髭剃りの正しい頻度は1日何回?高校生・大学生・社会人で髭を剃る回数や間隔は異なる

2021年6月12日

この記事を書いた人

MOTEO編集部

MOTEO 編集部

日本最大級のメンズ情報サイトMOTEOを運営する編集部。メンズ美容に関して網羅された情報の中から、どうぞ比較検討をしてベストな選択をしてみてください。

男性にとってヒゲ剃りは欠かせないものですが、

どれくらいの頻度で剃ればいいの?」

「毎日何回も剃らない方がいいの?」

など、悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。 

そこで今回は、ヒゲ剃りの正しい頻度と、ヒゲ剃りの手間を減らす方法について紹介していきます。男性は年齢によってヒゲの生えるスピードが変化するので、それにあわせてヒゲ剃りの頻度も調節する必要があります。 

自分に合った正しいヒゲ剃りの頻度を把握して、肌へのダメージを減らしながら、ベストな状態に仕上げましょう。 

なお、ヒゲが濃くなる理由や適切な髭剃りについて知りたい方は「ヒゲが濃くなる理由とは?剃りすぎると濃くなるって本当?ヒゲの真実を紹介」でも解説していますので、合わせて目を通しておくことをおすすめします。

髭剃りの正しい頻度はどれくらい?毎日1回がベスト

ふたつのカミソリ

ヒゲ剃りには正しい頻度というものが存在します。これを知らずにヒゲ剃りを始めてしまうと、肌に余計なダメージを与えてしまい、肌トラブルに悩まされる可能性があるので注意が必要です。 

ヒゲ剃りをした後に肌トラブルが絶えない人は、ヒゲ剃りの頻度が間違っているかもしれません。 

ヒゲ剃りのタイミングで大切なポイントは、以下の3つです。

  • 髭剃りの回数は1日1回がベスト
  • 肌が弱い人は毎日しない
  • 見た目を気にしないなら週一でもOK

詳しく説明していきます。

髭剃りの回数は1日1回がベスト

ほくろがあるとフラッシュ脱毛はNG?ほくろが消えるって本当?そんな悩みを徹底解説

ヒゲの生えるスピードや濃さは人によって異なりますが、肌にかかる負担を考えると、1日1回ヒゲを剃るのが理想的です。

1日2回以上ヒゲ剃りをすると、肌に負担がかかってしまい、肌荒れや炎症などのトラブルの元になります。どれだけヒゲが濃かったとしても、髭剃りの回数は1日1回にとどめておくのが無難です。

男性のヒゲは15歳〜20歳ですべて生え揃うと言われています。まだヒゲが薄いうちは毎日ヒゲ剃りを行う必要はありませんが、ある程度濃くなってきて自分でも気になり始めたら、毎日剃ることを日課にしたほうがいいでしょう。

社会人にもなると、マナーとして身だしなみを整えなければいけない場面が増えます。ヒゲを剃るのもマナーの一つです。朝起きたらヒゲ剃りをして出かけるようにしましょう。

肌が弱い人は毎日しない

あごを押さえている男性のアップ

髭がそこまで濃くないのに、頻繁にヒゲ剃りをするのは面倒ですよね。1日経ってもヒゲがあまり伸びない、もしくはそれほど目立たないのであれば、ヒゲ剃りを毎日しないという選択肢もあります。 

ヒゲ剃りは、自分のヒゲの伸びるペースに合わせて行うのがベストです。もともとヒゲが濃くない人であれば、2〜3日に1回の頻度で十分でしょう。 

敏感肌の人が毎日ヒゲ剃りをすると、肌荒れに悩まされることがあるため、無理に毎日剃る必要はありません。 

肌が弱いのにヒゲが濃いという場合は、肌に負担のかからない回転式シェーバーを利用するなどして、肌トラブルを防ぐ工夫をしてみましょう。 

見た目を気にしないなら週一でもOK

赤い服を着て携帯電話をかたてにこちらを指差している男性

ヒゲが伸びても問題のない環境であれば、ヒゲ剃りの頻度は週一回程度でもいいでしょう。どうしても必要な場合にのみヒゲを剃るようにすれば、肌にかかる負担を最小限に抑えることができます。 

ヒゲを伸ばしたい人であれば、髭剃りの回数をさらに減らしてもかまいません。

営業マンや接客業をしている人がヒゲを伸ばすのは難しいと思いますが、最近ではデザインヒゲなど、ヒゲがおしゃれとして見なされることもあり、職業によってはヒゲ剃りの頻度をある程度自由に調節することができます。 

ただ、女性の中にはヒゲを伸ばすことに好感を持たない人も大勢います。ヒゲを伸ばす際は似合うかどうか、不潔に見えていないか友人に意見を聞くなど、周りの反応をみつつ決めた方がよいでしょう。 

COLUMN

髭を剃るメリット・剃らないメリット

髭を剃るメリット 髭を剃らないメリット
・見た目に清潔感が出る 
・若々しい印象になる 
・女性から好感を持たれやすい 
・カミソリ負けなどの肌トラブルがない 
・ヒゲ剃りの時間を節約できる 

ヒゲを剃る最大のメリットは、見た目に清潔感が出て、周囲から好感を持たれやすい点にあります。

ある調査では男性のヒゲについて、女性の49.5%、つまり半分が「あまり好きではない」22.5%が「嫌い」と答えている、という結果が出ています。

参考:「男の髭」はモテる? それとも不潔? 女性の評価はやっぱり…

ヒゲを不快に思う女性は多いため、ヒゲを剃るだけでも好感を持ってもらうことができます。 

髭剃りの頻度は年齢でも異なる|自分の髭の生え方に合わせるのがベスト

疑問を抱えている男性

男性は成長して大人になるにつれて、次第にヒゲが濃くなっていきます。そのため、年齢によってそれぞれヒゲ剃りの頻度も異なります。 

ここでは、

  • 高校生の髭剃りの頻度
  • 大学生の髭剃りの頻度
  • 社会人の髭剃りの頻度

について解説していきます。

身体の成長には個人差があるように、ヒゲの生え方にも個人差があります。年齢別の頻度を参考にしつつ、自分のヒゲの生えるスピードを見ながら、ヒゲ剃りの頻度も柔軟に調節していきましょう。 

高校生の髭剃りの頻度

高校生にもなると、本格的に体ができてくるので、中学生の頃と比べてヒゲの生えるスピードが早くなります。 

大抵の人は、数日に1回の頻度でヒゲ剃りが必要になります。

しかし、高校生はヒゲの成長に個人差が出やすいため、自分のヒゲの成長に合わせてヒゲ剃りの頻度も調節する必要があります。もともとヒゲが濃い人は、高校生の段階ですでに毎日のヒゲ剃りが必要になる場合もあります。 

高校生のうちはニキビなどの肌トラブルに悩む人も多いため、できるだけ肌に負担のかからない方法でヒゲ剃りを行うようにしましょう。数日に1回程度のヒゲ剃りでも、間違った方法でヒゲを剃り続けると、シミが残ったりして、あとあとまで肌トラブルに悩まされることがあるので注意が必要です。 

大学生の髭剃りの頻度

高校生の頃はほとんどヒゲ剃りをしなくて平気だった人も、大学生になると急に頻度が増えることがあります。 

男性の体は18〜20歳に成長のピークを迎えるため、ヒゲの成長も加速します。

大学生になる頃にはヒゲもほぼ生え揃い、毎日ヒゲ剃りをしないと間に合わなくなる人がほとんどだといえるでしょう。 

もともとヒゲが薄い人でも、大学生にもなれば2日に1回程度はヒゲ剃りが必要になってきます。肌トラブルを防ぐためにも、自分の肌に合ったカミソリもしくは電気シェーバーを選ぶことをおすすめします。 

大学生は自分に合ったヒゲ剃りの頻度がわかってくる時期でもあります。

大学生は比較的自由度高くヒゲを生やしたりできるので、この時期にいろいろチャレンジして、自分に似合うヒゲデザインやヒゲ剃りを模索するといいですね。

どのような見た目でありたいのかを考えて、ヒゲ剃りの頻度も調節していきましょう。 

社会人の髭剃りの頻度

社会人にもなればヒゲも完全に生え揃い、1日ヒゲを剃らないでいると、かなり目立つようになります。そのため、毎日のヒゲ剃りが日課になります。特にヒゲが濃い人であれば、毎日欠かさずヒゲ剃りを行わないとヒゲの生えるスピードについていけなくなります。 

男性ホルモンの量は、25〜30歳ごろがピークと言われているため、その頃にヒゲが一番伸びるのが早くなります。その後、緩やかに減少するものの、40〜50代まで生え続ける人が多い傾向にあります。

社会人はビジネスマナーとして身だしなみを整えることが求められるため、ヒゲを伸ばしていると、勤め先や取引先から注意される可能性があります。ヒゲを伸ばしたいという人も、マナー上、毎日ヒゲ剃りをしないといけないことがあるでしょう。 

ただし、大人になってもヒゲが薄い人は、毎日ヒゲ剃りを行う必要はありません。ヒゲの濃さには個人差があるため、自分のヒゲの生えるスピードに合わせて剃ることが大事です。 

COLUMN

中学生なのに髭が濃いときはどうする?

中学生はまだ体が成長の段階なので、ヒゲがきちんと育っていません。そのため、ヒゲ剃りを頻繁に行う必要もなく、ほとんどの人が月1回未満の処理で終わるようです。そもそもヒゲ剃り自体している人も多くはないはずです。 

ただ中には、中学生の段階でヒゲが濃い人も少なからずいます。中学生でもヒゲが濃い場合は、髭剃りを始めたほうがいいといえます。 

「まだ若いのにヒゲ剃りなんて…」と抵抗感を持つ人もいるかもしれませんが、ヒゲの濃さは個人差があるため、自分のヒゲの成長に合わせて対処することが大事です。 

髭剃りの頻度を減らしたい!髭を薄くするなら脱毛がおすすめ

フラッシュ脱毛を受ける男性

日々のヒゲのメンテナンスを楽にしたいなら、思い切って脱毛するのもありでしょう。脱毛サロンやクリニックに通うと、次第にヒゲも薄くなっていきます。 

最近はメンズ脱毛専門のサロンも増え、男性が気軽に脱毛できる環境が整いつつあります。毎日1回のヒゲ剃りだけだと間に合わないという人は、脱毛でヒゲを薄くすれば、自己処理がかなり楽になります。 

毎日1回で間に合わない人だけでなく、ヒゲ剃りは平均1日行うため、男性みんなに脱毛をおすすめしたいです。

毎日ひげを剃らなくていいのは、時間的にも肌の面でもメリットが大きいといえます。

髭を抜くのは効果なし

ピンセットで髭を抜こうとする男性

ヒゲを1本1本抜いても、しばらくすればまたヒゲが生えてきます。毛を抜いても、毛を作り出す毛乳頭や毛母細胞は残っているため、毛は再び生えてきます。 

ヒゲを剃るよりも抜いたほうが毛が生えるスピードは遅くなりますが、結局はまた生えてくるので、抜き続けなければなりません。

ヒゲを抜くことには、さまざまなリスクを伴います。毛抜きでヒゲを抜くと、毛穴が傷つき、そこからバイ菌などが侵入する可能性があるのです。そうすると、下記のようなトラブルが起こることがあります。 

  • 埋没毛(埋もれ毛) 
  • 毛嚢炎 
  • 肌の炎症 
  • 色素沈着 

一時的に綺麗になったとしても、毛抜きの常習で将来的に肌が汚くなってしまったり、毛が埋もれて抜くこともできなくなったりなど、いいことはありません。

脱毛して髭剃りが必要ない状態にする

毎日の面倒なヒゲ剃りから解放されたいなら、「サロンやクリニックで脱毛する」のがおすすめです。

クリニックで行なっている医療用のレーザー脱毛であれば、脱毛効果が高いため、将来毛が生えてこなくすることも可能です。 

エステサロンでも脱毛は行なっていますが、医療レーザー脱毛に比べて照射パワーが弱いため、永久脱毛効果はなく、減毛のみとなります。

エステの脱毛は将来再び毛が生えてくる可能性があるので、完全にヒゲ剃りから解放されたい人は医療レーザー脱毛を選びましょう。 

脱毛してしまえば、ヒゲ剃りによる肌トラブルが起こる心配もありません。青髭も解消され、見た目も若々しくなります。 

  • 朝のヒゲ剃りがなくなれば5分プラスで寝れる=ヒゲ剃り頻度が減る
  • 夕方に生えてくる青髭に悩まされなくなる=自信がもてる
  • 毎日剃る人であれば生涯でこのくらいのシェーバー代使ってるよ、それが浮くよ=お金&時間の節約

「ヒゲ脱毛ってすごい痛いんでしょ?」と思っている方も多いと思いますが、レーザー脱毛であれば早くて5回程度で脱毛効果があらわれます。

数回であればそこまでのストレスではないですね。

分割払いや都度払いに対応可能なクリニック・サロンも増えているため、学生の方も気軽に通院することができます。 

※ なお、ヒゲ脱毛ならメンズリゼクリニックレイロールがオススメ。どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のサロンです!スマホからカンタン60秒で無料カウンセリング予約ができます。

無料カウンセリングは最短1分で予約の申し込みが完了します。まずはリンクをタップして、公式サイトから申し込んでみてください。

それぞれの比較ができて、自分にあったクリニックがより見つかりやすくなります。

ハートのアイコン

 ヒゲを永久脱毛をしたいなら…

メンズリゼ

ヒゲを永久脱毛したいなら、メンズリゼがすすめ!

  • カウンセリング料
  • 再診料/処置料
  • 予約キャンセル料
  • 剃毛料
  • 薬代
  • 肌トラブル治療代
  • 打ち漏れ再照射
  • 増毛化・硬毛化再照射

がすべて無料と、非常に保証制度が手厚いのが魅力です。定額プランなら月々3,000円から脱毛ができますよ。

ハートのアイコン

 安くヒゲ脱毛したいなら…

レイロール

業界最安値に挑戦しているのがレイロール。

脱毛機メーカーと共同開発したBRILLIOの効果は青髭に悩む多くの日本人男性のお墨付きです!

フラッシュ脱毛でもあなどるなかれ、安くスッキリツルツルの状態を目指せますよ。

COLUMN

高校生のあごひげはかっこいい?

高校生でもあごひげを生やしている人はいます。大人のヒゲが似合う人に憧れて伸ばす人もいれば、ヒゲ剃りが面倒で髭を生やしたくなる人もいるかもしれません。 

高校生のあごひげをかっこいいと思うかどうかは人によって異なりますが、大半の意見は「高校生でも似合っていれば別にいいのでは?」というものです。似合っているかどうかで見た目の印象は大きく変わるようです。 

例えば、童顔にも関わらずあごひげを生やしていると、似合っていないと思われることが多く、印象は良くないようです。 

ただ、女性はヒゲを生やすこと自体を「不潔」と捉える人も多く、あごひげを生やしていると印象が悪くなる可能性もあります。 

あごひげを生やすかどうかは、周りの意見も参考にしながら決めたほうがいいでしょう。 

髭剃りの頻度に関するQ&A

初心者必見。ワックス脱毛の痛みとは?正しい施術で痛みは軽減!

毎日何気なくヒゲ剃りをしている方が多いと思いますが、自分は正しいと思ってやっていた方法が、実は間違っていることもあります。

間違った方法でヒゲ剃りをし続けると、肌にダメージを与え、ヒゲが濃くなる、肌トラブルの可能性があるなど、注意が必要です。 

そのようなことがないように、ヒゲ剃りの頻度に関する疑問はここで解決しておきましょう。正しい方法でヒゲ剃りを行うようにすれば、たいていの肌トラブルは防ぐことができます。 

男性のシェービングの頻度はどれくらいがベスト?

初心者必見。ワックス脱毛の痛みとは?正しい施術で痛みは軽減!

男性のシェービングは、肌のターンオーバーに合わせて行うのがベストです。肌のターンオーバーは28日前後と言われているため、おおよそ月1回の頻度です。 

シェービングは自分で行うこともできますが、肌に傷がつくのが心配な人は、理容室に行ってプロにシェービングをしてもらいましょう。 

理容室では、鼻毛カットや耳シェービング、毛穴吸引などを丁寧に行ってくれます。眉やヒゲのデザインを提案してくれたり、オプションメニューが用意されているところもあるので、満足いく仕上がりになります。 

月1回以上の頻度でプロのシェービングを行うことで、ニキビや赤みなどのトラブルがない綺麗な肌へと変わっていきます。 

女性の髭剃りの頻度はどれくらいが良い?

女性でも口周りに薄い産毛が生えてくるため、定期的にヒゲ剃りする必要があります。

個人差はありますが、一般的に女性は男性に比べて口周りの産毛が生えるスピードが遅く、毛も薄いため、頻繁にヒゲ剃りをする必要はありません。

  • 肌への負担を考え週1回程度
  • 生理中、生理前後は肌が敏感なため避ける

生理が終わった後の肌の調子が良いときにヒゲ剃りをするのがベストです。 

髭を剃らないと濃くなるって本当?

オレンジの帽子で頭を押さえながら口を開けている男性

男性のヒゲの濃さは、50歳前後にピークを迎えると言われています。そのため、毎日ヒゲ剃りをしていなくても、年齢を重ねるごとにヒゲはどんどん濃くなっていきます。 

しかし、ヒゲがどれくらい濃くなるかは個人差があるため、一概には言えません。学生時代はヒゲがまったく生えなかった人も、加齢とともにどんどん濃くなっていくことがあるので、油断は禁物です。 

ヒゲが濃くなるのを防ぎたいなら、早いうちに脱毛することをおすすめします。一度脱毛してしまえば、将来ヒゲが濃くなる心配はありません。学生時代にヒゲの脱毛をしておけば、社会人になってから毎朝のヒゲ剃りとは無縁になります。 

さらに言うと、一番ヒゲが濃くなる40〜50代あたりは白髪が生えてくる年とも言えます。

フラッシュ脱毛、レーザー脱毛は黒い毛に反応するため、多くの脱毛機は白髪に反応してくれません。白髪は少しコストのかかるニードル脱毛が適しているので、そういった意味でも、若いうちに脱毛しておくのがベストです。

ヒゲの濃さがコンプレックスになっている人は、脱毛で解決しましょう。 

カミソリの刃の交換時期はいつ?

青いふたつのカミソリ

カミソリの刃の交換時期は、ヒゲの硬さやシェービングの頻度によって異なります。ただ、一般的には2週間に一度の頻度で交換するのが理想的です。 

刃の交換費用を節約するために、2〜3ヶ月以上も同じ刃を使い続けるのは良くありません。剃り味が悪くなった刃を肌に当てると、肌を傷つけやすくなります。かゆみや炎症などのカミソリ負けを起こしやすくなるので、最低でも1ヶ月に1回は刃を交換するようにしましょう。 

ヒゲ剃りをしているときに「剃り味が悪くなった」「剃っているときに痛みを感じることがある」と思ったら、刃の交換時期がきたといえます。 

また、使い終わったカミソリの刃は、自治体のルールに従って捨てるようにしましょう。 

まとめ

古い本

今回はヒゲ剃りの頻度について解説してきました。ポイントをまとめると以下のようになります。 

  • ヒゲ剃りの正しい頻度は1日1回 
  • 朝起きたときにヒゲ剃りを行うのがベスト 
  • 身体の成長とともにヒゲを剃る回数も増えていく 
  • ヒゲ剃りの頻度を減らしたいなら脱毛が効果的

ヒゲが生えるペースは人によって異なるため、ヒゲがあまり濃くない人は頻繁にヒゲ剃りをする必要はありません。自分のヒゲの生え方に合わせて、ヒゲ剃りの頻度も調節しましょう。 

ヒゲ剃りの頻度を減らしたいなら、脱毛が効果的です。

医療脱毛であれば5〜10回程度、フラッシュ脱毛であれば10〜20回程度で、概ね満足する仕上がりになります。

通院するうちにヒゲも薄くなり、次第に自己処理が不要になっていきます。ヒゲをお手入れする時間を節約することができるので、ヒゲが濃い人やヒゲ剃りが面倒だと感じている男性におすすめです。 

 

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□ヒゲ脱毛の費用相場は?【2021】髭脱毛の費用相場まとめ!永久脱毛は総額いくら?料金が安い脱毛クリニックやサロンもご紹介
□ヒゲ脱毛前後にしてはいけないことって?脱毛後のNGリスト。飲酒・お風呂・激しい運動・日焼けは控えて美しいフェイスラインに
□ヒゲ脱毛をやるメリット・デメリットは?【髭脱毛2021】おすすめ手法の効果・メリットとデメリットを比較!人気メンズクリニック&ヒゲ脱毛サロンの口コミランキング
□ヒゲ脱毛にかかる回数は?【写真あり】メンズヒゲ脱毛で効果が出るまで何回必要?完了するまでの経過を徹底解説
□ヒゲ脱毛がおすすめのクリニックを知りたい!髭脱毛のクリニック・サロンおすすめ人気ランキングTOP5!口コミ・評判・体験談から費用対効果が高い脱毛店を徹底比較
□全クリニック・サロンのおすすめを知りたい!【2021最新】メンズ脱毛おすすめ人気ランキング21選!「安い・効果あり」の医療レーザー、サロン脱毛を徹底比較

▼関連リンク

Q.男性のシェービングの頻度はどれくらいがベスト?

男性のシェービングは、肌のターンオーバーに合わせて行うのがベストです。肌のターンオーバーは28日前後と言われているため、おおよそ月1回の頻度です。 
シェービングは自分で行うこともできますが、肌に傷がつくのが心配な人は、理容室に行ってプロにシェービングをしてもらいましょう。 
理容室では、鼻毛カットや耳シェービング、毛穴吸引などを丁寧に行ってくれます。眉やヒゲのデザインを提案してくれたり、オプションメニューが用意されているところもあるので、満足いく仕上がりになります。 
月1回以上の頻度でプロのシェービングを行うことで、ニキビや赤みなどのトラブルがない綺麗な肌へと変わっていきます。

Q.女性の髭剃りの頻度はどれくらいが良い?

女性でも口周りに薄い産毛が生えてくるため、定期的にヒゲ剃りする必要があります。
個人差はありますが、一般的に女性は男性に比べて口周りの産毛が生えるスピードが遅く、毛も薄いため、頻繁にヒゲ剃りをする必要はありません。
・肌への負担を考え週1回程度
・生理中、生理前後は肌が敏感なため避ける
生理が終わった後の肌の調子が良いときにヒゲ剃りをするのがベストです。

Q. 髭を剃らないと濃くなるって本当?

男性のヒゲの濃さは、50歳前後にピークを迎えると言われています。そのため、毎日ヒゲ剃りをしていなくても、年齢を重ねるごとにヒゲはどんどん濃くなっていきます。 
しかし、ヒゲがどれくらい濃くなるかは個人差があるため、一概には言えません。学生時代はヒゲがまったく生えなかった人も、加齢とともにどんどん濃くなっていくことがあるので、油断は禁物です。 
ヒゲが濃くなるのを防ぎたいなら、早いうちに脱毛することをおすすめします。一度脱毛してしまえば、将来ヒゲが濃くなる心配はありません。学生時代にヒゲの脱毛をしておけば、社会人になってから毎朝のヒゲ剃りとは無縁になります。 
さらに言うと、一番ヒゲが濃くなる40〜50代あたりは白髪が生えてくる年とも言えます。
フラッシュ脱毛、レーザー脱毛は黒い毛に反応するため、多くの脱毛機は白髪に反応してくれません。白髪は少しコストのかかるニードル脱毛が適しているので、そういった意味でも、若いうちに脱毛しておくのがベストです。
ヒゲの濃さがコンプレックスになっている人は、脱毛で解決しましょう。
もっと詳しく知りたい方は 髭剃りで髭が濃くなる原因とは?逆剃りで余計に濃くなる?青髭が気になる人必見の濃い髭対策法をご覧ください。