くなって施術を重ねるごとに痛みが減っていくのを待ちましょう。

フラッシュ脱毛に比べ費用が高い!

フラッシュ脱毛に比べ、医療レーザー脱毛は費用が高いとされています。

フラッシュ脱毛で人気の大手サロン「リンクス」と、医療レーザー脱毛で人気がある「メンズリゼ」の料金を実際に比較してみました。

青髭解消にかかる費用、ツルツルになり始める費用をそれぞれ洗い出し、表にまとめると以下のようになります。

脱毛サロン名青髭解消ツルツルになり始める
メンズリゼ(医療レーザー脱毛)*5回目
36,000円
10回目
72,000円
リンクス(フラッシュ脱毛)**15回目
32,200円
20回目
36,400円

*…鼻下脱毛5回コース36,000円(税込)で計算
**…鼻下脱毛10回コース28,000円(税込)、11回目以降840円/回(税込)で計算

やはり医療レーザー脱毛であるメンズリゼクリニックの方が費用は高く、ツルツルになり始める時には2倍近い費用の差がついていました。

期間は1年ほど、医療レーザー脱毛の方が早いため時間をお金で買ったと思える方には医療レーザー脱毛は向いてると言えるでしょう。

肌が弱い人、色が黒い人には向いていない!

一般的な医療レーザー脱毛はメラニンに反応し脱毛を行う「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」という脱毛機器を利用しているため、メラニン色素を多く含む色黒の方、日焼けをしている方には向きません。

毛ではなく、皮膚全体にレーザーが反応することになり、ヤケドを負ってしまいます。

また、医療レーザー脱毛は照射の出力が高いゆえに痛み・刺激が大きいため、肌が弱い方は一般的に出力が医療レーザー脱毛より低く刺激が少ないフラッシュ脱毛を選ぶことが多いです。

ただし、メディオスターという医療レーザー脱毛機器を使用すると、色が黒い方でも肌が弱い方でも問題なく脱毛することが出来ます。

扱っているクリニックがまだまだ少ないというデメリットはありますが、肌が弱くてもどうしても医療レーザー脱毛が良い!という方はメディオスターを導入しているメンズリゼクリニックや湘南美容クリニックで脱毛すると良いでしょう。

医療レーザー脱毛なら安心の無料保証がついているメンズリゼがおすすめ!

医療脱毛クリニックであるメンズリゼには、他のクリニックは無い、肌トラブルや施術トラブルがあった際の無料保証が用意されています。

なんと、メンズリゼで脱毛費用を支払うと、以下の7つの特典は無料でついてきます。

  • カウンセリング料
  • 剃毛料
  • 再診料・処置料
  • 打ち漏れ再照射
  • 予約キャンセル料
  • 肌トラブルの治療代・お薬代
  • 増毛化・硬毛化の保証ケア・治療

もちろんトラブルが無いことが一番ですが、常にリスクを抱えている脱毛を受けるのであれば、このような手厚い保証はありがたいですよね。

メンズリゼが人気の秘密は、この保証の厚さにあります。

料金もリーズナブルで、ヒゲ全体脱毛が月額3,000円~始められます。

まずは無料カウンセリングに行き、脱毛について相談をしましょう。メンズリゼの無料カウンセリングは、メールフォームから予約を行うとスムーズです。

まとめ:脱毛を始めるなら医療レーザー脱毛しかない!

医療レーザー脱毛は、

  • フラッシュ脱毛に比べ脱毛効果が高く、1〜2年で永久脱毛できる
  • フラッシュ脱毛に比べ費用が高い
  • フラッシュ脱毛に比べ痛みが大きい
  • 医師が常駐しており、医療医薬品を処方出来るため、肌トラブルや増毛化
  • 硬毛化などの施術トラブルに強い

という特徴を持ち、早く・確実に脱毛したい方に向いている脱毛方法と言えます。

また、医師が常駐しているという大きなメリットがあるため、肌トラブルや施術トラブルが怖い方におすすめできます。