脱毛に伴う炎症や埋没毛の処理の仕方。毛嚢炎の場合は放置せず病院へ

2020年3月30日

脱毛に伴う炎症や埋没毛の処理の仕方。

この記事を書いた人

森上 和樹

自称脱毛オタク。レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛…いろんな脱毛方法を試しました!城本クリニックの森上和樹先生とまさかの同姓同名…!

ムダ毛処理をしていると、なんだか前よりも汚くなってしまったり、炎症してしまったりしたことはないでしょうか。そんな状態は「埋没毛」や「毛嚢炎」と言われるものかもしれません。特に毛嚢炎は、場合によってはクリニックでの治療が必要になることもある、危険な皮膚の病気なんです。

そんな毛嚢炎は、主にムダ毛のセルフ処理によって起こります。そこで今回は毛嚢炎について、どんなものなのか、どういうときに起こるのかなどを含めて、ご紹介していきます。ニキビのようなものができている人。もしかしたらそれは毛嚢炎かもしれませんよ。

なお、脱毛時のトラブル全般について把握したい方は「メンズ脱毛のよくあるトラブル例|肌トラブルから契約トラブルまで」に目を通しておくことをおすすめします。

毛嚢炎とは?ムダ毛処理で引き起こす炎症

まずは毛嚢炎とはどういうものなのかからご説明していきます。毛嚢炎とは文字からも連想できるとおり、毛穴が炎症を起こすことを言います。毛穴の中で皮膚の常在菌が繁殖していまうことで起こる炎症で、冒頭でもふれているとおり、ムダ毛のセルフ処理によって起こりやすいものです。

埋没毛と言って、毛が皮膚の外に出て来ず、皮膚の中で伸びてしまうものもありますが、毛嚢炎がその埋没毛の部分にできることもあるんです。

症状を解説|ニキビと似ているぶつぶつができる

ほくろがあるとフラッシュ脱毛はNG?ほくろが消えるって本当?そんな悩みを徹底解説

毛穴に炎症ができると言っても、具体的にどのような症状なのかイメージするのは難しいでしょう。誰もがニキビの見た目を知っていると思いますが、毛嚢炎はちょうど、ニキビのような見た目をしています。

毛穴自体が赤く炎症を起こし、膿が出ることもあることから、ニキビだと思ってしまう人もいるでしょう。しかし毛嚢炎はニキビとは違うメカニズムでできる炎症なので、根本的に異なるものです。

またニキビはケアをしてもなかなかすぐには治らないこともある一方で、毛嚢炎はニキビに比べると治りやすい炎症です。軽度の場合は治療を受けなくても勝手に治ってしまうこともあります。ただし重症化すれば、病院での治療が必要になります。

毛嚢炎の原因は?肌へのリスク管理が大切

比較的治りやすいとは言っても、一度できてしまうとあまり見た目が良いものではない毛嚢炎。痛みがでることもありますし、同じ場所にいくつかできるようなこともあり、嬉しくはない存在です。

そんな毛嚢炎にならないようにするためには、原因を知ることも重要。ここからは、毛嚢炎ができる原因として挙げられる理由についてご説明していきます。毛嚢炎ができたことがない人は、これを参考に毛嚢炎にならないように気をつけてみましょう。

原因は皮膚の傷から細菌が入ること

疑問

毛嚢炎ができる原因は、毛穴に細菌が入りこんでしまうことです。ではなぜ毛穴に細菌が入りこむのかというと、外部からの刺激によって毛穴が広がったり、小さな傷ができてしまったりするからです。そこから皮膚にいる菌が入り込んでしまうというわけです。

とは言っても、多少菌が入り込んだからと言って炎症を起こすわけではありません。毛嚢炎になるのは、菌の量が多かったり繁殖してしまったりした場合となります。

あまりに炎症がひどくなると、前述のとおり赤く腫れたり膿ができてしまったりし、痛みまで出ることがあります。「細菌が入る」と言っても、この菌は皮膚の常在菌なので、ひどい悪さをするわけではありません。通常皮膚の表面にいる菌が毛穴に入り込むことで、炎症の原因となるのです。

毛嚢炎になりやすい時は清潔な環境を保てていない時

お風呂場

毛嚢炎の原因は前述のとおり、毛穴に細菌が入ってしまうことです。しかし例えムダ毛のセルフ処理によって毛穴に菌が入ってしまったとしても、必ずしも毛嚢炎になるわけではないんです。毛嚢炎になるには、それが菌が繁殖しやすい環境かどうかも関わっています。

では菌が繁殖しやすい環境とは一体どのような環境のことでしょうか。それは皮膚が清潔な状態ではないときです。つまりあまり肌を洗っていなかったり、洗い方が悪かったりすると、菌が繁殖しやすい環境だということです。

ですからムダ毛の処理をしながら毛嚢炎を予防したいなら、しっかり肌を清潔な環境に保つということが非常に重要なのです。洗いすぎは、必要な皮脂まで落としてしまうので、バランスに気をつけましょう。

毛嚢炎になりやすい部位は髭剃り跡|ひげ処理には注意

シェーバーをする男性

毛嚢炎は、なりやすい部位というのも存在しています。男性の場合、毛嚢炎ができやすい部位というのは、髭の部分です。髭剃り跡は非常に毛嚢炎になりやすい部位の1つ。

実際この周辺に炎症を起こしている人を見たことがある人もいるでしょう。また自分も炎症を起こしていたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

髭剃り跡に毛嚢炎ができやすいのは、この部位はかなり頻繁に処理をするからです。毎日シェーバーやカミソリを当てるため、肌を傷つけやすいのです。見た目には見えなくても、髭剃りをすれば、皮膚が傷つき毛嚢炎ができやすい環境になってしまいます。

ですから男性はひげのセルフ処理には注意!髭剃りをしないわけにはいきませんから、せめて清潔に保てるように気をつけましょう。

COLUMN

男の肌ケア方法|みんなは何してる?

意外と男性は肌のケアに無頓着で、洗うだけ洗って何もしないという人も多いのではないでしょうか。しかし男性にも肌ケアは非常に重要。なぜなら例えば毛嚢炎のような炎症は肌ケアをすることで防げますし、他の肌トラブルも肌ケアが予防になるんです。また脱毛に通っている間も肌ケアは必須になります。

と言われても何をしていいかわからないという人も多いでしょう。しかしそれほど難しく考える必要はありません。「しっかり洗って余分な皮脂をとり、保湿をする」…そんなシンプルな方法で良いんです。

自分に合った洗顔料と保湿用化粧水があれば十分です。乾燥肌の人は、保湿成分が多いものを選びましょう。肌ケアをしている多くの男性が、この程度のシンプルなケアですませています。

毛嚢炎になってしまったら|肌を清潔にすることが大切

気をつけていても、ムダ毛のセルフ処理をする以上、毛嚢炎リスクはついて回ります。完璧な予防策というのは、セルフ処理をしている間はありません。

しかしもしも毛嚢炎になってしまっても、前述のとおり毛嚢炎は治りやすい皮膚の病気。しっかりした対策をすれば、思いの外すぐに治ってしまいます。

ここからは毛嚢炎になってしまったらどうすればいいのか、その方法についてご紹介していきます。これを参考に、もしもの時のために備えましょう!

生活習慣の改善で対策|ストレスも良くない

準備運動をしている男性

実は毛嚢炎は生活習慣を改善することで、治ってしまうこともあります。「ただ生活習慣を改善するだけで、なぜ?」…と不思議に思うところでしょう。しかし生活習慣を整えることは、肌の調子を整えるために必要不可欠!

なぜなら生活習慣が乱れていると、肌のターンオーバー(新陳代謝)がうまくいかず、古い皮膚がいつまでも肌に残ってしまいます。すると菌が繁殖しやすい環境になるため、毛嚢炎ができやすいんですね。

また炎症を治すのも、しっかり生活習慣を整えなければパワー不足でなかなか治らないことも。生活習慣だけではなく、ストレスが溜まるのもNGです。ストレスが溜まりすぎると、いくら規則正しい生活をしていても、ターンオーバーが乱れてしまいます。

市販薬で対策|テラコートリルやオロナインで

薬を手に取る男性の薬剤師

毛嚢炎が出来てしまっても、それがそこまでひどい炎症ではなければ、自分でドラッグストアなどの市販薬を購入して対処することもできます。

市販で購入できる毛嚢炎対策用のお薬は、「テラコートリル」や「オロナイン」。オロナインというと、日本人なら多くの人が知っている歴史ある軟膏ですね。これが毛嚢炎に効くというのは意外かもしれませんが、昔から肌に炎症などが起こった場合オロナインはよく使われています。

この2つの薬は、どちらも抗炎症作用といって炎症を抑える成分が入っている外用薬です。ただしどちらの薬も塗りすぎには注意!刺激しすぎて、逆に肌荒れを起こしてしまうこともあるかもしれません。たくさん塗っても効果が高くなるわけではないことを覚えておきましょう。

家庭用脱毛器で対策|毛嚢炎の原因から解決

【髭脱毛】自宅でセルフ脱毛しよう!おすすめ脱毛器5選とレーザー脱毛の違いを徹底比較

毛嚢炎になってしまった場合、一旦カミソリや毛抜き、シェーバーなどによるセルフ処理はやめて、家庭用脱毛器でムダ毛処理を行うという方法もあります。

家庭用脱毛器は、出力は弱めなものの、サロンやクリニックで使われている脱毛器と同じメカニズムでできています。肌に直接触れる方法ではなく、毛穴に細菌が入り込みにくいため、毛嚢炎ができづらいムダ毛処理方法なのです。

ただし出力が弱いため、サロン・クリニックでの脱毛よりは効果を感じるスピードがなだらかです。男の剛毛には、なかなか効果が出るまで時間がかかるかもしれません。また家庭用脱毛器も安いわけではないので、それが本当に自分にとって良い選択なのかよく考える必要があるでしょう。

脱毛クリニックで対策|医療脱毛で安全に確実に

【メンズのけつ毛処理ガイド2020】Oライン脱毛は除毛クリームがおすすめ?医療・サロン脱毛とセルフケアを費用・回数・効果で徹底比較

家庭用脱毛器も毛嚢炎を予防するためには良い方法の1つですが、家庭用脱毛器よりももっと安心な方法があります。それは脱毛クリニックでの医療脱毛です。

クリニックは医療機関のため、出力の高い脱毛機を使った脱毛が可能です。そのため効果が出やすく、より早く脱毛通いが終わります。ムダ毛処理の必要がなくなれば、毛嚢炎リスクについては考えなくてもよくなるでしょう。

また万が一クリニックに通っている最中に、施術を受けたところが毛嚢炎になってしまった場合、そのクリニックで処置を受けることができます。そうした面から言っても、医療脱毛は安全にムダ毛処理ができる方法なのです。

COLUMN

メンズ脱毛が人気!男性が続々とツルツルに

サロンやクリニックという言葉を聞くと、女性が通うイメージがあって、ついつい足が遠のいてしまう男性もいるでしょう。男性向けの美容に慣れていなければ、そうした気恥ずかしさは当然のことです。

しかし恥ずかしいのが理由でメンズ脱毛に通えないと感じている人は、損をしているかもしれません。メンズ脱毛はかなり普通のことになってきていて、特にヒゲ脱毛は非常に人気があります。男性でも、ツルツルにしたいと願う人は多いんですね。

またメンズ脱毛では、剛毛のボリュームをダウンするような脱毛も人気があります。サロンやクリニックはツルツルは嫌だけど、毛を薄くしたいというニーズもしっかりカバーしてくれる心強い存在なのです。

毛嚢炎予防は脱毛へ|おすすめの脱毛クリニック3選

毛嚢炎の対策や予防方法は、上記でご説明したとおりさまざまな方法があります。しかしより確実に予防するなら、ムダ毛処理はセルフ処理をするよりも、脱毛クリニックの医療脱毛で処理をしてしまった方が良いでしょう。

クリニックなら効果も高く、短い期間で脱毛通いが終わります。その上、その後毛嚢炎リスクに悩まされることが非常に少なくなるので、一石二鳥ですね。ここでは3つのクリニックに絞って、おすすめのクリニックをご紹介します。

医師常駐で安全性が高い!【メンズリゼクリニック】

ヒゲ脱毛月々3,000円

メンズリゼクリニックは、女性向け脱毛で培ったノウハウを、そのまま男性向け脱毛にも生かしているクリニック。もちろん医師が常にいるため、何かと安心です。医師やスタッフが丁寧な対応をしてくれます。

カウンセリング時には、脱毛のリスクや副作用についての説明もしっかりあり、また万が一のトラブル時にも、すぐに対応してもらえる体制です。もちろん施術で起きた肌トラブルには、完全無料保証付き。

もし万が一メンズリゼクリニックの施術が原因で毛嚢炎になってしまった場合にも、しっかり治療を受けられます。とにかくリスクマネジメントにしっかり力を入れているクリニックなので、安全性を重視する人におすすめです。

クリニック名メンズリゼクリニック
クリニック一覧都内5店舗
新宿・渋谷・銀座・町田・立川

【東北】
仙台
(提携院:青森・盛岡・いわき・郡山)

【関東】
横浜・柏・大宮

【中部】
新潟・名古屋栄

【近畿】
大阪梅田・心斎橋・神戸三宮・京都四条・名古屋栄・名古屋駅前・京都伏見 
※メンズリゼ四日市は2018年10月1日で提携終了

【中国】
広島

【九州】
福岡天神
営業時間14:00~23:00(休診時間18:00~19:00)
※店舗によって異なるため、公式サイトをご確認ください。
定休日不定休
予約方法
(初診)
電話・公式HP
予約方法
(再診)
電話・メール・店頭
※アプリ『Push7』にてキャンセル確認が可能
支払方法現金・クレジットカード(1回・2回・ボーナス一括)・定額分割払い可(事前審査有)
対応クレジットカードVISA・MasterCard・JCB・Americanexpress・Diners・Discover
脱毛方法医療レーザー脱毛
脱毛機器蓄熱式ダイオードレーザー
・メディオスターNeXT PRO

熱破壊式ダイオードレーザー
・ライトシェア・デュエット

熱破壊式ヤグレーザー
・ジェントルヤグ
痛みへの配慮・笑気麻酔:3,300円/30分
・麻酔クリーム:3,300円/1回
キャンセル予約時間の3時間前以降は1回分消化
※予約時間の3時間前までであればキャンセル可能
遅刻到着時刻によって施術可

スキンケアに強み!【メディエススキンクリニック】

メディエススキンクリニック

メディエススキンクリニックは男性用の脱毛クリニックではありませんが、メンズ脱毛で大人気のヒゲ脱毛を男性向きに展開しているクリニックです。メンズ脱毛専門ではないことに不安を感じる人もいるかもしれませんが、女性メインのクリニックであることから、スキンケアに非常に力が入っています。

また肌の状態によってレーザーのパワーを変えたり、脱毛機器を変えたりと、その時の肌の状態に適切な施術を行うため、肌に優しい施術だとも言えるでしょう。

スキンケアに強いため、毛嚢炎ができづらい肌の作り方も相談すればカウンセリング時や、アフターケアの説明時に教えてもらえます。ひげ脱毛しかしない人で、スキンケアに力を入れたい人におすすめのクリニックです。

クリニック名メディエススキンクリニック
住所東京都中央区銀座3-9-19 吉澤ビル6F
最寄駅・銀座駅 A10出口から徒歩5分
・銀座一丁目 11番出口から徒歩30秒
・東銀座駅 A8出口から徒歩30秒
・新富町駅 1番出口から徒歩8分
営業時間月~金 11:00〜19:00 ※14:00〜15:00は休診時間
土・祝 10:00〜18:00
休診日日曜日
電話番号0120-415-554
(電話受付時間11:00〜18:30)
料金5,500円〜
支払い情報5,500円〜・現金一括
・クレジットカード

キャンペーンなどの実施が多い【湘南美容クリニック】

湘南美容クリニック 脱毛

湘南美容クリニックは、全国展開している大規模なクリニック。メンズ専門ではありませんが、メンズ脱毛もどんな脱毛でも行なっているクリニックです。その信頼性は、院数が多く症例数が多いことからも、確かなものではないでしょうか。

症例数が多いということは、それだけリスクに対しても経験豊富だということです。つまりリスク対策やトラブル時の対応などは、経験を生かしてしっかり対応。カウンセリングも丁寧に行なっているクリニックです。

また大規模なクリニックなだけあって、価格が格安で、キャンペーンなども豊富なため、医療脱毛としてのクオリティは保ちつつ、非常にお得に脱毛ができるクリニックでもあるんです。質も値段も諦めたくない人におすすめします。

脱毛方法医療レーザー脱毛
脱毛機器蓄熱式ダイオードレーザー
・メディオスターNext PRO

熱破壊式アレキサンドライトレーザー
・ジェントルレーズ
・ジェントルレーズPRO
・ウルトラ美肌脱毛
痛みへの配慮笑気麻酔:2,200円 / 1箇所
クリニック名湘南美容クリニック
地域都内16店舗
新宿・銀座・新橋銀座・表参道・池袋・池袋・品川・秋葉原・上野・京蒲田・赤羽・二子玉川・立川・町田・八王子

▼北海道
札幌

▼東北
仙台・福島・仙台

▼関東
宇都宮・高崎・大宮・所沢・千葉・柏・横浜・横浜・川崎・武蔵小杉・橋本・藤沢・横須賀中央・辻堂

▼中部
新潟・長野・岐阜・静岡・浜松・名古屋・名古屋栄

▼近畿
京都・京都河原町・大阪梅田・大阪心斎橋・大阪あべの・大阪京橋・大阪堺・神戸・奈良

▼中国
岡山・広島

▼四国
高松・松山

▼九州
福岡・小倉・熊本・鹿児島・那覇
営業時間10:00〜19:00
※店舗によって異なるため、公式サイトをご覧ください。
定休日土日祝も営業
予約方法電話・ネット
支払方法・現金
・クレジットカード
・医療ローン
・楽天ポイント
・デビットカード
・ビットコイン
対応クレジットカードVISA・MasterCard・JCB・Americanexpress・Diners・Discover

まとめ:脱毛クリニックのカウンセリングを受けに行こう

ムダ毛処理には、さまざまなリスクが伴います。ムダ毛処理方法の中でも、セルフ処理はどんな方法もリスクが高め。特にカミソリやシェーバー、毛抜きなど、直接皮膚を傷つけそうな処理方法は、すべて毛嚢炎のリスクが高いことを覚えておきましょう。

治りやすいとはいえ、毛嚢炎になる人は結構繰り返してしまうことが多いのも事実。できるだけ毛嚢炎にならないようにするためには、セルフ処理はやめて脱毛クリニックに行ってみてはどうでしょうか。

脱毛クリニックでは、初回は無料でカウンセリングを受けることができます。そこで毛嚢炎についても聞くことができるので、ムダ毛処理に悩んでいる人やリスクが怖い人は、ひとまずクリニックのカウンセリングを受けに行ってみましょう。

 

▼この記事を見た方はこちらも見ています。

気になるポイント当てはまる方はこの記事をチェック!
□種類って何があるの?【保存版】メンズ脱毛の種類はいくつある?7種の効果・費用でメリット・デメリットを徹底比較
□脱毛前後の流れは?脱毛前後の流れと注意事項
□脱毛にともなうトラブルはある?脱毛によるトラブルは?毛嚢炎・硬毛化に注意!
□全国の脱毛クリニック・サロンからおすすめを知りたい!メンズ脱毛おすすめのクリニック・サロンの評判と口コミ
□ヒゲ脱毛におすすめのクリニック・サロンを知りたい!髭脱毛のクリニック・サロンおすすめ人気ランキングTOP5!口コミ・評判・体験談から費用対効果が高い脱毛店を徹底比較
□部位別に安い脱毛クリニック・サロンを知りたい!【メンズ脱毛】安いのはどこのサロン・クリニック?おすすめ人気9選!学生にもおすすめの脱毛ランキング

▼関連リンク