永久脱毛の基礎知識とは?永久脱毛は一生、毛が生えてこない?

2019年9月29日

永久脱毛って?濃い体毛のお悩みとおさらば

毎朝のヒゲ剃りが面倒。うまく自己処理ができず青ヒゲが目立つ…。なんとかならないかなあ

すね毛や腕毛が濃いことがコンプレックスで、いつも夏が憂鬱

永久脱毛をしてみたいけれど、本当に毛が生えてこなくなるのかな?

このように思っている男性の皆さん。永久脱毛をすれば、そのお悩みやコンプレックスが確実に解消できますよ!

永久脱毛と言えば、女性がするというイメージが強いですよね。しかし、今では身だしなみの1つとして永久脱毛をする男性も増えています。

男性が永久脱毛をしたほうが良い理由は、主に以下の3つ。

  • 毛を生えにくくしたり減毛することでヒゲ剃りの手間が省ける
  • 清潔感がアップして女性受けが良くなる
  • 毛が濃いコンプレックスが解消でき自信に繋がる

この記事は、永久脱毛の方法や費用など基本的な知識を具体的に解説していきます。自宅でできるムダ毛処理や永久脱毛との違いについても説明しているため、ぜひチェックしてください。

※ なお、脱毛ならメンズリゼクリニック湘南美容クリニックゴリラクリニックがおすすめ。
どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のクリニックです!

スマホからカンタン60秒で無料カウンセリング予約がでるので、気軽に申し込んでみましょう。

【1番人気!】メンズリゼクリニック
▶︎最速で脱毛完了したいなら医療脱毛がおすすめ!口コミや評判が良い安心のクリニック
東京アールズクリニック

【2番】湘南美容クリニック
▶︎知名度抜群!しかも安い!コスパと安心感で選ぶなら湘南美容クリニックが間違いなし
ひげ脱毛

【3番】ゴリラクリニック
▶︎痛くない脱毛機「メディアオスター」を全店実装!選べる麻酔もあるので、痛みが苦手な方はゴリラクリニックで決まり
ゴリラクリニック

永久脱毛の定義とは?毛が生えない状態が続く・毛の量を減らすという2種類の意味がある

永久脱毛の定義

永久脱毛をすれば、もう一生毛が生えてこないもの」と思いますよね。

日本では永久脱毛の定義が明確化されていないため、永久脱毛=永久に毛が生えてこないという認識が一般化しています。実際にクリニックなどでも間違いやすいアプローチをしている所が多いです。

しかし、実はそうではありません。

アメリカのFDAでは一般的に「最後の脱毛後、毛が長期間において減少し、またその再生率も減少する」ことを永久脱毛と呼び、「permanent hair removal(永久的な毛の除去)」「permanent hair reduction(永久的な毛の減少)」の2つで表記されます。

※FDA(米国医薬食品局)・・・日本でいう厚生労働省にあたる機関。

つまり、永久脱毛の正しい意味は

  • 長期間、毛が生えてこない状態を維持する(永久脱毛
  • 毛の量が少ない状態が長く続く(永久減毛

という2つのことを表しているのです。

永久脱毛ってどんな仕組み?毛根の組織を破壊してムダ毛の再生を阻止

永久脱毛とは、毛根にある毛乳頭や毛母細胞などの毛を作る組織を破壊し、毛の再生を阻止すること。

毛の製造元を壊してしまえば、毛が生えてこなくなるというわけです。

永久脱毛の方法には、医療レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類ありますが、毛根の組織を破壊するというメカニズムは共通しています。

また、エステサロンでの脱毛も同じ仕組みとなりますが、美容脱毛には毛根の組織を破壊するほどの威力がなく、永久脱毛の効果はありません。

永久脱毛は医療行為?毛根組織や細胞を破壊するため医師がいないとできない

顔の脱毛を受ける男性

日本では、細胞や組織に働きかけることは医療行為にあたり、厚生労働省でも細胞を破壊することで行う脱毛は、医師免許を持っていないとできないと定められています。

出典:医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて

つまり、毛根の組織を破壊する永久脱毛は医療行為。医療脱毛とも呼ばれ、皮膚科やクリニックなど医師の在籍する医療機関でしか受けられません。

それなら、エステサロンの脱毛は何?」という疑問を抱くでしょう。

永久脱毛が医療脱毛と言うことに対して、エステサロンでの脱毛は美容脱毛と言うこともあります。

エステサロンで行う脱毛のメカニズムは、基本的に永久脱毛と同じです。しかし前述したように、細胞を破壊するレベルの施術は医師でないと行えません。

そのためエステサロンでは、光脱毛(フラッシュ脱毛)という形で脱毛の威力を抑えることにより、医師免許を持たないスタッフでも施術ができるようになっています。

フラッシュ脱毛のメカニズム

光脱毛の威力はあくまで毛母細胞にダメージを与えるだけ。永久脱毛に比べて効果が落ちるため、エステサロンでの脱毛は「永久脱毛」と呼べないのです。

【コラム】永久脱毛をすれば毛は永遠に生えてこない?結論=NO!

NO

永久脱毛をしたらもう一生毛が生えてこないの?」と思う方も多いでしょう。

しかし、永久脱毛は永久に毛を生えてこなくさせるものではありません。

永久脱毛の定義でも解説しているように、永久脱毛の意味は以下の2つ。

  • 長期間、毛が生えてこない状態を維持する(永久脱毛)
  • 毛の量が少ない状態が長く続く(永久減毛)

永久脱毛による脱毛の効果は、あくまで「長期間」であって「永久」ではないのです。

ただ、実際に永久脱毛をした方の話を聞くと「エステサロンの脱毛に比べて確実にムダ毛が減る」「永久脱毛を受けた場所からは毛が生えなくなった」など、永久脱毛という言葉から想像できる通りの効果を得られた方もたくさんいます。

結果的に、永久に近い効果が得られる方が多くいるということなら、やはり永久脱毛を受けない手はありませんね。

永久脱毛はどんな方法でやるの?医療レーザーとニードルの2種類がある

永久脱毛と呼べる施術方法は以下の2つです。

  • 医療レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

医療レーザー脱毛は、メラニンに反応するレーザー光を肌に照射し、毛を作る部分である毛母細胞を破壊することによる脱毛方法です。

一方ニードル脱毛は、毛穴1つ1つに針を刺し電気を流して直に毛母細胞を破壊する脱毛方法です。

ここでは、医療レーザー脱毛とニードル脱毛の具体的な仕組みや、メリット・デメリットについて解説していきます。

医療レーザー脱毛とは?ムダ毛の「黒」に反応し毛が生える基盤を壊す

医療レーザー脱毛とは、レーザー光で毛の製造元である毛根の組織を破壊し、毛の再生を阻止するという施術方法です。

一度にある程度の範囲を処理できるため、広範囲の脱毛が効率的にできます。

しかし、レーザー光はメラニンと呼ばれる毛の黒い色素に反応するため、生まれつき色黒すぎる方や、施術前に日焼けをしてしまった方が施術が受けられないことも。

「ヒゲをさっぱり脱毛したい」「胸毛をすっきり脱毛したい」など、思い切って脱毛をしたい方におすすめです。

ニードル脱毛とは?針で毛根をダイレクトに破壊

ニードル脱毛は、毛穴に針を刺して電気を流すことで高熱を発生させ、毛根の組織をダイレクトに破壊する脱毛方法です。毛の製造減を確実に壊せるため、医療レーザー脱毛よりも高い効果を発揮します。

しかし、毛を1本ずつ処理しなければならないため施術に時間がかかるという欠点が。さらに、ニードル脱毛の痛みは医療レーザー脱毛よりも強く、痛みに耐えられず施術に通い続けることを断念するケースも少なくありません。

一般的に脱毛の料金は部位ごとやプランとして設定されています。しかし、ニードル脱毛は毛1本1本に対して料金が決められていたり、1分いくらという形で料金が換算されるため、費用の負担が大きいこともデメリットです。

「ヒゲを部分的に脱毛してデザインを整えたい」「医療レーザー脱毛でもなかなか脱毛しきれない残ったムダ毛を処理したい」など、部分的に脱毛をしたい方におすすめです。

施術方法メリットデメリット
医療レーザー脱毛・広範囲の脱毛ができる
・コスパが良い
・色黒・日焼けした肌には施術ができないことも
ニードル脱毛・最も脱毛の効果が高い・非常に強い痛みを伴う
・費用がかかる

【コラム】光脱毛は永久脱毛じゃない?一時的な減毛のため永久脱毛として定義されていない

「永久脱毛」と呼べるものは、医療行為にあたる脱毛と定められている以下の2つだけです。

  • 医療レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

日本では永久脱毛の定義が明確にされていないこともあり、永久脱毛に対する一般的な認識が曖昧になってしまっています。

いわゆる脱毛方法として最もよく知られているものが、エステサロンで提供されている光脱毛でしょう。

光脱毛のメカニズムは、基本的に医療レーザー脱毛と変わらないものの威力が低いです。毛根の組織にダメージを与えるだけで医療行為にあたらないため、永久脱毛にはならないのです。

永久脱毛の痛みは?部位・施術方法によって違うが個人差あり

痛みを感じている男性

永久脱毛は痛い」とよく聞きますよね。

個人差はあるものの、永久脱毛ではエステサロンで受けられる美容脱毛に比べて、強い痛みが伴います。

痛みの強さは「脱毛する部位」と「施術方法」によって異なります。

ここでは、永久脱毛で痛みを感じやすい部位や、施術方法による痛みの違いを詳しく解説していきます。

永久脱毛で痛みを感じやすい部位は?毛が太く皮膚が薄い部位は痛い!

永久脱毛で特に痛みを感じやすい部位は、毛が濃いところ・皮膚が薄く肌が敏感なところです。

医療レーザー脱毛のレーザー光は毛の黒さの元になるメラニンに反応するため、毛が濃い部分ではレーザー光の刺激を受けやすくなります。

また、ニードル脱毛は肌に直接針を刺すため、肌が敏感な部位はより痛みを感じやすいのです。

永久脱毛で痛みを感じやすい部位ランキング
順位部位理由
第1位VIO(デリケートゾーン)毛が太く量も多い
皮膚が薄く敏感
第2位ヒゲ毛が太い
皮膚が薄い
第3位ワキ毛が太い
第4位手足の甲・指皮膚が薄い
第5位その他

永久脱毛で痛みが強い施術方法は?効果が高いものほど痛みを感じやすい

ニードル脱毛

永久脱毛の痛みは、医療レーザー脱毛かニードル脱毛かによっても異なり、脱毛効果が高いほどより強い痛みを伴います。

医療レーザー脱毛は、レーザー光で間接的に毛根の組織にアプローチするため、ニードル脱毛ほどの痛みはありません。しかし、脱毛の効果はニードル脱毛よりも少し劣ります。

一方ニードル脱毛は、毛穴に針を刺しダイレクトに毛根の組織を破壊するため、医療レーザー脱毛よりも高い効果が期待できます。しかしその分、医療レーザー脱毛よりも強い痛みを伴います。

永久脱毛の方法でも説明した通り、医療レーザー脱毛とニードル脱毛はそれぞれ一長一短なため、目的に応じて選ぶことがおすすめです。

永久脱毛で痛みを軽減する方法は?麻酔があるクリニックを選ぼう

クリームを塗布する医師

永久脱毛、興味はあるけれども痛いと聞いてためらっている」という方もいるでしょう。

でも、安心してください。

永久脱毛では、痛みを軽減させるために麻酔を受けることができるのです。

そもそも永久脱毛が医療行為にあたり、医師の在籍する医療機関でしか施術ができません。

そのため、クリニックでは痛みだけでなく、万が一のトラブルの際のリスク対策もきちんと整えられています。

麻酔は、プランやコース料金に含まれている場合と、別途料金がかかる場合があるため、その点は事前にクリニックに確認をしておきましょう。

永久脱毛の費用は?部位・施術方法によって異なる

一般的に、永久脱毛の施術開始から完了まで平均して5~6回(約1年)の期間がかかります。

これを基準に、クリニックでは基本的にコースやプランが組まれており、部位や施術方法によって料金が異なります。

そこで、部位と施術方法ごとに、永久脱毛の費用相場をまとめてみました。

メンズ脱毛サロン全身脱毛の料金ヒゲ脱毛の料金VIO脱毛の料金特徴
RINX147,100円(1回)8,400円~(1回)44,100円(1回)1人1人に合わせた脱毛ができる
ダンディハウス問い合わせ問い合わせ問い合わせモニターになるとエステチケットプレゼント
MEN’S TBC102,300円(1回)非対応非対応1回1,000円で体験できる
ローランドビューティーラウンジ213,000円~
(問い合わせ)
19,800(6回)問い合わせローランドブランドを堪能したい人におすすめ
MEN’S KIREIMO555,500円
(無制限)
300,000円
(無制限)
221,000円
(無制限)
無制限プランが充実

*1回1時間×5回で算出

**ニードル脱毛による全身脱毛は一般的ではない

永久脱毛は自力でできる?「永久」は無理だがムダ毛処理なら自分でもできる

永久脱毛を考えていても、かかる費用と時間を考えるとためらってしまう方もいるでしょう。

そこで、自力でできるムダ毛処理の方法をご紹介します。

ムダ毛処理には、以下の3つの方法があります。

  • カミソリや除毛クリームなどによるセルフ除毛
  • 抑毛効果が見込める化粧水などを使うセルフ抑毛
  • ワックスや家庭用脱毛器を使うセルフ脱毛

これらの方法では永久脱毛はできませんが、気になるときにすぐできて費用も時間も短く済みます。

クリニックに通う時間がない方や費用の捻出が難しい方は、ぜひ参考にしてください。

カミソリや除毛クリームなどによるセルフ除毛

カミソリでヒゲ剃りをする男性

除毛とは、肌の表面のみに見えている毛を取り除く方法です。

毎日、ヒゲ剃りでカミソリやシェーバーを使いますよね。中には、除毛クリームで腕・足のムダ毛処理をしたことがある方もいるしれません。これがまさに除毛です。

最も一般的で、コストがかからずお手軽な点がメリット。しかし、発毛が早い方だと翌日にはチクチクとし始めたり、肌トラブルを起こしやすいというデメリットがあります。

リスクをいとわず、今すぐにムダ毛を処理したい方におすすめです。

抑毛効果が見込める化粧水を使うセルフ抑毛

化粧水を持つ男性

抑毛とは、文字通り毛の成長を抑制すること。ムダ毛処理をした後の肌に、抑毛効果の期待できる化粧水(抑毛ローション)を塗布することで、発毛を妨げます。

セルフ抑毛のメリットは、抑毛効果が見込めるだけでなく、美肌効果も期待できることです。

そのため、カミソリ負けしやすい方は肌トラブル予防として使うこともおすすめ

しかし、効果を実感するまでに時間がかかったり、効果の表れ方に個人差があるという点がデメリットです。

ワックスや家庭用脱毛器を使うセルフ脱毛

ワックス脱毛を受け継男性

セルフ脱毛とは、毛根から毛を抜く形でムダ毛処理すること。セルフ脱毛では主に、ワックスや家庭用脱毛器を使います。

ワックス

ワックスによる脱毛は、ブラジリアンワックスという専用のワックス使用します。

脱毛したい部分にワックスを塗布し、専用のシートをかぶせて時間を置いてワックスを固めます。時間を置いてシートを剥がすと、固まったワックスがムダ毛をキャッチして抜くことができます。

すね毛にガムテープを貼って一気に剥がず……という、あのイタズラに似た原理です。

毛根から毛が抜けるため、除毛に比べるとまた毛が生えてくるまでの時間が長いです。しかし、きちんと抜けない部分があったり、非常に強い痛みを伴うというデメリットがあります。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器を使い、自分で自分の肌に照射して行う脱毛方法です。エステサロンで行われている光脱毛と同じメカニズムで、セルフ脱毛の中でも高い脱毛効果があります。

エステサロンとほぼ同じレベルの脱毛ができることが最大のメリットです。しかし、自分の目が届かない範囲の脱毛がしにくく、家庭用脱毛器自体に数万円のコストがかかるというデメリットがあります。

自宅にいながらもエステサロン級の脱毛がしたい方におすすめです。

自力でできるムダ毛処理まとめ

永久脱毛をしたいなら?クリニックでの医療脱毛が確実

男性医師

ご紹介したとおり、ムダ毛処理にはいくつかの方法があります。しかし、永久脱毛で確実に毛を少なくしていきたいなら、クリニックでの医療脱毛がおすすめです。

費用や時間がかかる、痛みがあるというデメリットはありますが、効果は確実で日々のムダ毛処理の煩わしさからも解放されます。

私も、永久脱毛のことを知りつつも自己処理でごまかしていました。しかし、思い切って永久脱毛をしてみたら想像以上に手間が減って楽チンですし、清潔感が出たことで自分により自信が持てるようになりました。

手間が減る清潔感がアップするコンプレックスが解消できるという3拍子が揃った永久脱毛。

あなたもワンランク上の男を目指すために、ぜひ永久脱毛を検討してみてください。

※ なお、脱毛ならメンズリゼクリニック湘南美容クリニックゴリラクリニックがおすすめ。
どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のクリニックです!

スマホからカンタン60秒で無料カウンセリング予約がでるので、気軽に申し込んでみましょう。

【1番人気!】メンズリゼクリニック
▶︎最速で脱毛完了したいなら医療脱毛がおすすめ!口コミや評判が良い安心のクリニック
東京アールズクリニック

【2番】湘南美容クリニック
▶︎知名度抜群!しかも安い!コスパと安心感で選ぶなら湘南美容クリニックが間違いなし
ひげ脱毛

【3番】ゴリラクリニック
▶︎痛くない脱毛機「メディアオスター」を全店実装!選べる麻酔もあるので、痛みが苦手な方はゴリラクリニックで決まり
ゴリラクリニック