脱毛後のNGリスト。飲酒・お風呂・激しい運動・日焼けは控えて美しいフェイスラインに

2019年12月24日

脱毛後に注意すべきチェック項目

この記事を書いた人

金城

沖縄出身の金城です。沖縄なので毛深いです。脱毛歴3年。いくつかのクリニックとエステサロンを経験しているのでMOTEOで体験を活かしたコンテンツを発信していきます。AGAもちょっとあります。つむじが気になります。

脱毛後のスキンケア・身体のケアがおざなりになると、肌トラブルや体調悪化を引き起こします。

円滑に肌や体調のトラブルなく脱毛するためには、脱毛後のケアが欠かせません。

特にヒゲの脱毛は、敏感な脱毛部位であり痛みや熱・炎症に弱いので脱毛施術後は丁寧にケアをしてあげる必要があります。

私は2年前に医療レーザー脱毛でヒゲ脱毛をしましたが、最初は施術後のケアの知識がなかったため、施術後にヒゲ部位がかゆくなったり腫れぼったく感じていた時は、誤って熱湯シャワーこの行為のせいで毛嚢炎になっていました。

その時は結局毛嚢炎になっていたことも気づかず、がさつな性格だったため放置してしまってました。

今回は、脱毛後のケアの誤りによって肌トラブル・体調悪化などを引き起さないために、実は間違っている脱毛施術前後のNG行為について解説していきたいと思います。

ヒゲ脱毛した後の注意点は?脱毛したらチェックすべきNGリスト7選

9つの中には、脱毛後だけではなく、脱毛前にも気をつけるべき事項があります。

この9つの禁止事項を守ればヒゲ脱毛した後に注意すべきチェック事項を、今回9つピックアップしました。、肌トラブルは回避できます。

脱毛施術が終わった直後の方、今から脱毛される方は参照にして下さい。

ヒゲ脱毛後のNG行為1:脱毛前後の飲酒

脱毛前後のアルコール摂取は控えてください。

アルコールは血流を良くし血管を広げ、肌を敏感にさせる性質を持っています。アルコールを摂取すると少し掻いた箇所や顔が赤くなることがありますよね。

そのような敏感肌の状態で施術を受けると、やけどなどの肌トラブルや発熱などの体調の悪化を引き起こす可能性があるため、施術前の飲酒はNGとされています。

フラッシュ脱毛も医療レーザー脱毛も、毛の細胞を破壊させるほどの高いエネルギーを照射するため、肌にとっては負担の大きい施術方法です。

そんな施術を受けるのですから、肌の状態は万全でなければいけません。

また、脱毛施術後の飲酒も同様にNGとされています。光・レーザー照射後の肌は熱を持っており炎症を起こしやすい状態なので、飲酒により身体が熱を持つと毛嚢炎などの感染症になってしまう可能性があります。

ヒゲ脱毛後のNG行為2:脱毛前後の過度な運動

脱毛前後の過度な運動も、身体が熱を持つためNGとされています。

身体が熱を持った状態での施術も、施術後の身体に熱を持たせることも、どちらも肌トラブル・体調悪化を引き起こす可能性があるからです。

脱毛施術は見方を変えると脱毛部位をやけどさせに行っているようなものです。なので、施術前に身体が熱を持った状態で脱毛をすると、やけど部分がより熱を持ったり、体調が悪化する原因になります。

また、脱毛後は疲れがたまり、体調が崩れやすいと言われています。その理由は脱毛後の身体の中には熱がこもっているからです。

熱がこもるとだるさを感じたり、疲れたりします。その際身体は体温を下げようとして免疫機能がフルに働いているので、大人しく休み、体温を整え、体調の回復を待ちましょう。

ヒゲ脱毛後のNG行為3:脱毛前後、その他体温が上昇すること

脱毛施術前後に、体温が上昇することをしてはいけません。

それはどちらも身体に熱を与えるもの同士なので、相乗することによって身体・肌への負担が大きくなってしまうからです。

光・レーザーの照射は脱毛部位にしかしませんが、脱毛部位だけとはいえ身体には大きな負担がかかります。

特にヒゲ脱毛の場合、他の部位よりも皮膚が薄く、毛が多いため施術による肌への負担が大きくなります。

例えば熱湯シャワーを浴びることや真夏に冷房や風を入れず部屋にこもる行為なども、脱毛前後の行動としては控えたほうが良いものです。

ヒゲ脱毛後のNG行為4:脱毛前後の予防接種

予防接種とフラッシュ・レーザー脱毛の相性もよくありません。

予防接種を行うことによって、微熱がでたり、注射した箇所が赤く腫れたり、肌の炎症したりなどの副反応が見られることがあります。

このように予防接種をすると、肌が敏感になったり熱を持ちやすくなったりアレルギー反応がでやすい状態になったりするため、予防接種前後の脱毛施術をNGとしている脱毛サロンが多いのです。

予防接種後3日~1週間あけての脱毛施術が良いとされていますが、エステサロンやクリニックによってどれくらい予防接種と脱毛施術の日にち間隔を空けるべきか、指導が異なります。

予防接種を受けることとなった場合は一度担当スタッフに相談しましょう。

ヒゲ脱毛後のNG行為5:脱毛直後のシェービング

ヒゲ脱毛施術を受けた直後のヒゲのシェービングは直接的な肌の炎症に繋がる可能性が高いので、絶対やめましょう。

シェービングは直接的に肌をカミソリで傷つける行為なので、熱を持っている状態の肌にシェービングすると、肌に対して、ダメージにダメージを重ねることとなります。

毛嚢炎やただれなどを引き起し、軟膏薬やアイシングなどのケアが余計必要になってしまいますので脱毛直後のシェービングはやめておきましょう。

ヒゲ脱毛後のNG行為6:脱毛直後の入浴

脱毛した当日、お風呂は入ってもいいですが、シャワーだけで済ませ、入浴はしないようにしましょう。

もちろん入浴自体が身体の体温をあげてしまうからNG、という理由もありますが、加えて、入浴することによって感染症のリスクが高まってしまうこともNGである理由の一つです。

どんなに綺麗に浴槽を掃除していても、水の中にはたくさんの細菌・雑菌が潜んでいます。

肌が健康な状態であればもちろん多少の雑菌は問題ありませんが、脱毛部位が熱をもち、炎症を引き起しやすい状況下で入浴をおこなうと毛嚢炎になってしまう可能性が高まります。

脱毛した後、当日は軽いぬるめのシャワーで済ませ、身体のクールダウンに努めるようにしましょう。

ヒゲ脱毛後のNG行為7:脱毛期間中、毛抜きで毛を抜くこと

一時的には綺麗に脱毛出来ていると感じるので毛抜きでの脱毛をしたくなりますが、毛抜きでの脱毛は絶対にやめるようにしましょう。

毛抜きを使って毛を抜くことによって毛穴と皮膚が傷つき、埋没毛や青髭の悪化、毛嚢炎、色素沈着などに繋がってしまいます。

毛抜きの使用が頻繁にされる眉毛ですら、埋没毛になってしまい困っている人がたくさんいます。それほどに毛抜きは恐ろしいものなのです。

ヒゲ脱毛後のNG行為8:脱毛期間中、日焼け

日焼け×脱毛がNGである理由

①日焼けをした肌に脱毛施術をすると肌トラブルを引き起す
②脱毛効果が薄れてしまう

ヒゲ脱毛中の日焼けがNGである理由は2つあります。

1つ目の理由は日焼けした、熱を持ち乾燥している肌の状態で脱毛施術を受けると肌トラブルに繋がるから。

2つ目の理由は脱毛部位が日焼けしているとうまく光・レーザー照射がされない可能性があるからです。可能性があるから。

日焼けによって乾燥するとバリア機能が低下し、ダメージを受けやすい敏感な状態の肌になってしまいます。

その状態で光・レーザー照射を受けるとやけどや色素沈着などの肌トラブルを引き起こすことになります。

また、日焼けすることによって光・レーザー照射の脱毛効果が薄れる可能性もあります。

脱毛効果が表れやすいのは、一般的に色白で毛が濃い人と言われています。肌と毛のコントラストがあるほうが、光・レーザー照射による脱毛効果が表れやすいのです。

光・レーザー照射はメラニンに反応し熱を吸収するという性質があるため、日焼けによって毛以外のメラニン色素を肌が作り出している状態になると、日焼け部分にも光・レーザー照射が反応してしまいます。

そうなるとやけどなどのトラブルに繋がってしまうため、やむを得ず光・レーザー照射の出力レベルを下げるか、日焼けが収まるまで施術を休む、という選択をせざるを得ません。

どちらも脱毛完了を遠ざけてしまう選択ですので、脱毛期間中は日焼けをしないようケアしておく方が無難です。

ちなみに、湘南美容クリニックでは、こちらの画像程度の日焼けは医療レーザーを照射することができません。日焼けの程度は、こちらの画像を参考にしてください。

出典:湘南美容クリニック

ヒゲ脱毛後のNG行為9:脱毛期間中、肌荒れ・肌トラブルが起こること

肌荒れ・肌トラブルが起こるようなことは全般的にやめましょう。

例えばコンビニ中心の食生活、不規則な生活リズム、施術後に化粧水などのケアを行わず放置する、脱毛部位が痒いから掻きむしる、などの行為全般です。

今まで解説してきましたように、脱毛施術を受けることによって肌は思った以上にダメージを受けてしまいます。

光・レーザー照射によって肌は熱を持ち乾燥し、敏感になっている状態です。

脱毛後の肌は荒れやすくデリケートなので、脱毛期間中は普段から肌荒れ、肌トラブルに気を付け、肌に良い生活、スキンケア、シェービングを行うようにしましょう。

その他ヒゲ脱毛の肌トラブル・施術トラブルに関するQ&A

NG行為をすることによって、肌トラブルや体調の悪化、また脱毛効果が低まるなどの施術トラブルが引き起こされる、ということを解説してきました。

それほどまでに脱毛施術は肌への負担が大きいものということですが、それでは元から肌が敏感な方、日焼けをしている方などは脱毛ができないのでしょうか?

この章では、脱毛トラブルに関する様々な疑問について、Q&A形式で解説していきたいと思います。

アトピー・敏感肌持ちだけど脱毛できるの?

アトピーや敏感肌持ちの方であっても、他の方と同様に、まずはカウンセリングを受けて担当スタッフ、担当医にみてもらった後、施術が出来るかできないかは判断されます。

薬の服用の有無や脱毛部位の肌の状況をみてもらい、脱毛出来るかどうかを、総合的に判断してもらいましょう。

地黒は日焼けしてなくても脱毛効果が低いの?

黒さの程度にもよりますが、エステ光脱毛や医療レーザー脱毛ですと、地黒・色黒の方は施術しても脱毛効果が低い可能性が高いです。

しかし、脱毛方法を変えることによって、地黒・色黒でも効果的な脱毛をすることが出来ます。

例えば、男性でヒゲ脱毛であればニードル脱毛、医療レーザー脱毛の中の脱毛機器「メディオスター」「ジェントルヤグ」を使用した脱毛方法を選択することによって地黒・色黒であっても十分な脱毛効果を発揮することが出来ます。

日焼け止めクリーム、化粧水など脱毛前に塗布可能なケア用品の境界線は?

日焼け止めクリームを施術部位に塗って脱毛施術を受けることは推奨されておらず、極力控えるべき行為です。

日焼け止めクリームを塗布することによって毛穴が詰まり、毛根部分までうまく光・レーザー照射が出来ない可能性があります。

そのため、日焼け止めじゃなくとも、毛穴を埋めてしまう塗布物は控えたほうがいいでしょう。例えばファンデーションやコンシーラーなどの色がついており簡単に水洗いでとれないような塗布物は避けたほうが良いです。

もしエステ脱毛の効果が満足できなかったら医療脱毛に行かないといけないの?

エステサロンの脱毛方法は光による照射であり、医療機関による脱毛方法は医療レーザーによる照射です。

両者の明確な違いは、照射エネルギーの強さにあります。医療レーザー脱毛はエステ光脱毛に比べ高いエネルギーの照射ができます。

医療機関には医師が常駐しており、脱毛施術によって肌トラブルなどが生じた際に適切な薬の処方や診察ができるため、レーザー脱毛が出来るようになっています。

エステでのフラッシュ脱毛を受けて、脱毛効果が満足できていない方は、脱毛効果が期待できる医療レーザー脱毛にした方が良いでしょう。

出力の強さが違うとそれだけ顕著に脱毛効果の違いが見られるため、今エステ脱毛をされている方は医療脱毛に乗り換えることをおすすめします。

脱毛施術で肌トラブルが起こったらどうするの?メンズリゼは肌トラブルも完全無料保証!

メンズリゼは、肌トラブルや施術トラブルに強いことで評判のクリニックです。メンズリゼであれば、脱毛料金だけ支払えば、以下の6つの特典は無料でついてきます。

  • カウンセリング料
  • 剃毛量
  • 再診料・処置料
  • 打ち漏れ再照射
  • 予約キャンセル料
  • 肌トラブルの治療代・お薬代
  • 増毛化・硬毛化の保証ケア・治療

もちろん、カウンセリングも無料です。
脱毛でお悩みの方は、今すぐ下のボタンをタップし、公式HPからメンズリゼの無料カウンセリングの予約を入れてください。予約はスマホで簡単に、1分で完了します!

けーたさん
Designation

私は以前からヒゲが濃いのが悩みでしたので、思いきって施術してみました。最初は少し痛みがありましたが十分我慢できる痛みです。お陰様で、施術後は心配していた肌トラブルも無く、ヒゲの手入れがとても楽になりました。(Google参照

moparさん
Designation

ヒゲはあまり濃いほうではないのですが、毎日髭剃りするのは面倒ですし、仕事柄ヒゲを生やすことはできないと思ったので、いっそのこと脱毛してしまうと思い、ヒゲ脱毛をすることを決めました。一回目の施術ではあまり変化がなく、「本当に大丈夫かな」と不安になりましたが、3回目くらいからヒゲが目立たなくなり、6回目で完璧に綺麗になりました。髭剃り後の青い感じもなくなり、清潔感が増しました。(Google参照

inc01さん
Designation

利用したコースは、全身と髭全体のコースです。5回照射あるのですが、1回目の照射ではかなり痛く我慢するのもやっとですが、回数を重ねるとだんだん慣れてきます。効果の方ですが、回数を重ねれば薄くなる部分もあればそうでない部分もあります。自分の場合は、足が特に効果的でした。あまり効果が感じていない所は髭です。個人差はあると思いますが、髭は濃いので5回だけでは満足する毛量になるのは難しように思います。(Google参照

メンズリゼの口コミをもっとみる

やまいもさん
Designation

高いお金払って痛い思いして通ったのに、ほとんど効果なかった。薄くなったような気のする箇所もあるがその程度。むしろ通う前より濃くなった箇所もあり、それに関しては1年間の無料保証が付くが、これまで5回照射して変わらなかったのが、もう1.2回照射して効果が出るはずもなく結局通い始める前より濃くなって終了。(Google参照

風間さん
Designation

医療脱毛ということもありお医者様も真剣に相談に乗ってくれましたし、やってもらうことに決めました。痛みなどは丁寧なクーリングなどもあり、別途料金でガスの麻酔やクリームの麻酔も使えるのは医療機関の強みです。5回コースが終わると本当に肌がツヤツヤになり、顔の印象もかなり明るくなったので、男性的な自信もつきました。やはり医療機関で受ける永久脱毛は安心感があると思います。(Google参照

メンズリゼの基本情報

店舗新宿・渋谷・銀座・町田・立川・大宮・柏・横浜・大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・京都四条・名古屋栄・名古屋駅前・仙台・新潟・広島・福岡天神・青森・盛岡・いわき・郡山
営業時間10:00~23:00
※店舗によって異なる(それぞれ休診時間あり)
休診日不定休
電話番号店舗によって異なる
料金月3,300円〜
支払い方法・現金一括払い
・クレジットカード払い(1回・2回・ボーナス一括)
※AMEX、Diners、DISCOVERは2回払い不可

まとめ:脱毛後の肌・体調の管理は怠らないこと

脱毛前後に禁止されている事項を守ることによって、施術トラブルや肌トラブルを回避することが出来ます。

脱毛前後は施術部位にストレスをかけないよう、かゆみや痛みに気を使いながら生活しましょう。

それでも、脱毛に数年通っていると、肌トラブルや施術トラブルが発生することがあります。

もしものリスク・トラブルを避けるため、メンズリゼのようなトラブル保証が充実しているクリニックを選んでおくとストレスなく永久脱毛出来るでしょう。

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□ヒゲ脱毛の費用相場は?【2020】髭脱毛の費用相場まとめ!永久脱毛は総額いくら?料金が安い脱毛クリニックやサロンもご紹介
□ヒゲ脱毛前後にしてはいけないことって?脱毛後のNGリスト。飲酒・お風呂・激しい運動・日焼けは控えて美しいフェイスラインに
□ヒゲ脱毛をやるメリット・デメリットは?【髭脱毛2020】おすすめ手法の効果・メリットとデメリットを比較!人気メンズクリニック&ヒゲ脱毛サロンの口コミランキング
□ヒゲ脱毛にかかる回数は?【写真あり】メンズヒゲ脱毛で効果が出るまで何回必要?完了するまでの経過を徹底解説
□ヒゲ脱毛がおすすめのクリニックを知りたい!髭脱毛のクリニック・サロンおすすめ人気ランキングTOP5!口コミ・評判・体験談から費用対効果が高い脱毛店を徹底比較
□全クリニック・サロンのおすすめを知りたい!【2020最新】メンズ脱毛おすすめ人気ランキング21選!「安い・効果あり」の医療レーザー、サロン脱毛を徹底比較